愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック Part.6 

f:id:pione1:20211008172119j:plain

f:id:pione1:20211012195530j:plain

ムーラン・ルージュラ・グーリュ》(1891年)

f:id:pione1:20211021231350j:plain

f:id:pione1:20211114092401j:plain

《マルセルレンダーがキルペリクで踊る》(1895年)

f:id:pione1:20211114111922j:plain

《キス》(1892年)

f:id:pione1:20211118114919j:plain

ル・バル》(1870-1880)

f:id:pione1:20211125091143j:plain

ムーランルージュを出るジャンヌ・アヴリル》(1892年) ワズワース・アテネウム美術館

f:id:pione1:20211204103417j:plain

疲労》(1896年) オルセー美術館

f:id:pione1:20211210100852j:plain

《フランソワ・ガウジ》(1886年) ビュールレ・コレクション

f:id:pione1:20211214112555j:plain

《小さな犬》(1888年) 個人蔵

ロートレックさん、明けましておめでとうございます。

ところでロートレックさん、アナタは自分の絵がこんなに有名になると思ってましたか。

また、友人のゴッホの作品を見てどう思っていたかお聞かせ願いたいものです。

ところで昔から、疲れて泥のゆうに眠ると言いますが、《疲労》という作品、まさにそれを物語っていますね。