愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

パオロ・ヴェロネーゼ 1528年 - 1588年4月19日 

f:id:pione1:20201129182141j:plain

f:id:pione1:20201129181927j:plain

《ホロフェルネスの首を持つユディト(ホロフェルネスの頭を持ったジュディス)》(1580年) ウィーン美術史美術館

f:id:pione1:20201214194737j:plain

《カナの婚礼》(1562-1563年)

f:id:pione1:20211215180457j:plain

f:id:pione1:20201221105702j:plain

《ルクレティア》(1580年代)プラド美術館

f:id:pione1:20210113110436j:plain

《聖ヘレナの夢》(1580年) バチカン絵画館

f:id:pione1:20210207192051j:plain

《死せるキリスト》(1587-1589年) ベルリン絵画館

f:id:pione1:20210225141700j:plain

レパントの海戦》(1572年頃)ヴェネツィア・アカデミア美術館f:id:pione1:20210531182606j:plain
《悪癖を凝らすユピテル》(1553年頃) ルーヴル美術館 

f:id:pione1:20210610094631j:plain

ヴェネツィアへ贈り物を捧げるユノ》(1553-1554年) ドゥカーレ宮殿 

f:id:pione1:20210623180624j:plain

聖パンテレイモンの回心》(1580年頃) サン・パンタロン教会

f:id:pione1:20211002091547j:plain

《愛の寓意(幸せな結婚)》(1570年頃) ロンドン・ナショナル・ギャラリー
修道院の食堂をモデルとした、聖書に書かれた饗宴のエピソードを題材とした大規模な絵画群はとくに重要な作品となっている。
ルネサンス期のヴェネツィアで活動したイタリア人画家
私の苦手な中世宗教画家なんですかアンタ。
天使が出て来るような絵も描くんですか。
近代アートが好きな私にはどうもね。
まあ、はっきり言えば分らないんですよ。
あり得ないことを描いているわけですからね。
まあ、そんなことを言っては身も蓋もありませんが。
然しまあ、それどもこうして掲載しているわけだから許してください。