愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

命短し恋せよアート

ジャン=フランソワ・ミレー 1829年6月8日 - 1896年8月13日 

肖像写真 1856年-1858年 《鍬に寄りかかる男』1860-1862年 《箕をふるう人》(1847-1848頃) 《羊飼いの少女》(1863年頃) 《鶏に餌をやる女》(1851-1853年) 《群れを連れ帰る羊飼い》(1860-1865年) 《滝》 《洪水》(1870年) 《仕事に出かける人》(1…

フィンセント・ファン・ゴッホ  Part.17 

《ヒナゲシと蝶)(1890年) 《モンマルトルからのパリの眺め)(1886年) 《貝とエビのある静物》 《ライラック・ヒナギクとアネモネのある花瓶》(1887年) 《家々の屋根と背の眺め》(1886年) 《渓谷》(1889年) 《医師フェリクス・レー》(1889年) 《…

知られざる絵画 Part.13 

ソフィー・アンダーソン《大好きなペット》 トマス・エイキンズ《コンサート歌手》(1890-1892年) ロバート・ヘンライ《サロメ)(1909年) バーン=ジョーンズ《慈悲深き騎士》 Pavel Kovalevsky Flogging グラント・ウッド《青刈りとうもろこし》(1931年…

知られざる絵画 Part.12 

ヒエロニムス・ボス《キリストの捕縛》(1515年頃) アンドレアス・アーヘンバッハ《蒸気船》(1878年) アントニオ・デ・ペレーダ 《虚栄心の寓意》(1632-1636年) ハンナ・ハーシュ・パウリ《朝食の時間》(1887年) パオロ・ヴェロネーゼ 《カナの婚礼》…

知られざる絵画 Part.11 

グイド・レーニ《聖マタイと天使》(1635-1640年) フランツ・ヴィンターハルター《プロイセン王太子妃ヴィクトリア》(1867年) レオン・ボンヴァン《郊外の風景》(1864年) トマス・コール《エデンの園からの追放》(1828年頃) ヘンリー・ペザー《ヨーク…

知られざる絵画 Part.10 

ペトルス・ヴァン・シェンデル《ロウソクの下の市場》(1865年) Firmin Baes (1874-1943) カール・フリードリッヒ・シンケル《岩場のゴシック建築の教会》(1820年) アンリ・ファンタン=ラトゥール《シャルロット・デュボーグ》(1882年) エルンスト・エ…

カミーユ・ピサロ Part.2 

《ルーヴシエンヌのヴェルサイユに向かう道》(1869年) 《ルーアンのボワエルデュー橋、日没、霧》(1896年) 《ジャレの丘》(1867年) 《マチュランの庭、ポントワーズ》(1876年) 《スージーノ・イン・フィオーレ、エラニー》(1894年) 《団扇を持つジ…

ワシリー・カンディンスキー 1866年12月16日-1944年12月13日 (77歳) 

《円の中に円》(1923年) 《Improvisation》 まさか頭の中が感電しているわけじゃないだろうが、いったいどうなっているのか! 貴方、美術理論家として多くの著作を残しているんですってね。 然し、私は読みたいと思いません。 何故なら、どのみち読んだっ…

ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナー 1775年4月23日 - 1851年12月19日

《海の漁師たち》 《ヴェネツィアの大運河》 《Modern Rome – Campo Vaccino》 《The Dark Rigi》 《Sea View》 《グリニッチ公園からのロンドン》(1809年) 《嵐の中のパドルスチーマー》 《ドルドレヒトの港の眺め》(1818年) 《夜明けの青いリギ山》(1…

カミーユ・ピサロ 1830年7月10日 - 1903年11月13日

1900年頃(70歳頃) 《白い霜》(1873年) 《ザ・レッド・ルーフズ》 《羊毛繕い(羊毛を紡ぐす農婦)》(1875年) 《田舎の幼い女中》(1882年) 《冬の朝のモンマルトル大通り》(1897年) 《ルーアンのナポレオン埠頭》(1883年) 《モンフクーの雪と牛の…

