愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

フィンセント・ファン・ゴッホ  Part.19 

f:id:pione1:20200514081751j:plain

《花咲くモモの木》(1888年)クレラー・ミュラー美術館

f:id:pione1:20200522174045j:plain

《2人の耕す農夫(ミレーを模して)》(1889年) 

f:id:pione1:20200519171952j:plain

《マルメロのある静物》(1887-1888年

f:id:pione1:20200519192441j:plain

 《夜のカフェテラス

f:id:pione1:20200520084941j:plain

《アニエールのボワイエ・ダルジョンソン公園の小道》(1887年)ゴッホ美術館

f:id:pione1:20200520184533j:plain

《2本の切ったひまわり》(1887年)メトロポリタン美術館

f:id:pione1:20200521163223j:plain

《サン=ポール病院の看護主任トラビュックの肖像》(1889年)

f:id:pione1:20200522162551j:plain

《オーヴェルが見える葡萄畑》(1890年) セントルイス美術館

f:id:pione1:20200522173820j:plain

《刈る人と太陽のある麦畑》(1889年)

f:id:pione1:20200522180726j:plain

《自画像》(1887年)

私いつも思うのですが、毎日、毎日、僕らは鉄板のじゃないですが、こんなに絵具を大量に使っていて、さぞテオは仕送りに困ったということはないのですかね。

買うのではなく、ただ貰っているだけではね。

まあ、要らぬお世話と言われればそれまでのことですが。