愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

命短し恋せよアート

黒田清輝 Part.2 

《花と猫》 《ブレハの少女》 《落ち葉》 《ポプラの黄葉》(1891年) 島根県立石見美術館 《針仕事》(1890年) アーティゾン美術館 《白き着物を着せる西洋婦人》(1892年) ひろしま美術館 《湘南の海水浴》 《洋燈と二児童》(1891年) ひろしま美術館 …

ポール・ゴーギャン Part.16 

《二人のタヒチの女》 《ブルターニュの子供》(1889年) 福島県立美術館 《ラヴェ・テ・ヒティ・ラム(偶像)』》(1898年) エルミタージュ美術館 《食事(バナナ)》 《クリスマスの夜》(1902-1903年) インディアナポリス美術館 《ルペ・ルペ(タヒチは…

マックス・エルンスト part.2 

《光の輪》 《ユビュ皇帝》 《つかの間の静寂》 《森と鳩》 《白鳥はとてもおだやか》 《日曜日の客》 《嘘八百》 《日曜日の客》 《大聖堂内の爆発》 《ロプロプ》 ダダイスムを経ての超現実主義(シュルレアリスム)の代表的な画家の1人である。作風は多岐…

伊藤若冲 part.2 

《伏見人形図》 1798年・18世紀・江戸時代 《梅花群鶴図 ばいか ぐんかくず》国宝 1761–65年頃・18世紀・江戸時代 絹に彩色・掛軸30幅のうち 東京・皇居三の丸尚蔵館 《象と鯨図屏風》 1795年 《雪中鴛鴦図 せっちゅう えんおうず》1759年・18世紀・江戸時代…

ジェームズ・アンソール Part.3 

《仮面に囲まれた自画像》(1899)メナード美術館 《骸骨画家のアトリエ》(1896年) アントワープ王立美術館 《善き審判》(1891年) 個人蔵 《ジェームズ・アンソールの肖像》(1907年) 《首吊り死体を奪い合う骸骨たち》(1891年) アントウェルペン王立美術館…

ジョアン・ミロ Part.4 

《海の前の祖母》 《鳥の翼から落ちたひとしずくの露が蜘蛛の巣のかげに眠るロザリーの目を覚ます》 《ハーレクインのカーニバル》(1924年) 《耕された野原》(1923~1924年) 《娘と蝶》 《騎馬行列 青 茶》 《色情狂の女王》 《力強い思想家》 《見張番…

サルバドール・ダリ Part.11 

《ネロの鼻の近くの脱物質化》 《スルバランの頭蓋骨》 《白鳥の羽根の原子内均衡》 《海の皮膚を引き上げるヘラクレスが恋をめざめさせようとするビーナスに、もう少し待って欲しいと頼む》 《ウィリアム・テル》 『ヒトラーの謎』 《ダンス(ロックンロー…

滝平二郎 part.41 

黒穂 茶摘 相撲 身体検査 顔 《夢》 夏は来ぬ 麦 かっぱ沼 とんがり帽子

ノーマン・ロックウェル part.2 

《共有すべき問題》 《スターに夢中》 《エイプリルフール》 《シャッフルトン理容店》 《ウィージャ占い》 《ビー玉遊びのチャンピオン》 《失恋(ばらまかれた花束と青年)》 《新しいご近所さん》 《良い子(孤児と列車)》 《お母さんに見せたいものだ》…

アンリ・ル・シダネル Part.5 

《白い庭のテーブル》(1900年)ゲント美術館 《青いテーブル》(1923年) シンガー・ラーレン美術館 《ブリュージュの運河、冬》(1899年) ニューサウスウェールズ美術館 《夕暮れの小さなテーブル》(1921年) 大原美術館 《波止場》(1898年)グルーニング…

読書をする女 part.36 

トーマス・ベンジャミン・ケニントン 《 窓辺で読書をする女性》 Charles James - Reading ウィリアム・マクレガー・パクストン ヤクブ・オブロフスキー ミロシュ・イラーネク(チェコ、1875〜1911)《読み手》(1908年) 読書する少女」イザベル・コドリン…

サルバドール・ダリ Part.10  

《ガラ酸とダリ酸のデオキシリボ核酸》 《欲望の謎、母よ、母よ、母よ》 《新人類の誕生を見つめる地政学の子供》 《透明人間》 《髑髏のバレリーナ》 《燃えるキリンと電話》 《柔らかい時計》 《奇妙な廃墟の中で自らの影の上を心配でふさぎがちに歩き回る…

ケイ・セージ  1898年6月25日 - 1963年1月8日

ケイ・セージ 《偉大なる不可能者》 《これに対して》 《隠された手紙》 《重要な出来事》 《その後》 《私には影がない》 《小さな肖像》 《私の部屋には二つのドアがある》 《4本の短剣》 《橋梁の水切り、隊商》 アメリカの画家、詩人。詩的・哲学的なテ…

ソフィー・マティス 1965年- 

《モナ・リザ(五分で戻ります)》 《アビニヨンの娘たち(五分で戻ります)》 《アプサント(五分で戻ります)》 《ダンス教室(五分で戻ります)》 《金魚(五分で戻ります)》 《夜更かしの人々(五分で戻ります)》 《浴女(五分で戻ります)》 《絵画芸…

竹内栖鳳 1864年12月20日(元治元年11月22日) - 1942年(昭和17年)8月23日) 

《春暖》(1930年) 愛知県美術館 《ベニスの月》(1904年) 《瀑布》(1925年) 《日稼》(1917年)東京国立近代美術館 《海幸》(1942年) 東京国立近代美術館 《春の海》福田美術館 《水風白鷺》福田美術館 《絵になる最初》 《アレ夕立に》(1909年) 生…

