愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー Part.2 

f:id:pione1:20200425200722j:plain

《風景の中のバッカンテ》(1865年)

f:id:pione1:20200505171347j:plain

《タンバリンを持つジプシー》(1862年

f:id:pione1:20200515081813j:plain

《もの思い》(1865-1870年)東京富士美術館

f:id:pione1:20200525072030j:plain

《ピエールフォン城の眺め》

f:id:pione1:20200617185707j:plain

《嵐の天候のカレー》(1870年頃)プーシキン美術館

f:id:pione1:20200629180614j:plain

マンドリンを持つジプシーの娘》(1874年)

f:id:pione1:20200704110714j:plain

《舟のある風景》(1862年頃)ビュールレ・コレクション 

f:id:pione1:20200709085652j:plain

《ラ・フェルテ・ミロンの風景》(1855-1865年)大原美術館

f:id:pione1:20200713080245j:plain

《クブロンの思い出》(1872年)ブダペスト西洋美術館

f:id:pione1:20200720165656j:plain

《聖女に救済される聖セバスティアヌス》(1851-1873年ウォルターズ美術館

コローさん、貴方ってかなりの有名人なんですってね。

知らぬは私ばかりなりってね、コロっと忘れていました。

確かに貴方の代表作、《真珠の女》という絵は見たことあります。

それどころか、後世の画家たち多大な影響を与えたとか。

カミーユ・コロー、しっかり覚えておかねければいけませんね。