愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ Part.2 

f:id:pione1:20200307115012j:plain

《食事をする二老人》

f:id:pione1:20200308192204j:plain

《フランシスコ・バジェウ》(1786年)

f:id:pione1:20200311110924j:plain

《ドン・ルイス卿の家族》(1784年)

f:id:pione1:20200314235210j:plain

《騎乗のパラフォックス》(1814年)

f:id:pione1:20200320192742j:plain

《ヴェヌスとアドニス》(1771年)サラゴサ美術館

f:id:pione1:20200405095654p:plain

《サン・イシドロの草原》(1788年)

《日傘》(1777年)プラド美術館

f:id:pione1:20200414090234j:plain

《アリエータ医師の治療を受けるゴヤ》(1820年

f:id:pione1:20200415192035j:plain

《マリア・テレサ・デ・ボルボーン・イ・バリャブリガ》(1800年

f:id:pione1:20200417201633j:plain

《眠っている女性》

ゴヤの絵というのは題材も画風も極端なバリエーションがある。

特に《アリエータ医師の治療を受けるゴヤなど、普通、自画像などは誰でも描くが、医師の治療を受ける自分という、客観的に捉えた自らを描くなんて見たことない。