愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

エルンスト・ルートヴィッヒ・キルヒナー 1880年5月6日 - 1938年6月15日 

f:id:pione1:20200627100002j:plain

エルンスト・ルートヴィッヒ・キルヒナー

f:id:pione1:20200320094857j:plain

アルコール中毒の自画像》(1914年)

f:id:pione1:20200328172705p:plain

《カフェの庭園》(1914年)

f:id:pione1:20200405095335p:plain

 《アルプスの日曜日》(1923-1925年)

f:id:pione1:20200405115009j:plain 

f:id:pione1:20200423110812j:plain

ドードーと彼女の兄弟》(908年頃)

f:id:pione1:20200428171337j:plain

《フェーマルン島のアパート》(1910年)

f:id:pione1:20200506205300j:plain

《ベルリンの通りで》(1913-1914年)

f:id:pione1:20200516161753j:plain

《マルセラ》(1910年)

f:id:pione1:20200601164933j:plain

《モーリッツ城の水浴》(1909-1926年)

f:id:pione1:20200625075337j:plain

《火の傍に立つ裸婦》(1908年)

ドイツ表現主義の代表的画家なんて言われても、そんな難しいことは分かりません。

然し貴方、ナチスによって自分の作品が退廃芸術とされ「退廃芸術点」に作品が32点も出展されるなどしたことにもショックを受け、1938年、自宅でピストル自殺を遂げたというではないですか。

そのショックの気持ちは分かりますが、ただ、どこか退廃と不安の影を宿していることは確かだと思います。

然しそれを退廃芸術と決められたとあらばやるせないですよね、お悔やみ申し上げます。