パウル・クレー Part.13 

《色の形》 《卵から》 《ゴーストの出発》 《ひとりぼっちの花》 《天使は望みを運んでくる》 《王宮庭園》 《庭の設計》 《5月の絵》(1925年) メトロポリタン美術館 《水族館》 《まだ手探りの天使》 解りませんねアナタの絵は。 解かる人がいるというこ…

エドワード・ホッパー Part.3 

《夜更かしの人々》 《夏の夕べ》(1947年) 《通路上の二人》(1927年) 《鉄道沿いの家》(1925年) 《コンパートメントカー》(1938年) 《朝日》 《正午》 《観光客の部屋》(1945年) 《チョップ・スーイ》(1929年) 《哲学への旅》 エドワードさん、…

エドゥアール・マネ Part.17 

《庭のモネ一家》(1874年) メトロポリタン美術館 《悲劇役者(ハムレットに扮するルヴィエール)》 《2つの洋梨》(1864年) 個人蔵 《船内甲板》(1860年頃) ビクトリア国立美術館 《静物、牡蠣と魚》’1864年頃) シカゴ美術館 《カフェコンサート》(18…

川瀬巴水 Part.8

《東京二十景 平河門》1930年、国立国会図書館 《初夏の雨》(1932年) 《西伊豆木負》(1937年) 渡邊木版美術画舗 《松山城の桜と月》 春の嵐山(1933年) 《馬込の月東京二十景》(1930年) 渡邊木版美術画舗 《十和田子之口日本風景集 東日本篇》(1933…

クロード・モネ Part.29 

《コロンブの平原、霜》(1873年) 新潟県立近代美術館 《ラ・メゾン・ルージュ》(1908年) 《積みわら ジヴェルニー》(1889年) イスラエル博物館 《日本橋と睡蓮の池》(1900年) ボストン美術館 《ウォータールー橋》(1903年) マックマスター美術館 …

フェルディナント・ゲオルク・ヴァルトミュラー part.2

《安定したランタンを持つ少年》 《盗み聞きされた恋人たち(口づけ)》(1858年) 《新婚夫婦の入口》(1859年) 《隣人》(1859年) 《回廊スープ》(1858年) 《カフェのパイプディーラー》 《父の家への帰郷》 《ベートーヴェンの肖像画》(1823年) 《新…

エドワード・バーン=ジョーンズ Part.3 

エドワード・バーン=ジョーンズ 《木に縛られた王女》(1866年) 《愛に導かれる巡礼者》(1896〜1897年) テート 《夕べの静寂》(1893年)テート・ブリテン 《愛の歌》(1868-1884年) メトロポリタン美術館 《緑の夏》 《薔薇の心》(1889年) 《恋歌》 …

カール・シュピッツヴェーク 1808年2月5日 - 1885年9月23日

カール・シュピッツヴェーク 《本の虫》(1850年)ゲオルク・シェーファー美術館 《THE POSTMAN》 《子供時代の友人》(1855年) レンバッハハウス 《バラの谷の郵便配達人》(1858-1865念) マールブルク大学美術館 《屋根裏》(1848年) 《駅馬車の到着》(1859…

ルネ・マグリット  Part.18 

《黄金の伝説》 《物質の力》 《報われた詩人》 《セイレーンの歌》 《占い》 《表現》 《中心の物語》 《恋人たち Ⅱ》 《光を壊す者》 《空の筋肉》

ルネ・マグリット  Part.17 

《美しい現実》 《日のきらめき》 《若者たちの愛》 《刺激の目的》 《記念日》 《無駄な足音》 《絶対的知識》 《すみれの歌》 《自然の驚異》 《大きなテーブル》 アナタの絵がだんだん解らなくなってきました。

ルネ・マグリット  Part.16 

《放棄》 《涙の味》 《うつろな仮面》 《とてつもない日々》 《目覚まし時計》 《旅の思い出》 《アルキメデスの原理》 《観念》 《常識》 習慣の力

藤田嗣治 Part.2 

《猫を抱く少女》(1959年) 《孫》(1938年) 沖縄県立博物館・美術館 《エミリー・クレイン=シャドボーンの肖像》(1922年) シカゴ美術館 《フルール河岸 ノートル=ダム大聖堂》(1950年) 《誕生日》(1958年) 《すぐ戻ります》 《私の夢》 《薔薇の咲く…

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.27 

《桃》(1881-1882年頃) オルセー美術館 《自画像》(1876年) ハーヴァード大学美術館 《アルジェの女(オダリスク)》(1870年) ワシントン・ナショナル・ギャラリー 《リュシアン・ドーテの肖像》(1879年) 松岡美術館 《可愛いイレーヌ(イレーヌ・カ…

パオロ・ヴェロネーゼ part.3 

《聖パンテレイモンの回心》(1580年頃) サン・パンタロン教会 《聖バルバラ,聖ヨハネと聖家族》(1564年頃) ウフィツィ美術館 《イサクの犠牲》(1580-1588年) ウィーン美術史美術館 《アレクサンドロス大王の前に出たダレイオスの家族》(1565-1570年…

フレデリック・エドウィン・チャーチ Part.2 

《ペトラ》(1874年) オラーナ歴史館 《熱帯のスコール》(1872年) プリンストン大学美術館 《荒野のたそがれ》(1860年) クリーヴランド美術館 《空にある我らの旗》 《荒野の十字架》(1857年) ティッセン・ボルネミッサ美術館 《熱帯雨季》(1866年)…