愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.26 

f:id:pione1:20220304175538j:plain

《和傘と少女》(1876年) 個人蔵

f:id:pione1:20220311180118j:plain

《庭にて、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの木陰》(1876年) プーシキン美術館

f:id:pione1:20220413110206j:plain

《ラ・グルヌイエール》(1869年) オスカー・ラインハルト・コレクション

《りんごとオレンジの静物》(1897年頃) 個人蔵

《2人の少女》(1893年) ビュールレ・コレクション

《赤いリボンのグランプレル嬢》(1880年

サン・マルコ広場》(1881年ミネアポリス美術館

《手紙を持つ女性》(1890年頃) オランジュリー美術館

《猫を抱く女性》(1875年頃)ワシントン・ナショナル・ギャラリー

《苺》(1914年) 個人蔵
ルノワールさん、アナタ、ピエールという名前なんですね。
ねえ、ピエールさん、アナタの絵はどこから見てもピエールの絵だと分かるような特徴ですね。
日本でもファンが多いのですか。
然し、はっきり言っておきますが私はファンじゃありません。
そんな私にアナタの絵の何が素晴らしいのか解説してくださいな。
取り合えず、そうですね、私に一枚プレゼントして貰って、その絵を参考にしてご教授願えたらいいと思います。