愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

命短し恋せよアート

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.26 

《和傘と少女》(1876年) 個人蔵 《庭にて、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰》(1876年) プーシキン美術館 《ラ・グルヌイエール》(1869年) オスカー・ラインハルト・コレクション 《りんごとオレンジの静物》(1897年頃) 個人蔵 《2人の少女》(18…

ベルト・モリゾ Part.4

《プシケ(姿見)》(1876年) ティッセン・ボルネミッサ美術館 《公園の少女》(1893年) オーギュスタン美術館 《ピアノを弾くリュシー・レオン》(1892年) 《Child among staked roses》(1881年) 《若い女性と猫》(1892年) 個人蔵 《ニースの港》(1…

アンリ・ル・シダネル Part.4 

《ゲルベロイの門燈》(1920年)個人蔵 《夕暮れの小卓》(1921年)大原美術館 《月光のエタプル》(1891年) 《クエンティン運河沿いの家》(1910年) 《カンペルレの朝》(1919年)個人蔵 《夜と薄明》(1920年頃) 《月光の運河、ヴェネツィア》(1914年…

ポール・セザンヌ Part.18 

《庭のマダムセザンヌ》(1880) 《着席したペサン1897》 ひろしま美術館 《腕組みをする男》(1895-1900年) ソロモン・R・グッゲンハイム美術館 《リンゴとオレンジのある静物》 《静物(鉢と牛乳入れ)》(1873-1877年) アーティゾン美術館 《水差し・ミ…

エドゥアール・マネ Part.13

《白いライラックとバラの花瓶》(1883年) ダラス美術感 《鮭のある静物》(1869年) シェルバーン美術館 《メロン》(1880-1881年) ビクトリア国立美術館 《水差しを持つ少年》(1861-1872年) シカゴ美術館 《果物かご》(1864年頃) ボストン美術館 《…

ロベール・ドローネー Part2

《プロペラ》(1923年) ウィルヘルム・ハック美術館 《リズムNo.1》(1938)パレ・ド・トーキョー現代美術館 《本を読む裸婦》 《リズム III》(1938年) パリ市立近代美術館 《赤いエッフェル塔》(1911-1912年) ソロモン・グッゲンハイム美術館 《街の窓N…

読書をする女 Part.19 

Hein Burgers GUSTAV VERMEHREN Jean Laurent Challie Marianne Stokes Louise Catherine Breslau Sally Storch Oluf Søndergaard なぜ、本を読む男性という絵が少ないのか、やはり女性の方が絵になるからだろうね。 一度、画家たちは私に会うべきだった。

モイズ・キスリング Part.3 

《ポーランドのショールの女性》(1928年) 《モンパルナスのキキ》(1922-1924年頃) 《赤いセーターと青いスカーフをまとったモンパルナスのキキ》(1925年)プティ・パレ美術館 《セントラルパーク(ニューヨーク)》(1941年)フィラデルフィア美術館 《…

パブロ・ピカソ Part.7 

《マリーテレーズウォルター》(1937年) 《着席女性ヌード》(1959年) 《最初のステップ》(1943年) 《学生》(1919年) 《木製の椅子に座った女性》(1941年) 《灰色の女》(1942年) 《泣く女》(1937年) 《インテリアの女性》(1936年) 《緑の椅子…

ジョルジュ・ド・ラ・トゥール 1593年3月19日 - 1652年1月30日 

《羊飼いの礼拝》(1645年頃)ルーヴル美術館 《豆を食べる人々》(1610年代)ベルリン絵画館 《聖フランシスの法悦》(1640-1645年頃)テッセ美術館 《聖ヨセフ》(1642年) 《燃える炎のあるマグダラのマリア》(1640年頃) 《悔い改めるマグダラのマリア…

パブロ・ピカソ Part.6 〇

《庭に座っている女性》(1938年) 《窓際の女》(1936年) 《読書》(1932年) 《睡眠》(1932年) 《通りの恋人》(1900年) 《泣く女》(1937年) 《女性の肖像》(1936年) 《オンドリを持つ女性》(1938年) 《スープ》(1903年) 《アクロバット》(19…

エドゥアール・マネ Part.12 

ボン・ボック・カフェ』1881年 ワシントン・ナショナル・ギャラリー レース場にて』1875年頃 ワシントン・ナショナル・ギャラリー ガーターを着ける女性』1878-1879年 オードロップゴー美術館 オリエンタル衣装の若い女性』1871年 ビュールレ・コレクション …

パウル・クレー Part.3 

《ストロング・ドリーム》(1929年) 魔法の鏡1934 ダイ花瓶、1938年 満月 1919年 セネシオ』1922年 バーゼル美術館 《秋のメッセンジャー》 松の木、1932年 庭の幻影』1925年 アーティゾン美術館 道化』1904年 ソロモン・グッゲンハイム美術館 《The Sunken…

エヴァ・ガードナー Part.8 

1949年 1954年 1945年 1954年 エヴァさん、ミッキー・ルーニーやシナトラもいいですが、アナタみたいな美女には私のような美男子がいいと思いますよ。 一緒に並んで歩いてみなさいよ、もう世界のどこに行こうとも王侯貴族のように見られて、却って家に引きこ…

ジェームズ・ティソ Part.6 

《ミラモン公爵夫妻と子供たち》(1865年) 《日本の品々を眺める娘たち》(1869)シンシナティ美術館 《秋のテムズ川》(1871-72) 《皇后ウジェニーと息子》(1878年) コンピエーニュ城 《未亡人》(1868年) 個人蔵 《出発プラットフォーム、ビクトリア駅…