フィンセント・ファン・ゴッホ  Part.16 

《ヒナギクとアネモネのある花瓶》(1887年) 《ばらと甲虫》(1890年) 《アルル近くの小道》 《アルルの老女》(1888年) 《サント・マリーの 3軒の家》(1888年) 《シーンの母の家》(1882年) 《ジャガイモのかご》(1885年) 《花開いたクリの木》(18…

ウジェーヌ・ドラクロワ 1798年4月26日 - 1863年8月13日 

《レベッカの掠奪》(1858年) 《ピエタ》 《ガリラヤの海のキリスト》(1841年) 《ダンテの小舟》 《サルダナパールの死》 《沿岸の難破船》(1862年) 《十字軍のコンスタンティノープルへの入城》(1841年) 《ジャガーに襲われる騎手》(1855年) 《海…

知られざる絵画 Part.9 

アンドレア・マンテーニャ《死せるキリスト》(1470-1474年頃) アンニーバレ・カラッチ《死せるキリスト》(1583-1585年頃) ジャン=バティスト・グルーズ《洗濯女》(1761年) アルテミジア・ジェンティレスキ《リュート奏者の自画像》(1616-1617年頃 )…

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.6 

《ガーンジー島のビーチで》(1883年) 《キジとヤマウズラ》(1881年) 《カーニュのテラス》(1905年) 《すわる水浴の女》(1914年) 《草原で花をつむ少女たち》(1888-1892年) 《シャトー・ノワールへの道》(1900-1902年) 《フープを持つ少女》(188…

カナレット  1697年10月7日 - 1768年4月19日 

《ウェストミンスター寺院とバス勲章の行列》(1749年) 《ジュデッカ運河》(1740年頃) 《アーセルナへの入り口の眺め》(1732年) 《サン・マルコのドック》(1738年‐40年) 《サン・マルコ広場》(1723-1724年) 《サンタ・キアラ運河》(1730-1735年) …

黒田清輝 1866年8月9日(慶応2年6月29日) - 1924年(大正13年)7月15日)

《暖き日》 《桜島爆発図》 《鉄砲百合》 《箱根宿》 《男と舞妓》 《薔薇の花》 《ポプラの黄葉》 《梅林》 《鎌倉にて》 《残雪》 この人は名前を見ただけで薩摩人だと分かりますね。 洋行からの帰国後、東京美術学校教授などに収まり大変な権威を持ってい…

クロード・モネ Part.9

《洪水》(1896年) 《雪のアルジャントゥイユ》(1875年) 《アルジャントゥイユの画家の家》(1873年) 《アムステルダムの港》(1874年) 《ロンドン、国会議事堂:霧に透けて見える太陽》 《アルジャントゥイユのレガッタ》(1874年) 《エプテ川のポプ…

ジョヴァンニ・ボルディーニ  Part.2

《The Actress Rejane and her Dog》 《The Mondona Singer》 《Madame Michelham》 《Boy with a Circle》 《マルト・ビベスコ公爵夫人》 《 交差点》(1875年) 《A Lute Player and a Listener》 《レストランのカップル》 《特報配達》(1879年頃) 《La…

エゴン・シーレ Part.3 

《ストライプのドレスで座っているエーディト・シーレ》(1915年) 《Seated woman with bent knee》 《フランツ・マーティン・ハーバーディッツル博士》(1917年) 《クルムロフの家》(1915年) 《裸の肩を上げる自画像)(1912年) 《陶磁器》(1918年) …

フランシスコ・ホセ・デ・ゴヤ Part.2 

《食事をする二老人》 《フランシスコ・バジェウ》(1786年) 《ドン・ルイス卿の家族》(1784年) 《騎乗のパラフォックス》(1814年) 《ヴェヌスとアドニス》(1771年) 《サン・イシドロの草原》(1788年) 《日傘》(1777年) 《アリエータ医師の治療を…

