愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.12 

f:id:pione1:20200715172106j:plain

《画家の母》(1860年) 個人像

f:id:pione1:20200716100421j:plain

《都会のダンス》(1883年)オルセー美術館

f:id:pione1:20200717101423j:plain

ルノワール夫人とボブ》(1910年) ワズワース・アテネウム美術館

f:id:pione1:20200717191938j:plain

《泉による女》(1895年)

f:id:pione1:20200721104735j:plain

《帽子の女性》(1915-1919年)

f:id:pione1:20200722173214j:plain

《日傘のリーズ》(1867年)フォルクヴァンク美術館

f:id:pione1:20200722174630j:plain

《水浴の女たち》(1910年頃)

f:id:pione1:20200723094924j:plain

《庭の女性》(1873年個人蔵

f:id:pione1:20200724184134j:plain

《夏・習作》(1868年)

f:id:pione1:20200728194300j:plain

《ブージヴァルのダンス》(1883年)

ルノワールさん、朝から巨大なお尻ですか。

貴方の描く女性って、70キロから100キロぐらいの人が多くないですか。

いや別に肥満体がどうだと言っているのではありませんが、一般においえ画家がモデルとして描く女性というのは理想形の人を選ぶとおもうのでね、ついこんなことを書いて絵しまいました。

然し、ダンスを踊っている人は平均的ですね。

ルノワール夫人とボブ》というのが貴方の奥さんですか。

良く描けていますね、だけどやっぱりほらね。

どうしてもふくよかな女性が好きだったと言わざるを得ません。