居眠り狂志郎の遅読の薦め

喰う寝る読むだけの素浪人です

大河内山荘

嵐山駅から徒歩で30分ほどのところに大河内山荘というところがある。
現在は国指定の文化財に登録されているが元は昭和の大スター大河内傳次郎の別荘。

太平洋戦争前のことだと思うが、当時女人禁制だった別荘を初めて訪れた女優が高峰秀子だった。
16歳の高峰は『鞍馬天狗』で大河内傳次郎と共演し「まだ女でないから」という理由で来館を許可されたとか。

以下、高峰氏の著書に従って。 

f:id:pione1:20170912220228j:plain

「おおいかぶさるような孟宗竹一色の道である。その道をかき分けるようにして、記者とカメラマン、そして私を乗せた車は、静かに小倉山を登っていった」

f:id:pione1:20170912220543j:plain

「まるで深山のような香気が流れ込んできた」

f:id:pione1:20170912220629j:plain

「突然、車のあえぎが止まって目の前が開けた。そこに木肌も清々しい桃山時代風大河内山荘があった。私たちが降り立つと同時に、廊下のはずれに座っていた紺木綿の筒袖に、山袴の男が立ち上がり、つつっと奥に消えたかと思う間もなく、例のロイド眼鏡をかけた大河内伝次郎が、真っ白い着物の裾を蹴るようにして歩み出てきたのである」

高峰が山荘を訪れたのは昭和14~5年頃。
私がここを訪ねるのは2度目で前回は知らなかった大河内、高峰が記念写真を撮った場所をどうしても確認したかったからに他ならない。
その二人が収まった写真を持参して現地訪問という訳である。

因みに大河内山荘は広大な敷地で映画出演料の大半を注ぎ込み64歳で亡くなるまで約30年間増築を重ねたため昭和14年当時とは幾分趣きを異にしているかも知れないが探し当てた場所、それがここ!

二人座ってここで写真に納まっている。

f:id:pione1:20170912220758j:plain

持仏堂、念仏、瞑想はこの中で行われ、台本はこの階段に腰掛け読んでいた。

f:id:pione1:20170912221208j:plain

愛車クライスラーと記念撮影、昭和6年頃。

f:id:pione1:20170912221314j:plain

そして昭和初期のヒーローと言ったらこの人。
丹下左膳ですね、一世を風靡しました。

f:id:pione1:20170912221356j:plain

ここを幾多の著名人が訪れたか知らないが日本の様式美を追求した大河内傳次郎
女人を遠のけ只管座禅を組んで念仏を唱えていた大河内傳次郎
昭和の剣聖の息吹を少しは感じ取ろうとやって来たが。
最後に頂上から見た京都の一望を。

f:id:pione1:20170912222546j:plain

日々、ここから遠くを望み、訪れる人と何を語らっていたのだろうか。

 

 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