居眠り狂志郎の遅読の薦め

喰う寝る読むだけの素浪人です

宇喜多の捨て嫁


下剋上と聞いて誰を思い浮かべるかと言えば、まず、斉藤道三と毛利元就だろうか。
その道三、かれこれ40年程前のこと、首が埋まっているという道三塚を見に行ったことがある。
長良川河畔での戦いで息子の義龍に破れ首を取られた。
対する元就は生涯を戦に明け暮れたにも関わらず、波乱に満ちた75年の人生を無事努め、病で没した。
戦国時代、並の知略では到底生き残ることが出来ないことを元就の人生が教えているようにも思う。
 
さて、今回の本、『宇喜多の捨て嫁』とは実にいいタイトルだと思って購入した。
権謀術数を駆使して戦国時代を駆け抜けた宇喜多直家を主人公に裏切りと策謀にまみれた男の生涯を六編の短編として複雑に絡ませながら描き、乱世に於いて滅亡していった家がどれほど多いかを考えさせられる1冊だった。
 
主家は勿論、家臣の離反や裏切り、または肉親との死闘。
これではいつ寝首を搔かれるか、現代人では到底務まる仕事ではない。
家が滅びるということは自分一人の死に止まらず、女子供にも類を及ぼす。
また、裏切りに対してはこんなことが書かれている。
 
「反逆者は三族皆殺しが、定法であろう」
 
親、子供諸共殺害ということか!
これでは堪らない。
荒木村重の謀叛が信長の怒りを買い、一族郎党がどのような悲惨な運命を辿ったか歴史が証明している。
怖ろしきは、狡兎死して走狗烹らるの譬えで、必要なときは重宝がられるが、用がなくなればあっさり捨てられる。
ともあれ、戦国時代というのは無慈悲で残酷、その処刑方法も言語に絶する。
 
時にこの本、是非にもお薦めとは言わないが、この作者、実によく勉強していると思う。
時代考証など驚くほどしっかりしたものだ。
例えばこんな言葉が出てくる。
 
「五逆」
 
親殺しのことだそうだが、初めて聞いた。
略歴を見ると、近畿大学理工学部建築学科卒業、凡そ文学とは縁のない学問のように思うが、どうしたわけか小説家の道へ。
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

橋本関雪邸の丸石

今年の3月だったか、京都にある日本画橋本関雪(1883~1945)の旧宅に行った折り、広大な庭園を散策していたら、こんな平ぺったい大きな丸石を見つけた。
何だろうと思い近づいても意味がよく分からず?
 
 
振り返ると、縁側にはこのパネルが!
 
 
よく見ると、なんとそこには宇野重吉裕次郎の写真!
実に驚き入り候とはこのことか。
嘗て、ここに二人が座っていたとは。
月日の流れを永遠に問う名石のようにも感じた。
 
どうしても気になったので、そのCMがいつ頃撮られたものか調べてみると。
昭和50年、宝酒造「松竹梅」のCMとある。
西暦にすると1975年、つまり42年前の写真になる。
当時、この宣伝を見たような記憶もあるが定かには覚えてない。
 
しかし感慨深い。
よろこびの酒、松竹梅の二人はもう居ない。
無情に時だけが過ぎ去り二人を連れて行ってしまったかのようだ。
偶然なる発見との出会い、それが旅の冥利か。
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

かの子繚乱

イメージ 1
 
瀬戸内寂聴という人は伝記文学の名手だ。
どの本を読んでもこちらをぐいぐい引き込む。
この『かの子繚乱』も傑作の一つだろう。

昭和の30年代だと記憶するが文豪谷崎に会いたいがため、舟橋聖一に仲介を頼んだと何かで読んだが、その谷崎の学生時代、同級生に大貫晶川(本名は雪之助)という才能ある作家が居たが若くして病没した。
この大貫の妹が岡本かの子である。
かの子は兄の影響や谷崎への憧れもあって作家を目指し、何とか谷崎に近づこうとするが、谷崎は徹頭徹尾かの子を嫌っていた。
同級生だった大貫の家に泊まりに行って、かの子が給仕に出てきた時、一言も口を利かなかったとか。
こんなことも言っている。

「実に醜婦でしたよ。それも普通にしていればいいのに、非常に白粉デコデコでね、着物の好みやなんかも実に悪くて」
 
と、もうぼろくそな言いようである。
谷崎のかの子への嫌悪感は、その容貌だけではなく存在そのものに対する生理的なものだったとか。
また、4年間の外遊から帰ったかの子は、町で会った友人に日本人の無作法ぶりをこう訴えている。

「いま私が銀座を歩いて来たら、みんなこっちを見て振り返るのよ。本当に無作法でいやだわ。外国じゃこんなこと絶対になくってよ」
 
その日、かの子の服装はと言えば真紅のイブニングドレスだった。
時は昭和初期、誰だって振り返るだろう。
更に、円地文子もこのように書いている。

「ねえ円地さん、小説を書いていると、器量が悪くなりはしないでしょうね」

 

しかし、このような度を過ぎた自意識過剰も夫の一平には童女のように見えたとあるが。
当時、かの子の生活は大変奇異なもの。
夫の他に二人の愛人と同居。
一平が下で二階に愛人を住まわせる離れ業。
しかしこれが意外と上手く機能していたから話しがややこしい。
そもそも一平が彼女に結婚を申し込んだ時、かの子の母親曰く!

