愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

命短し恋せよアート

メルヘン画 Part.7 

Sharon France Lucy Almey Bird Giovanni Esposito Lunch time

ジョヴァンニ・セガンティーニ Part.2 

《一日の最後の労働》(1884年)ブダペスト西洋美術館 《悪しき母達(嬰児殺し)》(1894年) 《アルプス三部作: 自然》(1898年-1899年) 《アルプス三部作: 生》(1898年-1899年) 《アルプスの真昼》(1892年)セガンティーニ美術館 《雪溶け)(1888年)…

アルノルト・ベックリン Part.4

《生の島》(1888)バーゼル市立美術館 《戦争》(1896年) 《泉のニンフ》(1855年) ティッセン・ボルネミッサ美術館 《夜》(1895年) 個人蔵 《ルッジェーロとアンジェリカ》(1873年) ベルリン旧国立美術館 《アンジェラ・ベックリンの肖像》(1863年) …

フィンセント・ファン・ゴッホ Part.43 

《糸を巻く女性》(1885年) ゴッホ美術館 《鰊》(1886年頃) アーティゾン美術館 《静物 花》(1884-1885年頃) サンパウロ美術館 《静物 フランスの小説》(1888年) ファン・ゴッホ美術館 《アルルのダンスホール》(1888年) オルセー美術館 《飲んだく…

滝平二郎 part.6 

《くりひろい》 《山ぶどう》 《菊の花》 《山椒は小粒でもぴりりと辛い》 《船頭小唄》 《嫁さま》 《葦の中で》 《木の実》 《桶屋》 《隣の花は赤い》

読書をする女 Part.30 

Jakub Obrovský Berthe Morisot ハロルド・ナイトによる「本を読む少女 ウィリアム・ストット エリザベス・シッペン・グリーン Robert Emil Stubner

パウル・クレー Part.4 

《蛾の踊り》(1923年) 愛知県美術館 《ヴィラ R》(1919年) バーゼル市立美術館 《子羊》(1920年) シュテーデル美術館 《ニーゼン山》(1915年) ベルン美術館 《寺院庭園》(1920年) メトロポリタン美術館 《夢の都市》 《コメディ》 1921年 《Two Wa…

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.27 

《縫い物をするマリー・テレーズ・デュラン・リュエル嬢》(1882年) クラーク美術館 《木かげ(森のなか)》(1880年頃) 国立西洋美術館 《クロード・モネ》(1872年) マルモッタン美術館 《2人の姉妹(テラスにて)》(1881年) シカゴ美術館 《アルジャン…

滝平二郎 part.5 

《残り鷺》 《吾亦紅》 《紅葉》 《吾亦紅》 《炉ばた》 《赤とんぼ》 《柿》 《紅葉》 《柿ひとつ》 《コスモス》

ウィンスロー・ホーマー Part.3 

《クリケット》(1865年) オルブライト・ノックス美術館 《風が強まる》(1876年)ワシントン・ナショナル・ギャラリー 《3人の漁師の少女》(1881年) ワシントン・ナショナル・ギャラリー 《ハマグリの籠(二枚貝の篭)》(1873年) メトロポリタン美術館…

メルヘン画 Part.6 

Beatrice Alemagna Maria Brzozowska ロマンチックな絵が大好きです。

滝平二郎 part.4 

《運動会》 《秋夕焼》 《うんどう会》(1970年) 《ランプ》(1970年) 《峠の月》(1974年) 《秋祭り》 《月》(1976年) 《夕焼け》(1976年) 《荒城の月》(1901年) 《秋》(1971年)

アンリ・ルソー Part.5 

《公園の散歩》(1908-1909年頃) オランジュリー美術館 《4人の漁師と風景》(1909年) オランジュリー美術館 《オアーズの船溜まり》 《赤ん坊のお祝い》(1903年頃) ヴィンタートゥール美術館 《パリ郊外の眺め、バニュー村》(1909年) 大原美術館 《う…

ベンツール・ジュラ 1844年1月28日 - 1920年7月16日 

「自画像」(1917年) 《クレオパトラ》デブレツェン、デーリ美術館 《1686年のブダ王宮の奪還》ハンガリー国立美術館 《森の中で読書する女性》ハンガリー国立美術館 《別れを告げるフニャディ・ラースロー》ハンガリー国立美術館 《エリザベート・ヴィッテ…

クロード・モネ Part.24 

《夏》(1874年) ベルリン旧国立美術館 《パラソルを差す女》(1886年) オルセー美術館 《ポワシーの釣り人》(1882年) オーストリア絵画館 《ひなげしの野原》(1888年) ビュールレ・コレクション 《ジヴェルニーのモネの庭》(1895年) ビュールレ・コ…

ギュスターヴ・モロー Part.4 

《夕暮れ》(1887年)クレメンス・セルス美術館 《プロメテウス》(1868年) ギュスターヴ・モロー美術館 《オルフェウス(オルフェウスの首を抱くトラキアの娘)》(1865年) オルセー美術館 《聖象》(1885年) 国立西洋美術館 《ヘシオドスとミューズ》(18…

