愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.11

f:id:pione1:20200625105119j:plain

《庭のガブリエル》(1902年)オランジュリー美術館

f:id:pione1:20200627171146j:plain

《浴女》(1918年頃)

f:id:pione1:20200628172530j:plain

《ラ・グルヌイエール》(1868年)スウェーデン国立美術館

f:id:pione1:20200629175013j:plain

《水差し》(1892年)個人蔵

f:id:pione1:20200701073705j:plain

《りんご売り》(1890年)クリーグラント美術館

f:id:pione1:20200703074926j:plain

《レース編み》(1866年)ダラス美術館

f:id:pione1:20200703183158j:plain

《陽光を浴びる裸婦》(1875年)

f:id:pione1:20200709191550j:plain

《カリフラワーとザクロ》(1890年頃)個人蔵

f:id:pione1:20200709194207j:plain

《眠る浴女》(1897年)

f:id:pione1:20200710072006j:plain

《草深い坂道》(1875年)オルセー美術館
ルノワールさん、アナタの絵はまさにルノワールそのものだという作品と、えっ、これもルノワールってなものがありますよね。
人物を描くにも《レース編み》なんか、まったく違う画家が描いたかと思いましたよ。

然し、裸体像などは、どうしてバストは小さく、ヒップは大きいのですか。
それも極端に大きなヒップだと思いますが、これは好みなんでしょうか。

実際のモデルもこのような女性ばかり集めたとか、若しそうなら、一度見たいものですが関係者以外立入禁止ですか。