「岡本さん、この子をお貰いになってどうする気です。取り出せばいいところのある子ですが、普通の考えだと随分苦労しますよ」
 
と言われたとか。
嵐山光三郎は書く。
 
「世にも稀な芸術一家」などと言われた岡本家の現実は『芸術の園』などではなく自己愛まるだしの女流作家と、その女に仕える二人の同居人と、一人のマネージャー、演出家たる夫の暗く澱んだ精神病棟のような家だった。
 
と結論付けている。
本書はこのあたりの経緯をこと細かに書いて怠りないが、岡本かの子という女性そのものが小説の題材として成り立ち、読者を惹き付けていることに彼女自身、あの世でどのような反応を示すか興味は尽きない。
かの子は50歳を前にして逝ったが晩年の作『老妓抄』にはこんな歌がある。

 

年々にわが悲しみ深くしていよゝ華やぐ命なりけり

 

これは名文だ!
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

T-SITE

我が街から文化が去って数年の時を経た。
文化!
何も大仰なことを言っているのではない。
唯一の書店とCD屋が撤退してしまったのである。
ブックオフなどさらさら無く、文化空洞化現象の街になって仕舞った。
 
だから休みを利用して行って来た。
丸ごと文化のビルへ!
以前、神奈川県辻堂の店へ行って以来、虜になってしまったT-SITE
CD、DVD、そして無数の書籍。
そうなんです、蔦谷書店なんです。
 
最近、桑田佳祐が歌っている『オアシスと楽園』じゃないが、将に私にとってのオアシスと楽園、T-SITE枚方店。
下の写真は戦後の枚方を撮った一枚。
 
それが今は、何とこの通り!
 
 

素晴らしい、素晴らし過ぎる。
閉店はPM11時。
来た甲斐があった。
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

ロンドン狂瀾

 
568頁もある弁当箱サイズの単行本、時間もかかり、かなり疲れた。
期待と意気込みだけではなかなか読み切れないので、義務感で突破するしかない。
通常、この問題は昭和前期の歴史として重要な課題なのだが、殆ど省略されて、一頁ほどで済まされることが多いが、それを何と568頁のロングバージョンに拡大、これは読まねばと思ったが、どうも最近は体力的に疲れる。
将に読書は格闘技だと言われる所以だ。
 
さてと、本題だが読むのに疲れ書くにも疲れそうな題材か。
ここに取り上げられているのは、昭和5年にロンドンで開かれた海軍軍縮会議と、その後に起きた統帥権干犯、そして濱口首相遭難の問題だが、この時代、日本にとって大正期から続く政党政治の頂点で二大政党による政権交替が憲政の常道だった最盛期。
それが統帥権干犯に端を発し、血盟団事件へと発展し政党政治の終焉に到り、後は歯止めの利かない暴走に発展して敗戦となって行くわけだ。
 
では一体、何があったのか。
まず、ロンドン軍縮会議とは何か?
大正10年、先のワシントン会議で、主力艦(戦艦)、空母の建造、保有数についての制限協定が成立、しかし、補助艦艇(巡洋艦や潜水艦等)については未決のまま、その問題を日・英・米・伊・仏の主要海軍国で取り決めようと集まったのがロンドン会議なのだが、主に日・英・米で紛糾。
 
国内状況はというと政権は民政党濱口雄幸が首相、外相に幣原喜重郎、蔵相は井上準之助海相は財部彪(たからべ たけし)という布陣。
全権代表は元首相の若槻礼次郎
野党政友会の党首は犬養毅
 
会議の結果、対米英比率、六割九分七厘五毛と折衷案が決まり代表団は帰国するが、問題はここから。
条約批准には枢密院の諮詢が必要。
更に国内の抵抗勢力の説得。
条約批准派と反対派の内訳を書いておく。
 
批准派。
 
反対派。
海軍大将伏見宮博恭王、元帥東郷平八郎、海軍軍令部長加藤寛治、政友会党首犬養毅、幹事長、森恪(もり かく)、鳩山一郎頭山満、枢密院顧問官金子堅太郎、伊藤巳代治、平沼騏一郎ら。
 
簡単に言えば対立の構図はこうなる。
批准派、元老、首相、海相
反対派、元帥、軍令部長、枢密院。
 
当然、批准派は反対派の急先鋒、東郷元帥らを説得に回るが功を奏さない。
東郷は国民的英雄にして神様、そして大艦巨砲主義
それどころか不満を顕わにした軍令部では統帥権干犯を持ち出し、国内世論は二分。
明治憲法下では内閣が国務について天皇を輔弼、軍令部長参謀総長は統帥事項について天皇を輔翼し、両者は同等の立場。
尚、軍令部長参謀総長天皇に直々意見を具申出来る帷幄奏上権が与えられていたわけで、今回の条約案は内閣の権限外であり統帥権に干犯していると言い、憤慨した右翼などがテロルを引き起こす動機を作ってしまった。
 
