愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

エドゥアール・マネ Part.17 

《庭のモネ一家》(1874年) メトロポリタン美術館

《悲劇役者(ハムレットに扮するルヴィエール)》

《2つの洋梨》(1864年) 個人蔵

《船内甲板》(1860年頃) ビクトリア国立美術館

静物、牡蠣と魚》’1864年頃) シカゴ美術館

《カフェコンサート》(1879年)

《ピンクの靴のベルト・モリゾ》(1872年) ひろしま美術館

カナル・グランデ》(1875年)

《ガーターを着ける女性》(1878-1879年) オードロップゴー美術館

《鉄道》(1873年) ワシントン・ナショナル・ギャラリー

マネさん、誰もアナタの真似が出来ないような作品だとはどうしても思えないのですよ。そんなに凄い画家なのか、または作品なのか私には解りません。これはひとえに私の鑑識のなさだと思っています。どうか気を悪くなさらないでください。簡単にいえば価値観の相異なんですね。