愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ Part.5 

f:id:pione1:20200906193304j:plain

《悪魔のランプ》(1798年

f:id:pione1:20200912111954j:plain

《ヴィァフランカ侯爵夫人》(1804年)

f:id:pione1:20201005190337j:plain

《ヨーゼファ・バジェウ》(1814-1816年)

f:id:pione1:20201011183756j:plain

《アセンシオ・フリア》(1814年)

f:id:pione1:20201024110936j:plain

《負傷者》(1786-1787年

f:id:pione1:20201031190647j:plain

《リア・アントニア》(1795年)

f:id:pione1:20201102190703j:plain

《聖人グレゴリー》(1796-1799年)

f:id:pione1:20201110213324j:plain

《フスタと聖ルフィーナ(聖ユスタと聖ルフィナ)》(1817年) セビーリャ大聖堂

f:id:pione1:20201117181013j:plain

《猫の喧嘩》(1786-1787年プラド美術館

f:id:pione1:20201204170505j:plain

《雄牛に捕まった闘牛士》(1793年)
ゴヤさん、やっぱり貴方はスペイン人らしく、なんか荒々しい血が流れているような気がします。
人物像なんかも冷たい表情をみなさんがしていますよね。
笑顔はどうしました笑顔は。
アナタ方スペイン人が新大陸に上陸していらい、ろくなことをしていませんね。
スペイン戦争でも、同胞に対してかなり残虐なことをしんじゃないですか。
ナポレオン戦争然りです。
それを貴方は、リアルに描いていますよね。
スパイン人は嫌いではありませんが、いざ、戦争となったらアナタ方には負けたくないです。