ポール・ゴーギャン part.2 

《黄色いキリストのある自画像》 《聖なる山(パラヒ・テ・マラエ)》(1892年) 《自画像》(1896年) 《ドラクロワのエスキースのある静物》(1887年頃) 《食事》(1891年) オルセー美術館 《イン・ザ・ウェーブス (ダン・レ・ヴァーグ)》 《椅子の上》…

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.25 

《静物 花》(1885年) ソロモン・グッゲンハイム美術館 《雪で覆われた風景》(1875年) オランジュリー美術館 《緑の花瓶に活けられたダリアとエゾギク》(1910年頃) 個人蔵 《恋人たち》(1875年) プラハ国立美術館 《白いドレスの子供》(1883年) 個…

クロード・モネ Part.22 

《クルーズ峡谷(灰色の日)》(1889年) ボストン美術館 《パラッツォ・ダリオ》(1908) カーディフ国立美術館 《ヒマワリの花束》(1880年) メトロポリタン美術館 《ル・プティ=ジュヌヴィリエにて、日の入り》(1874年) 姫路市立美術館 國富奎三コレ…

パブロ・ピカソ Part.5 

《帽子をかぶった女性》(1962年) 《鳥をくわえる猫》(1939年) 《肘掛け椅子に座った女性》(1949年) 《着席した女性》(1930年) 《ベレットとチェッカードレスの女性》(1937年) 《髪をとかす女性、ロヤン》(1940年) 《カフェの男と女》(1903年) …

カミーユ・ピサロ Part.10 

《ベルヌヴァルの眺め》(1900年) ノートン・サイモン美術館 《エルミタージュの小屋》(1877年) ロンドン・ナショナル・ギャラリー 《ブルージュの橋》(1903年) マンチェスター美術館 《ギザーズの家禽市場》 《彼女のトイレで若い農民》 《芸術家の娘…

パブロ・ピカソ Part.4 

《アビニヨンの娘たち》(1907年) 《アブサント酒飲み》 《ジャクリーン(サイコロの女)》 《A Dream》(1932年) 《アリーナ》 《フェルナンダ》(1905年) 《青いベストの女性》(1902年) 《椅子に座った少女》 《フランソワーズ》(1946年) 《鳥かご…

ポール・シニャック Part.4 〇

《Golfe Juan》(1896年頃) 《井戸と女性》(1892年) 《プレィス・デス・リセス》(1893年)カーネギー美術館 《マルセイユのノートルダム・ド・ラ・ガルド》(1905-1906年) 《七色に彩られた尺度と角度、色調と色相のリズミカルな背景のフェリックス・フ…

ディエゴ・ベラスケス Part.5 

《ホワン・デ・パレハ》(1650年) メトロポリタン美術館 《アラクネの寓話(織女たち)》(1657年)プラド美術館 《聖パウロ》(1619年頃) カタルーニャ美術館 《貴婦人》(1620-1624年) ラサロ・ガルディアーノ美術館 《馬に乗るイザベル・ド・フランス…

エドゥアール・マネ Part.11 

《ウィーン》(1881年) オルセー美術館 《テーブルの上の果物》(1864年) オルセー美術館 《マホの衣装を着た青年》 《シェズ・トルトーニ》(1879-1880年頃) イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館 《ジャンヌ(春)》(1881年) 《剣を持つ少年》(…

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.24 

《自画像》 《菊の花瓶》(1890年) 個人蔵 《道化の衣装のクロード・ルノワール》(1909年) オランジュリー美術館 《ピアノを弾く若い女性》1876年 シカゴ美術館 《菊の花束と日本の団扇》(1880-1882年頃) プーシキン美術館 《休息する若い羊飼い》 《バ…

アメデオ・モディリアーニ Part.6 

《青いクッションの裸婦》 《赤毛の少女》(1915年) オランジュリー美術館 《横たわる裸》 《安楽椅子の上の裸婦》 《ディエゴ・リベラの肖像》 《小さな百姓》 《ベアトリス・ヘースティングス》(1916年) ジョン・C・ホワイトヘッド・コレクション 《青…

マリリン・モンロー Part.42 

1954年 モンローさん、貴女本当に可愛い人ですね。 貴女みたいな人は滅多に居ないでしょう。 若し、同時代に生きて私もハリウッドスターだったら、どうでしょうか。 実はエリザベス・テーラーとキム・ノヴァクのファンなんですよ。 一度じっくり考えてみたい…

ワシリー・カンディンスキー Part.3 

《網の中の赤》(1927年) 横浜美術館 《コンポジション8》(1923年) ソロモン・R・グッゲンハイム美術館 《ブラックスポット》(1921年) 《3本の菩提樹》(1908年) アーティゾン美術館 《コンポジション》(1924年) ストラスブール美術館 《ムルナウ、…

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ Part4 

《一日の時間《朝》》(1821-1822年) ニーダーザクセン博物館 《帆船で》(1818-1819年) エルミタージュ美術館 《エルベサンドスタイン山の風景》(1822-1823年) ウィーン・オーストリア絵画館 《夜の港》(1818年) エルミタージュ美術館 《グライフスヴ…

アメデオ・モディリアーニ  Part5  

《Portrait of Maude Abrantes》 《ルニア・チェコフスカ(黒のドレス))(1919年)サンパウロ美術館 《ルネ・キスリングの肖像》 《ベアトリス・ヘースティングスの肖像》 《ジャンヌ・エビュテルヌ》 《シャイム・スーティンの肖像》 《ユダヤの女》(190…