愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ジョージ・フレデリック・ワッツ  1817年2月23日 - 1904年7月1日 

f:id:pione1:20200928100809j:plain

自画像 (1834年頃)

f:id:pione1:20200525181549j:plain

《希望》(1897年)

f:id:pione1:20200527092619j:plain

 《慈悲(無償の愛)》(1898年)

f:id:pione1:20200626195408j:plain

《ヨナ》(1894年)

f:id:pione1:20200719083751j:plain

《パリスの審判》 

f:id:pione1:20200728092940j:plain

《ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ》(1871年

f:id:pione1:20200731084215j:plain

《アリス》(1883年)

f:id:pione1:20200815174902j:plain

《溺死体で発見された》(1850年頃)

f:id:pione1:20200907192056j:plain

《良きサマリア人の寓話》(1904年)

f:id:pione1:20200919183250j:plain

《橋の下》(1850年

f:id:pione1:20200926104529j:plain

《ジョージ・メレディスの肖像》(1893年

ヴィクトリア朝時代のイギリス人画家。

貧しいピアノ職人の息子で、繊細な子供だった。

非常に早い時期からその才能を示したとありますから、ご両親も喜んだでしょうね。

当ブログでは、初のお目見えですね。

然し、1860年代のワッツの作品は、強調された感覚の喜びと豊かな色彩を持ったものが多く、ロセッティの影響が濃いように見受けられる、ともありますね。

私もそう思います。

ですがね先生、どうもそのロセッティというのが一番嫌いな画家でしてね。

ラファエル前派でがすよね。

先生の絵も、どこか暗いでしょ、とにかくね、夜、トイレに起きた時、壁に掛かった絵で恐くなるようなものはダメなんですよ。

だから先生の絵は買わないことにしました。