愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ポール・セザンヌ Part.6 

f:id:pione1:20200527173757j:plain

《ベレー帽の自画像》(1898-1900年)

f:id:pione1:20200528084243j:plain

《4人の水浴の女たち》(1877-1878年

f:id:pione1:20200530170355j:plain

《ジャ・ド・ブッファンの池』》(1876年)エルミタージュ美術館

f:id:pione1:20200530233608j:plain

《大水浴》(1898-1905年)フィラデルフィア美術館

f:id:pione1:20200531175257j:plain

《ギュスターヴ・ジェフロワ》(1895年)ギュスターヴ・ジェフロワ

f:id:pione1:20200602173911j:plain

《花と果物》(1872-1873年

f:id:pione1:20200603223040j:plain

《椅子に座った農夫》(1892-1896年)

f:id:pione1:20200605080302j:plain

《マルヌ河畔》(1888-1890年) エルミタージュ美術館

f:id:pione1:20200605083414j:plain

《積み重ねた骸骨》(1901年)個人蔵

f:id:pione1:20200605085355j:plain

《赤い服を着たセザンヌ夫人》(1888-1890年)

f:id:pione1:20200726164834j:plain

f:id:pione1:20200726164902j:plain

あれ、アナタ、いつの間にか第一後退になってしまったんですか!

これは切ないですね、米屋の父っつあんみたになっちゃって。

顔が反対だったら良かったのに。

頭は枯れて養分は顎にいってしまったんですね。

ロングロングあっごー、なんてね。

アナタの場合、あまり屋外で写生ばかりしていたので直射日光に当たり過ぎたのではないですか。

麦わら帽子は被って行きましたか。

然し、あまり細部に拘らないこういう絵は一枚あたり、時間はどの程度かかるのですか。

まさか、朝飯前なんて言うのではないでしょうね。