愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.8  

f:id:pione1:20200503073420p:plain

《水辺にて》(1880年

f:id:pione1:20200505081635j:plain

《ルールの説明)(1876-1877年)

f:id:pione1:20200507090644j:plain

《庭の2人の女》(1906年頃)個人蔵

f:id:pione1:20200508101011j:plain

《遊ぶクロード・ルノワール》(1905年頃)

f:id:pione1:20200511091048j:plain

セーヌ川のボート》(1875年)ロンドン・ナショナル・ギャラリー

 
 
画像

f:id:pione1:20200513173314j:plain

《南国の果物》(1881年

f:id:pione1:20200515081101j:plain

 《クロワシー付近のセーヌ川》(1911年)

f:id:pione1:20200518003316j:plain

《横たわる裸婦(ガブリエル)》(1906年頃)

f:id:pione1:20200518003757j:plain

《母と子供たち》(1876年)フリック・コレクション

f:id:pione1:20200519173025j:plain

貴方の息子さん、ジャン・ルノワールが書いた評伝読みましたよ。

とても長い本でした。

印象的だったのは晩年、酷いリューマチに悩まされて手も変形したとありましたが、なんでも自転車で転倒したことから、徐々に始まったとありました。

絵描きにとって手は命ですからね、ホント、大変でしたね。

然し、貴方のこのぼやけたような絵、有名画家はみなさん個性というものは持っていますが、どういうきっかけで、その個性を見つけているのか未だによく分かりません。

そういう点では、貴方の個性は際立っていますね。