愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ポール・ゴーギャン Part.14 

f:id:pione1:20210608183532j:plain

《自画像》(1896年) サンパウロ美術館

f:id:pione1:20210611084932j:plain

《肘かけ椅子の上のひまわりのある静物(I)』》(1901年) ビュールレ・コレクション

f:id:pione1:20210625100345j:plain

《マハナ・ノ・アトゥア(神の日)》(1894年) シカゴ美術館

f:id:pione1:20210703203646j:plain

《崖の上のフラジョレット吹き》(1889年) インディアナポリス美術館

f:id:pione1:20210710100301j:plain

《マンゴー摘み》(1887年) ゴッホ美術館

f:id:pione1:20210722084749j:plain

《未開の物語》(1902年) フォルクヴァンク美術館

f:id:pione1:20210729145708j:plain

《マナオ・トゥパパウ(死霊が見つめる)」》(1892年)オルブライト=ノックス美術館

f:id:pione1:20210811182207j:plain

《ディエップの草刈り場》(1885年) アルジェ美術館

f:id:pione1:20210819083554j:plain

《ラ・プティット・ヴァレ》(1891年)

f:id:pione1:20210819095148j:plain

ノートルダム・デ・アンジュ、ルーアン》(1884年
ゴーギャンさん、アナタの絵は相対的にタヒチ移住前な風景画、移住後は現地の女性の裸体画、こんなところですか。
なんか面白味に欠けますね。
そりゃアナタはいいでしょ。
移住後は裸体ばかり見て生活しているわけですから。
然し、こう何枚も何枚も裸体画ばかり見せられてもね。
食傷ぎみになります。
移住後に描いて素晴らしい風景画というものはないのですか。
もうPart.14ですから、或いは以前に紹介していたなら御免なさい。
画像