愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

アニマル・ラブ

妄想バードウオッチング Part.16

動物園なんかに行くと大きなゲージな中に色んな鳥が飼われているのを見るが、こんど特大のゲージを作って、色とりどりの鳥を飼ってみようかな。

ダメオのアニマル・ラブ Part.54

「いいか小源太、これは犬の沽券にかかわる決闘だからな、子犬とウサギ、この縄張りをウサギに明け渡すかどうかが懸かっているんだぞ、決して負けるわけにはいかないんだ。分っているだろうな」「分かってるって、こんな子ウサギなんか一ひねりだよ」「言っ…

妄想バードウオッチング Part.15 

ヒゲアシガモ 本当に不思議ですね、海外の鳥はなんでこんなに綺麗なのか。

妄想バードウオッチング Part.14 

小さくて可愛い小鳥たち、大きなゲージを作ってみんなを飼いたいな。

妄想バードウオッチング Part.13 

いろどりみどり、まさに天の配剤ですね。

アニマル・ベイビー

Baby Koala。小さいね、元気にすくすく育ってよ。人間はコアラのパンダには異様に優しいから。 掌サイズのバンビ―、こんなに小さい小鹿さんです。可愛いですね。 今朝の「アニマル・ベイビー」はだれ?ハリネズミの子供さん!よく分からないけどお目目がまん…

妄想バードウオッチング Part.12

「君はなんていう名前の鳥なの」「・・・」「おじさんはね、魚、花、鳥の名前に疎いんだよ。子供の頃に鳩の種類を羽で色分けするのは教えてもらったんだけどね、しかし、本当に子供と同じ、いや、それ以下というぐらい知らないんだよ。それにどうして君たち…

妄想バードウオッチング Part.10 

Gouldian Finch ティグ・ノタロ

妄想バードウオッチング Part.9 

鮮やかな羽色の鳥々、美しいですね。 私も作ろうかな鳥の楽園。

ダメオのアニマル・ラブ Part.53

Believe what your heart tells you, not what others say(他人の言うことではなく、自分の心が言うことを信じてください)。俺さまがゴリラの中のゴリラといわれているサマーズっていうもんだよ。知ってるだろ、えっ、知らないのか。情けねえ野郎だ。一応…

妄想バードウオッチング Part.8 

私もバードウォッチング庭園というのを造ろうかな。

妄想バードウオッチング Part.11

野鳥は本当に綺麗ですね。今度、『ダメオ野鳥パーク』を作ろうかな。

バードウオッチング Part.7 

無数に存在する鳥たちの羽の色に本当の魅了される。 ほとどが外国産だが熱帯地方にはどんな鳥たりが生きているのか知らない。 素晴らしい自然の配色だ。

ダメオのアニマル・ラブ Part.52

「あっマギー、マギー、こんなところに居たのか、直ぐ行く、すぐ行くからそこを動くなよ」 「ちょっと、いい加減にしてよ。私の頭は司令塔や展望台じゃないんだから」「いいじゃないかよ、細かいこと言うなよ。ここが丁度いいのさ。よその奴が来るか見張って…

ダメオのアニマル・ラブ Part.51

「マギー、寒いよ。マギーってば」「煩いわねダン、私だって寒いのよ」「いつになったら春は来るんだ」「明日からよ」「明日?」「そうよ、明日からよ」「よく言うよ、来るくるって全然来ないじゃないさ」「だから今度はホントよ」「急に明日から春になるの…

ダメオのアニマル・ラブ Part.50

わ~ら~にまみれてよ~、そだてたく~りいげ、きょうはひかれてよ~お、ま~ちへ~えゆ~く~、は~~~ああああ ラララララ~ララ、ラララララ~ララ、おっと、俺はジャマイカ犬のトーマスっていうんだ、宜しくな。アイ・ミュージック・レゲエってなもんだ…

ダメオのアニマル・ラブ Part.48

「ママ、おっぱい、おっぱいちょうだい」「はいはい」「どこ、どこにあるの」「ちゃんとここにあるでしょ」「え、どこ」「前にきなさい、前に」「あ、あったおっぱい」「あるに決まってるでしょ。お前のために大きくなったんだから」「うん、ありがと」 「ゲ…

ダメオのアニマル・ラブ Part.47

「今日は寒いな、トレンチコートを着てきたが、しまったな、マフラーをしてくるのを忘れたし、手袋もだ。まあいいか、何とかなる、少し早めに出たから今日はキャシーより早く着くだろう。さあ~て、今日はどうするかな、遊園地かショッピングか映画か、キャ…

