愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

エルンスト・ルートヴィッヒ・キルヒナー Part.3

f:id:pione1:20201215192114j:plain

《ミュージックホール》(1912-1913年) シュテーデル美術館

f:id:pione1:20201218190308j:plain

《街》(1913年) ニューヨーク近代美術館

f:id:pione1:20201220182807j:plain

《マルツェッラ》(1909-1910年) ストックホルム近代美術館 

f:id:pione1:20201220212656j:plain

《病人としての自画像》(1918年) ピナコテーク・デア・モデルネ

f:id:pione1:20210113182516j:plain

《座る女》(1907年)

f:id:pione1:20210501102555j:plain

《サーカスの騎手》(1914年) セントルイス美術館

f:id:pione1:20210506185818j:plain

《夜の女》(1928)
 

f:id:pione1:20210809103541j:plain

《モデルのいる自画像》(1910年) ハンブルグ美術館

f:id:pione1:20210821080058j:plain

ノレンドルフプラッツ・ベルリン》(1912年)

f:id:pione1:20210901205425j:plain

《休息する白い服の女性》(1909年) シュテーデル美術館
エルンスト・ルートヴィッヒ・キルヒナーさん、以前にも書いたかも知れませんが、アナタ、ナチから退廃芸術のレッテルを32点も張られてショックを受け、大戦前の38年に自殺したんですよね。
ナチがアナタの絵を退廃と思うのも良く解ります。
ナチの雄々しい純粋芸術から見れば、何ともまあ意味を為さない作品に見えたんでしょうね。
然し、私がこうやってアナタの作品をブログに載せていることで、少しは供養になるでしょうか。