愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

クロード・モネ  Part.7  

f:id:pione1:20200907185352j:plain

カミーユと小さな犬》(1866年)ビュールレ・コレクション

f:id:pione1:20200920105535j:plain

《ラ・ロシュ・ギュイヨンの道》(1880年国立西洋美術館

f:id:pione1:20200920190118j:plain

《日の出》(1873年ポール・ゲティ美術館

f:id:pione1:20200922183424j:plain

《干潮のエーヴ岬》(1865年) キンベル美術館

f:id:pione1:20200928104839j:plain

《アルジャントゥイユの鉄道橋》(1874年)オルセー美術館

f:id:pione1:20201004192030j:plain

《ル・アーブルの博物館》(1873年

f:id:pione1:20201005102456j:plain

《秋のセーヌ川,アルジャントゥイユ》(1873年ハイ美術館

f:id:pione1:20201008110914j:plain

《ヴァレンジュヴィルの税官吏小屋》(1897年) サンディエゴ美術館

f:id:pione1:20201009184949j:plain

《春の花》(1864年

f:id:pione1:20201010105636j:plain

 《アルジャントゥイユのセーヌ川》(1872年)

あらまぁ、《アルジャントゥイユの鉄道橋》は珍しく霧や靄がかかっていませんね。

どうしたんですか、お得意の十八番は。

貴方らしくもない、なんですか、この日は、たまたま晴れていたとか。

然し、貴方は気候に関係なく全てぼやかして描いているのだとばかり思っていました。

そうですよね、これでは印象派ではなくなってしまいますからね。