愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

カナレット Part.3 

f:id:pione1:20200808182847j:plain

《バルビー宮殿からの大運河》(1726年頃)

f:id:pione1:20200820184610j:plain

《ヴェンドラミン・カレリジ宮殿からサン・ジェレミア教会方向の大運河》(1727-1728年)ウィンザー

f:id:pione1:20200901175039j:plain

《大運河への入口》(1730年頃)

f:id:pione1:20201012175446j:plain

《フォンダメンテ・ヌオヴェからのサン・クリストフォロ,サン・ミケーレとムラノ》(1722-1723年)

f:id:pione1:20201019104553j:plain

(ラネラーのロトンダ)(1754年)

f:id:pione1:20210226191217j:plain

《ノーザンバーランド・ハウス》(1752年) ウォレス・コレクション

f:id:pione1:20210327191320j:plain

《スキアヴォーニの眺め》(1735-1739年) トリード美術館

f:id:pione1:20210409174305j:plain

《スキアヴォーニ埠頭》(1730年) サー・ジョン・ソーンズ美術館

f:id:pione1:20210513232241j:plain

《リアルト橋北側の大運河》(1726年頃) アルテ・マイスター絵画館

f:id:pione1:20210601180756j:plain

《大運河入口の東側》(1725年) アルテ・マイスター絵画館
カナレットさん、貴男の絵はいつ見ても凄いですね。
もうケチの付けようがありまっせん。
この計ったように描く技法はどうやって制作しているのですか。
とても絵画としては信じられないのですよ。
まるで魔術師か手品師みたいですよね。
貴男を天才と呼ばず何と呼ぶといいたいです。
いくら絵が好きで練習したからといって、こうは描けませんよね。
感服仕りました。