愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

エゴン・シーレ Part.3 

f:id:pione1:20200226174450j:plain

《ストライプのドレスで座っているエーディト・シーレ》(1915年) レオポルト美術館

f:id:pione1:20200227194245j:plain 

f:id:pione1:20200305202535j:plain

《Seated woman with bent knee

f:id:pione1:20200307234557p:plain

《フランツ・マーティン・ハーバーディッツル博士》(1917年)オーストリア絵画館

f:id:pione1:20200311111134j:plain

《クルムロフの家》(1915年) イスラエル博物館

f:id:pione1:20200314175415j:plain

《裸の肩を上げる自画像)(1912年)

f:id:pione1:20200314233802j:plain

《陶磁器》(1918年)個人蔵

f:id:pione1:20200320193004j:plain

《青い布を持つ女》(1914年)

f:id:pione1:20200323192514j:plain

《立っている青の女性》

f:id:pione1:20200402201145j:plain

 シーレさん、貴方の描く人物像は誰が見てもエゴン・シーレですが、なぜ、こんな顔もガクガク、脚もガクガクな手法何ですか?

貴方の短い人生で、いつこんな個性的なことを思いついたのか、そこが不思議です。

しかし残念ですね、100年前のスペイン風邪で亡くなるとは。

本当にご無念だったでしょう。