愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

「ムーンライト・セレナーデ」のお時間です。 昭和100年

何でも再来年は昭和100年になるとかで、超党派で政府に記念行事をやってはどうかとの申請があったらしい。それは初耳だ。早いものだ、子供の頃「明治100年」という年があったが、知らないうちに昭和も100年経つのか。まう何年も前から皇族の減少ということで…

シドニー・スウィーニー Part.10 

シドニーさん、最近の私はアナタのことしか妄想していません。 もうそろそろ妄想では現実のアナタが見たいのです。 神出鬼没のアナタのこと、そう簡単には会えませんよね。 取り合えずアナタの好きなカフェがどこなのか聞き込み捜査をします。

サルバドール・ダリ Part.11 

《ネロの鼻の近くの脱物質化》 《スルバランの頭蓋骨》 《白鳥の羽根の原子内均衡》 《海の皮膚を引き上げるヘラクレスが恋をめざめさせようとするビーナスに、もう少し待って欲しいと頼む》 《ウィリアム・テル》 『ヒトラーの謎』 《ダンス(ロックンロー…

「ムーンライト・セレナーデ」のお時間です。 もううんざりだ

毎夜、警察車両だか救急車だかの泣き叫ぶようなサイレンが高まり、やがて消えていく。静寂が長く続くことはない。一日二十四時間、休みなく誰かが逃げ、誰かがそれを追っている。犯罪に満ちた夜の中で、人々は死んでいく。手足を切断されたり、飛んでくるガ…

『アラビアのロレンス』

youtu.be 映画、『アラビアのロレンス』を観ましたか。あの中で、約100年前にロレンスらに待ち伏せされたオスマン帝国の列車が襲撃される場面がありますよね。その列車が今も砂漠の真ん中にそのままの状態で残っている。

妄想バードウオッチング Part.13 

いろどりみどり、まさに天の配剤ですね。

滝平二郎 part.41 

黒穂 茶摘 相撲 身体検査 顔 《夢》 夏は来ぬ 麦 かっぱ沼 とんがり帽子

「ムーンライト・セレナーデ」のお時間です。 わたしを攫って行っては呉れぬか

「たとえば君、ガサッと落ち葉をすくふやうにわたしを攫って行っては呉れぬか」これは歌人、河野裕子の有名な恋の歌だが、今日の昼時、ちょうど病院から出て来ると、見覚えのある横顔の女性が通りがかった。あれっと思った私は後ろから駆け寄り両肩に飛びつ…

モニカ・ベルッチ Part.24  

1997 モニカ・ベルッチさん、探しましたよ、今ローマに来ています。 何処へ行けばいいですか、支持してください。 アナタの行きつけのカファなんかに行ければいいのですが駄目ですか。 とにかくお時間をください、本当に時間だけでいいですから、なんとか都…

ノーマン・ロックウェル part.2 

《共有すべき問題》 《スターに夢中》 《エイプリルフール》 《シャッフルトン理容店》 《ウィージャ占い》 《ビー玉遊びのチャンピオン》 《失恋(ばらまかれた花束と青年)》 《新しいご近所さん》 《良い子(孤児と列車)》 《お母さんに見せたいものだ》…

アニマル・ベイビー

Baby Koala。小さいね、元気にすくすく育ってよ。人間はコアラのパンダには異様に優しいから。 掌サイズのバンビ―、こんなに小さい小鹿さんです。可愛いですね。 今朝の「アニマル・ベイビー」はだれ?ハリネズミの子供さん!よく分からないけどお目目がまん…

九龍城砦

「今日の一枚」九龍城砦は香港のスラム街で、1994年に取り壊されるまでは世界で最も人口密度の高い場所でした。計画なしに建設されたため、連結構造になっており、住民は地面に触れることなく街中を移動できました。清朝の時代からあるといわれていた九龍城…

「ムーンライト・セレナーデ」のお時間です。東山三十六峰静かに眠る丑満時……たちまち起こる剣戟の響き

1926年阪妻プロ・松竹映画 『尊王』で「東山三十六峰静かに眠る丑満時……たちまち起こる剣戟の響き」という活弁の説明文句で有名な幕末乱闘劇だが、どうやらそこから阪妻を「剣戟王」と呼ぶようになったらしい。これを後年、『男はつらいよ』の冒頭シーンで渥…

ダメオのスター・ツーショット Part.12 

Elvis Presley and Jane Russell. David Gilmore and Robert Plant George Harrison & Paul Simon Ringo Starr & David Bowie Amy Adams & Salma Hayek Eddie Van Halen and Brian May Gary Cooper and Ernest Hemingway, 1942 エリザベス・テーラー、グレー…

アンリ・ル・シダネル Part.5 

《白い庭のテーブル》(1900年)ゲント美術館 《青いテーブル》(1923年) シンガー・ラーレン美術館 《ブリュージュの運河、冬》(1899年) ニューサウスウェールズ美術館 《夕暮れの小さなテーブル》(1921年) 大原美術館 《波止場》(1898年)グルーニング…

肋間神経痛

肋間神経痛とはなんぞや。胸の部分の神経が障害されて痛みを感じる症状のことです。肋間は肋骨と肋骨の間のことを指します。肋間神経は背中から肋骨にそって伸びています。そのため、この神経を障害することでおこる痛み全般のことを肋間神経痛とよびます。…

