愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ポール・セザンヌ Part.8

f:id:pione1:20200629094259j:plain

《パイプをくわえる男》(1890-1892年)プーシキン美術館

f:id:pione1:20200702193652j:plain

《水浴》(1885年)  

f:id:pione1:20200705171555j:plain

《レスタックの岩場》《1882-1885年)サンパウロ美術館

f:id:pione1:20200708093126j:plain

《画家の息子》(1881-1882年)オランジュリー美術館

f:id:pione1:20200711084234j:plain

《ジャ・ド・ブッファンのマロニエの木》(1885-1887年) ミネアポリス美術館

f:id:pione1:20200711092737j:plain

《モンジュルーの曲がり角》(1898年)1898年ニューヨーク近代美術館

f:id:pione1:20200713171134j:plain

ドラクロワ礼賛図》(1890-1894年)グラネ美術館

f:id:pione1:20200718234117j:plain

《「レヴェヌマン」紙を読む画家の父》(1866年)

f:id:pione1:20200722173428j:plain

《ピアノを弾く若い娘》(1869年-1870年頃)

f:id:pione1:20200723101115j:plain

《ジャ・ド・ブッファンの小道》(1874-1875年) テート・ブリテン

セザンヌさん、アナタの場合はこれ、水彩画なんですか?

それと、山はもうそろそろいいのじゃないでしょうかね。

何枚も描きましたし。

それからドラクロワ礼賛図》、これはなんですか。

ドラクロワが好きだったとしても、よく解りません。

何か、一時間ぐらいで適当に描いているんじゃないでしょうね、頼みますよホントに。

《パイプをくわえる男》にしても、もう少しパイプを大きく鮮明に描いてくれませんか。

次回は大丈夫ですか、楽しみにしてますから。