居眠り狂志郎の遅読の薦め

未だ休読日に至らず

袴田事件を裁いた男 尾形誠規

 
戦後に起きた重大事件に関しては大抵の場合、少しぐらいの予備知識があるのだが、この袴田事件については名称以外は全く何も知らなかった。
先日、冤罪事件として拘置所から釈放される袴田さんを見て、どのような事件だったのかと思っていた矢先、この本の出版である。
 
事件は昭和41年6月30日、ちょうどビートルズ来日の最中に起こった。
静岡県清水市で味噌販売会社の専務宅が襲われ、一家4人を殺害、放火、現金が奪われた。
事件当日が給料日だったため、内部事情に詳しい者の犯行とみられ、逮捕されたのが従業員で寮住まいだった元フェザー級ボクサーの袴田巌(30)
 
この本は、死刑囚となった袴田を追うのではなく、主任裁判官として事件を裁いた左陪席判事の熊本典道(29)という元裁判官を追跡し、その悔恨と苦悩の一生を描いたルポルタージュ
 
冤罪の疑いが濃いとされた袴田事件、しかし合議の場で2対1で敗れ、無罪を確信しながら心ならずも断腸の思いで死刑判決文を書く運命に立たされ、結審後、自ら退官して野に下った。
司法試験にトップで合格するという秀才が、それからの約40年、酒に溺れ、2度の離婚とホームレスまがいの生活。
生活保護の申請にまで追い込まれた彼の人生は一転、元裁判官としての守秘義務を破りテレビ、新聞を通じて袴田事件の冤罪を積極的に訴えて出た。
 
そして、2014年3月27日、静岡地裁の決定が下され45年ぶりに袴田さんをテレビで見る熊本元裁判官。
袴田さんは長い拘置所生活ゆえの拘禁反応が見られ、熊本さんは痴呆症に罹り、思えばビートルズ来日など遥かな遠い昔。
この信じられない期間を冤罪として囚われの身となる恐ろしさ。
あってはならない、絶対にあってはならないことだ。
裁判長は言う。
 
「捏造する必要と能力を有するのは、おそらく捜査機関のほかにない」
「国家機関が無実の個人を陥れ、45年以上拘束し続けたことになり、刑事司法の理念からは到底堪え難い」
 
この見事な判決を下したのは村山浩昭裁判長。
ただ作者は言う。
熊本元裁判官が正義心からマスコミに名乗り出たのか、はたまた何かの売名行為か。
しかしいずれにしても当時から冤罪を疑っていた裁判官がいたことは事実なわけだ。
熊本さんには終生忘れられなかった母より教えられた歌があるらしい。
それは・・・
 
おちぶれて 袖に涙のかかる頃 人の心の奥ぞ知れたり
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