アルフォンス・ミュシャ Part.7 

《スラヴ叙事詩 ブルガリア皇帝シメオン1世》(1923年) プラハ国立美術館 《ショコラ・イデアル》ポスター 《四つの星(明けの明星)》(1902年) 《パリスの審判》(1895年) カレンダー 《荒野の婦人》(1923年)ミュシャ財団 《自然を呼び起こす東の風》…

フィンセント・ファン・ゴッホ Part.42 

《オリーブの木々に囲まれた白いコテージ》 《芍薬とバラのある器》(1886年) クレラー・ミュラー美術館 《ローヌ川の星月夜》 《ブリュット・ファンの風車》(1886年) フンダティ美術館 《サンレミのプラタナス道路工事》(1889年) クリーブランド美術館…

ポール・セザンヌ Part.19 

《緑の帽子の女性(セザンヌ夫人)》(1894-1895年) バーンズ・コレクション 《農家の庭》(1879年) オルセー美術館 《サント・ヴィクトワール山とシャトー・ノワール》(1904-1906年) アーティゾン美術館 《麦藁帽子の自画像》(1875-1876年) ニューヨー…

滝平二郎 part.3 

《さんま》(1971年) 《曼珠沙華》(1977年) 《五木の子守歌》 《秋の色》 《星》1796年 《三日月》 《秋の風》 《汽車》(1972年) 《読む》(1972年) 滝平さん、いいでしゅね。 私は何かと芸術作品では郷愁を煽るものが大好きです。 つまり昔を忍ぶ心が…

メルヘン画 Part.5 

メルヘン画、いいですよねロマンチックで。私も画家でったらこういう絵を描こうかな。 そんな才能があったら人生どれだけ変わったことか。

【奈良・興福寺/天燈鬼立像(鎌倉)】

建保3年(1215)、運慶三男の法橋康弁の作。 天燈鬼は朱色で開口し、動勢を示す一方、竜燈鬼は青色で閉口し、静態とする。眉に銅板、牙に水晶、龍の背鰭に革など多彩な素材を用いている。 西金堂にかつて安置。背鰭は(せびれ)と読みます。 創造力逞しく威…

エドガー・ドガ Part.10  

《アイロンをかける女》(1873年) メトロポリタン美術館 《足を洗う浴女》(1883年) オルセー美術館 《バレエ教室》(1878-1880年) フィラデルフィア美術館 《バレエのリハーサル》 《カフェ・コンセール:レ・ザンバサドゥールにて》( 1876〜1877年) 《…

グラント・ウッド Part.3 

《グラント・ウッドの家》(1926年) フィゲ美術館 《パリのリュクサンブール公園》(1924年) シーダーラピッズ美術館 《モレットの野菜畑》 《シャトーネのヴォルテールの泉》(1920年) シーダーラピッズ美術館 《村の裏店』1937年 スミソニアン・アメリ…

滝平二郎 part.2

夕やけ 月見 ハーモニカ すすきが原 よさこい節 葉鶏頭 影法師 吾亦紅 彼岸花 風の音 滝平さんの切り絵は夢というより郷愁ですね。 共感を呼び私の胸にぴったり当てはまる作品です。

ウィリアム・アドルフ・ブグロー Part.10 

《死の前の平等》(1848年) オルセー美術館 《夜明け》(1881年) バーミングハム美術館 《マンドリン》(1870年) 《ガチョウ番の少女》(1891年) ジョンソン美術館 《入浴前》(1900年) 《愛しの小鳥》(1867年) 《泉の孤児》(1883年) 《春の夢》(1…

ヤン・ファン・エイク 1395年頃 - 1441年7月9日

《ターバンの男の肖像》(ヤン・ファン・エイクの自画像の可能性がある)(1433年) 《受胎告知》(1435-1437年頃) 《宰相ロランの聖母》(1435年頃) 《アルノルフィニ夫妻の肖像》(1434年) 《聖ヒエロニムス》(1435-1441年頃)デトロイト美術館 《ヘン…

エドヴァルド・ムンク part.9

《嵐》(1893年) ニューヨーク近代美術館 《森の中の慰め》 《東屋の傍らの自画像》(1942年) ムンク美術館 《キス・オン・ザ・ビーチ》(1923年) 《森の吸血鬼》(1916-1918年) ムンク美術館 《死せる母》(1899年) ブレーメン美術館 《サン・クルーの…

サンドロ・ボッティチェリ Part2

《熾天使の栄光の聖母》(1469-1470年頃) ウフィツィ美術館 《パラスとケンタウロス』》(1482-1484年頃) ウフィツィ美術館 《サン・マルコの祭壇画》(1483年)ウフィツィ美術館 《洗礼者ヨハネと聖母子》(1495年頃) パラティーナ美術館 《女性像》(14…

マーゴット・ロビー Part.4  

2013 2015 いつなで逃げているんですか。私は諦めませんよ。 たとえ日本の板橋までも追いかけていきますからね。