愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ポール・セザンヌ Part.3 

f:id:pione1:20200307115758j:plain

セザンヌ夫人》(1885-1886年

f:id:pione1:20200320185055p:plain

《黄色の肘掛け椅子のセザンヌ夫人》(1893-1895年)

f:id:pione1:20200309014150j:plain

《リンゴのある静物》(1890年)

f:id:pione1:20200311110542j:plain

アルルカン》(1889-1890年頃)ワシントン・ナショナル・ギャラリー

f:id:pione1:20200313101419j:plain

《7人の水浴》(1900年)

f:id:pione1:20200314171201j:plain

アントニー・ヴァラブレーグ》(1866-1870年)

f:id:pione1:20200314175133j:plain

《赤いチョッキの少年》(1888-1890年)ビュールレ・コレクション

f:id:pione1:20200315100420j:plain

《オーヴェル・シュル・オワーズ》(1873年頃)

f:id:pione1:20200315194649j:plain

《大きな松のあるサント=ヴィクトワール山》

f:id:pione1:20200322104744j:plain

クレテイユの橋》(1894-1895年)

セザンヌはなにも山と果物ばかりを描いていたわけではありません。

ねん、セザンヌさん。

然し、先生の描く人物画というのは少し分かりづらいですよね。

奥さんの顔は面長という感じですが、失礼ながらあまり美人とは言えないような。

どちらかと言うと、あまり自画像を描かれるのが好きじゃなかったとか、そんなことはありませんか!

すみませんね、余計な口出しをして。