お葉(佐々木カネヨ)、菊富士ホテルにて...撮影:竹久夢二 (1920年代)

この写真は初めて見たな。お葉(佐々木カネヨ)、菊富士ホテルにて...撮影:竹久夢二(1920年代)。それも菊富士ホテルだって。何年か前に現在の菊富士ホテルはどうなっているのかと見に行きましたが、思ったとおりマンションになっていました。

「ムーンライト・セレナーデ」のお時間です。 もう~、味噌もクソも一緒にして

中世のマドリードなどの人たちは、便などの処理をどうしていたのか知っているだろうか。道路の鋪石の中央が凹んでいて、そこをあらゆる種類の汚水が流れるという仕組みになっており、糞尿もまた、各家庭は朝毎に、この中央下水路とでも呼ぶべきものへ、戸口…

2001年5月27日、大相撲夏場所の千秋楽 貴乃花が武蔵丸を破り22回目の優勝

2001年5月27日、大相撲夏場所の千秋楽で、貴乃花が武蔵丸を破り22回目の優勝を果たしました。 多くが武蔵丸の勝利を確信していた中でその予想を覆し、武蔵丸を豪快な上手投げで破り勝利しました。 小泉純一郎元総理による「痛みに耐えてよく頑張った、感動し…

晩年 晩年

『晩年』は太宰27歳のときの第一作集だが「晩年」という題名の小説はない。しかし、処女作にして『晩年』とはこれ如何に。つまりは太宰が自殺を前提に遺書のようなつもりで書いた小説ということになるが、この辺が三島の嫌うところなのだろうか。短編、中編…

マリリン・モンロー Part.73 

1956 1953 おお、美しいビーナス、私だけのビーナス、どうか私に手にアナタをゆだねたまえ。アナタさえ私にものになったらもう何も要りません。 マリリン、何処にいるのですか、もう何年も前から探しているのに。

読書をする女 part.36 

トーマス・ベンジャミン・ケニントン 《 窓辺で読書をする女性》 Charles James - Reading ウィリアム・マクレガー・パクストン ヤクブ・オブロフスキー ミロシュ・イラーネク(チェコ、1875〜1911)《読み手》(1908年) 読書する少女」イザベル・コドリン…

「ムーンライト・セレナーデ」のお時間です。 宋慶齢の88年の生涯

1981年5月29日、孫文の夫人、宋慶齢は88年の生涯を閉じた。その2週間、中国共産党中央政治局は宋慶齢の共産党入党を認めた。慶齢の長年の希望はようやく容れられた。病床の慶齢はこの知らせを聞いてかすかな笑みを浮かべたという。さらに共産党は死を目前に…

尊富士と大の里

大相撲、新時代の幕開け。かれこれ50年ほど相撲を見て来たが近い将来は尊富士と大の里が遣って来そうな予感。先場所は尊富士、今場所は大の里と、何と入門1年での幕内最高優勝、たった6場所で優勝なので、同じ郷土石川の横綱輪島の15場所をあっけなく抜いて…

若尾文子 Part.3  

「氷点」 「新源氏物語」 「ぼんち」 「女の小箱より/夫が見た」 「座頭市と用心棒」 「濡れた二人」 「卍」 「処刑の部屋」 「雁の寺」 「妻二人」 やっぱりアナタは美人でセクシーですね。 決めました、日本の女優ではアナタが一番、さっさくお付き合いし…

サルバドール・ダリ Part.10  

《ガラ酸とダリ酸のデオキシリボ核酸》 《欲望の謎、母よ、母よ、母よ》 《新人類の誕生を見つめる地政学の子供》 《透明人間》 《髑髏のバレリーナ》 《燃えるキリンと電話》 《柔らかい時計》 《奇妙な廃墟の中で自らの影の上を心配でふさぎがちに歩き回る…

イノセント・デイズ 早見和真

初読みの作家で、帯に「3かほど寝込みました」とあるが、何だったか他の本でも同じ文句をみたが、そんなことは絶対ありません。「衝撃のラスト」「最後の3行に泣いた」「〇万人が号泣」そんなキャッチフレーズ嘘ばっかりですね。併し、本作は違った。寝込…

「ムーンライト・セレナーデ」のお時間です。『くろんぼ』

太宰治小説に『くろんぼ』という5ページほどの短編がある。その中に「その夜、くろんぼを思い、少年はみずからを汚した」という件がある。これは太宰には珍しい自慰のことを言っているのであろう。これに関しては全くそれらしいことを書かない作家と、容易く…

ケイ・セージ  1898年6月25日 - 1963年1月8日

ケイ・セージ 《偉大なる不可能者》 《これに対して》 《隠された手紙》 《重要な出来事》 《その後》 《私には影がない》 《小さな肖像》 《私の部屋には二つのドアがある》 《4本の短剣》 《橋梁の水切り、隊商》 アメリカの画家、詩人。詩的・哲学的なテ…

妄想バードウオッチング Part.12

「君はなんていう名前の鳥なの」「・・・」「おじさんはね、魚、花、鳥の名前に疎いんだよ。子供の頃に鳩の種類を羽で色分けするのは教えてもらったんだけどね、しかし、本当に子供と同じ、いや、それ以下というぐらい知らないんだよ。それにどうして君たち…