愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

モーリス・ドニ Part.2  

f:id:pione1:20201107061745j:plain

《遅いジェスチャーで私たちの魂》(1898年)

f:id:pione1:20210428004506j:plain

《塔の王女》(1914年) モーリス・ドニ美術館

f:id:pione1:20210513231306j:plain

《赤い岩と聖ゲオルギウス》(1910年頃) アンジェ美術館

f:id:pione1:20210601073007j:plain

《連作「愛(アムール)」より「それは敬虔な神秘さだった」》(1892-1899) 

f:id:pione1:20210611082936j:plain

《雌鶏と少女》(1890年) 国立西洋美術館

f:id:pione1:20210614073609j:plain

《イヴォンヌ・ルロール》(1897年)オルセー美術館

f:id:pione1:20210614100623j:plain

《木の葉の中の梯子》(1892年)モーリス・ドニ美術館
 

f:id:pione1:20210810091320j:plain

《エウリュディケ》(1906年ヤマザキマザック美術館

f:id:pione1:20211125173231j:plain

《波》(1916)大原美術館
 

f:id:pione1:20211125173443j:plain

カトリックの神秘》(1889)モーリス・ドニ美術館
ナビさん、アナタ15歳の時、「そうだ、僕がクリスチャンの画家になること、キリスト教徒のあらゆる奇跡を賞賛することが必要だ。それが必要なことだと感じる。」と書いているそうですね。
15歳でそんなこと考えなくてもいいのですよ。
どうやったら女の子と手を繋ぐことがデキるか、どうやったらモテるか、そういうことを考えるもんでしょ、普通は。
それに何ですか、『現代美術と宗教美術に関する新理論』と題する本を出版するなんて。
こういういね、新理論なんていう七めんどくさい話はね、もう欠伸が出ちゃうんですよ。
とにかくさ、もっと遊びましょうよ、外に出てたまには蝉取りなんかしてさ。
ねぇ、そしたら気分も晴れて、もっと爽快な絵も描けるってなもんですから。