ダメオのアニマル・ラブ Part.46

「♪すきすきすきすきすきすき、一休~さんって、朝からベタベタし過ぎじゃないの」「そんなことないでしょ」「いや、毎日毎日朝からこんなベタベタしなくていいよ」「何言ってんのよアナタ、若いうちからベタベタしなくてどうするの。年をとったらみんなしな…

ダメオのアニマル・ラブ Part.45

「これで家族全部です。ほら、ジェーン、真っ直ぐ前を向いて。ダニーもどっち見てるのよ。あら、ジョンソンまで、ジェニーは明後日の方向いてるんじゃないのよ、真っ直ぐカメラを見なさい、もう」 「いいのか、あまり無理するなよ」「無理なんかしてないよ、…

ダメオのアニマル・ラブ Part.44

「あっ、ちょっと待ってよ。いま起きたばかりでもう喰われるの」「なに言ってんだ、こっちは起きたら直ぐ朝食の時間なんだからね。待ってられない」「僕みたいな大きな魚では喉を通らないって」「通るとおる、もう諦めな」「嫌だいやだ、逃がしてよ」「ダメ…

ダメオのアニマル・ラブ Part.43

「そんなに見つめないでよ。アンタら見つめられるともう、メロメロ、ムラムラ、デレデレしゃうから」「どうして」「どうしてって、分からないの。君たちの目の色は魅惑的すぎるんだよ」「魅惑的って!」「そうだよ、お互いの目を見たら分かるよ。よく見て視…

ダメオのアニマル・ラブ Part.42

「小噺をお一つ。ある時、人食い人種が豪華客船に乗船しました。空腹だった彼は早速レストランに向かい、指定された席で待っていると、ウェイターがメニューを持って来る、しかし彼は言いました。乗客名簿を持ってきてくれ」「ウワッハハハ、ウワッハハハ」 …

ダメオのアニマル・ラブ Part.41

かもめの水兵さん、並んだ水兵さん、白い帽子 白いシャツ 白い服、波にチャップチャップ 浮かんでる。まだ浮かんでないよ、アホンダら、と手前から二番目のカモメが言ってます 「さあ、乗ったか」「乗ったのった」「ドッグもオラ乗ったのか」「乗ったよ」「…

ダメオのアニマル・ラブ Part.40

始まりはじまり。話すも涙、聞くも涙の、お菊と与平の再会物語。「はあ~、会いたかった。会いたくて会いたくて、気が狂いそうだった」「私もよ、もうこの際、死んでしまおうかと思ったぐらいよ」「お菊ちゃんが隣村に貰われていったと聞いたときは、本当に…

ダメオのアニマル・ラブ Part.39

「もう、下りなさいよ」「まだ、まだ下りないよ」「何してるの、ママはエサを取に行かなくちゃいけないから、早く下りてよ」「僕、まだお腹空いてないもん」「エサはね、直ぐ取れるわけじゃないからね、今のうちに出かけなければいけないのよ」「ママが居な…

ダメオのアニマル・ラブ Part.38

人々は、彼が毎日そこに来て、数時間横たわっていると言います。それから彼はどこかに行って、次の日にまた来ます!人生にはお金、権力、キャリアよりもはるかに重要なものがあることを理解するのは遠い昔のことです。世界には真の無私の愛と呼ばれるものが…

ダメオのアニマル・ラブ Part.37

すやすや、昼寝には持って来いの長い鼻。ゾウの孤児院の世話人なんですよ私は。 「ちょっとやめて」「うるさい、黙ってろ」「苦しいって」「誰だお前は。こんなところで何やってる」「とにかくさ、一端外へ出してよ」「勝手に出て行け」「勝手にって、出れな…

ダメオのアニマル・ラブ Part.36 

「ゾウさんゾウさん、お鼻が長いのね、そ~うよ、母さんも長いのよ、って知ってる?」「知らない」「聴いたことないの、ちょっと歌うから覚えてよ」「歌なんかいいから、お乳」「はいはい、オッパイね」「もっと飲みたい」「まあいいけど、甘えん坊だな」「…

ダメオのアニマル・ラブ Part.35 

「おお、何と痛々しい。どうしたんだ」「うん、ちょっと怪我してね。さっき抜糸してきたんだ」「併し、大変だったな。ホント、これからは気を付けてくれよな」「うん、まだ痛いからね。もう懲り懲りだよ」「とにかくさ、美味しいもの食べて暫く休養してね」…