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.5 

1875年頃撮影 《シスレー夫妻》(1868年) 《サント・ヴィクトワール山》(1889年) 《かぎ針編みをする若い女性》(1875年) 《座った裸婦》(1876年頃) 《サン・マルコ広場》(1881年) 《少女の頭部》(1888年) 《ダリア》(1883年) 《コンサートにて…

ケイト・ウィンスレット 1975年10月5日-

ケイト、寒かったでしょ!心配しましたよ、あの凍てつく海に投げ出されてよく助かりましたね。貴女もそうでしょうが、ニュースを聞いた私も生きた心地がしませんでした。まさかタイタニックが沈むなんてね!で、それから貴女は救助されて何処へ行ったんです…

ウィリアム・アドルフ・ブグロー 1825年11月30日 - 1905年8月19日 

《自画像》(1886年) 《お粥を食べる少女)(1874年) 《Dawn》 《ニンファエウム》 《漁師の娘)(1872年) 《La Frileuse(肌寒さ)》 《At the Edge of the Brook》 《Lost Pleiad》 《オレステースの悔恨》 《Mailice》 《真実》 フランスの画家で神話天…

知られざる絵画 Part.7

マーティン・ジョンソン・ヒード《ニカラグアの朝日》 Józef Rapacki 1892年 ローラ・ナイト《砲尾環を削るルビー・ロフタス)(1943年) ルートヴィヒ・フォン・ホフマン《ナルシス》(1900年頃) ホセ・デ・リベーラ《触覚》(1613-1616年) フェデリーコ…

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック Part.2 

《自画像》(1882-1883年) 《ムーラン・ド・ラ・ギャレットのコーナー》(1892年) 《ジャヌ・アヴリル、ムーラン・ルージュの入り口にて》 《グルネルのアブサン飲み》(1886年) 《ジョルジュ・アンリ・マヌエル》(1891年) 《洗濯女》 《サイドサドル》…

ポール・ゴーギャン part.3 

《ファトゥルマ(憂鬱)》 《レ・ザリスカン、アルル》 《ドラクロワのエスキースのある静物》(1887年頃) 《レ・ザリスカン、アルル》 《頭のかたちをした花瓶と日本の版画のある静物》(1889年) 《はしけと小型ボート》(1882年) 《午後の昼寝》(1894年…

絵画で見るピアニスト part.2 

Reinhold Bahl (1869-1943) ピエール=オーギュスト・ルノワール《ピアノを弾くイヴォンヌとクリスティーヌ・ルロル》(1897年) Bruce Wolfe ミハーリー・デ・ムンカチ(1844-1900) 《音楽室》(1878年) Edouard Vuillard Asta Nørregaard (1898年) Berth…

エドヴァルド・ムンク part.9 

《朝》 《浜辺のインゲル》 《思春期》 《ハンス・イェーガー》(1889年) 《サン・クラウドのセイヌ》(1890年) 《橋の上の女性たち》 《ソファで》(1913年) 《ニースの夜》(1891年) 《モンテカルロのルーレットテーブルにて》 《The Voice / Summer N…

エドガー・ドガ Part.2 

《ピットーレ・ボナ》(1863年) 《バレエのレッスン》(1879年) 《エプロンで花を運ぶ少女》(1860-1862年頃) 《足を拭く浴女》(1886年) 《舞台稽古》(1873年) 《証券取引所》(1878-1879年) 《バーにつかまる踊り子》(1888年) 《踊り子》(1884-1…

カジミール・マレーヴィチ 1879年2月23日-1935年5月15日

《自画像》(1933年) 《投獄された男の感覚》 《農民の少女の頭》 《ライ麦の収穫》 《モスクワの英国人》 《冬》1909年 《The Knifegrinder》1912年 《Suprematism》(1916年-1917年) 《刈り取る人 赤地》1912-1913年) 《The Knifegrinder》 う~ん、難…