もう少し具体的に言うと、「天皇ハ陸海軍ヲ統帥ス」というわけだから、憲法に明示されていたわけではないが、軍部の作戦立案や指揮命令は、国務大臣の輔弼すべき事柄にあらず、即ち、内閣、陸海軍部大臣、軍の行政事務、予算編成等について責任は負うものの、作戦、用兵に関しては権限外というわけである。
つまり、軍縮条約批准は政府の権限外、それ故、統帥権干犯になり得るという見解。
だから、それを犯した濱口首相を殺す。
 
そんな時代なんですね。
その後、蔵相井上準之助も暗殺され、政友会の犬養毅も暗殺される。
軍縮、財政の立て直し、健全化を図った濱口総理。
しかし、貧困に喘ぐ国民を救えなかった責任など、どう考えたらいいのか、当時の政局があまりにも混迷して解りづらいが、私みたいな素人には判断が出来ない。
ただ、濱口総理が命懸けであったことは認めたい。
銃弾に斃れたときに言った言葉は有名だ。
 
「男子の本懐だ」
 
最後に著者の経歴を見るに、1968年生まれというから驚く。
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位を取得。
なるほどね!
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

村山たか女創建の弁天堂

 
長野主膳、島田左近と言っても今日では知る人も少ない。
大老井伊直弼の家臣として暗躍したが攘夷派から憎まれ大老暗殺後、長野主膳は斬首、島田左近は木屋町二条で殺害された。
その、井伊直弼との関係では外せない人物、それが村山たか女だ。
女性ということで命までは取られなかったが三条河原に三日三晩晒され、身代わりに息子が岡田以蔵に殺される。
 
その後、洛外一乗寺の金福寺で出家したらしいが、その所縁の寺に行って来た。
記録によると明治九年に亡くなったとあるが、大老暗殺の一報を聞いた時の衝撃は如何ばかりであったろうか。
あの岡田以蔵に捕まっては生きた心地がしなかったろうに。
しかし、侘しい寺の佇まいで維新後の九年間、どのような気持ちで生活していたのか。
 
幕末史の遠い闇の中に微かに浮かぶ村山たか女。
知って嬉しい金福寺への旅だった。
 
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

殉愛 原節子と小津安二郎

 
本来なら『純愛』と書くのが通常だが敢えて『殉愛』と表記するところに意味深なもを感じる。
並々ならぬプラトニックな愛が存在するかのようなタイトルだが、果たして本当のところはどうなんだろうか。
殉愛とは愛に殉ずるということからして、余程深い思いがないとこうは言えない。
愛情の極みは尊敬と共にあるが、決して男女の一線は超えないということか。
これは難しい。
概して映画監督と女優の結婚は決して珍しいことではない。
好きになったら自分の物にしたい、これは人情。
 
吉田喜重岡田茉莉子周防正行草刈民代篠田正浩岩下志麻大島浩小山明子など有名だが、小津監督に言わせると、ちょっと違ってくるようだ。
 
いい女っていうのは、いつでもいい女なんです。
例えば、ご飯を食べているときでも、寝ているときでも、何をしているときでも、いい女じゃないといけないんです。
だから、結婚したりすると、自分がいい女だと思ってた人の、例えば悪いところが見えてきますよね、どうしても。
それが、嫌なんです。
 
女優とは一緒にならないで、離れて見ていた方がいい。
 
人とちぎるなら、浅くちぎりて、末までとげよ
 
と言うのが小津さんのポリシーだが、では、原節子の方はどう思っていたのか。
監督とは一緒にならないで、離れて見ていた方がいいとは思っていないと思うが。
誰かの、或は、片方の一言でゴールインという緊張状態に置かれていたと思うのは私の穿った見方だろうか。
昭和32年のインタビューではこう答えている。
 
ほんとうにくれぐれも申し上げますが、決まった相手なんかひとりもおりません。
第一、来てくださいませんわ、私のところへなんか。
もう、私は払下げですものね。
 
随分とへりくだった意見だ。
ともあれ、小津さんは原節子に対し生涯独り身を貫いて欲しかったのだろうか。
結果的に二人は独身のまま、その生涯を閉じた。
 
ところで『晩春』『麥秋』に登場する北鎌倉の駅舎は昭和5年の創建当時と今も変わらぬ姿を保っているらしい。
何故か、変えたくとも変えられない事情がある。
明治22年、有事の際、軍は中国への物資輸送を目論んで、横須賀線を緊急に設置。
その時、最短距離を望むあまり、円覚寺の意向を無視して、敷地内に強引に割り込んでレールを敷いてしまった。
つまり、駅は寺の境内にあるわけで、そのお蔭で今日も変わらぬ姿を留めているとも言える。
 
数年前、その円覚寺に小津監督のお墓を訪ねたことがある。
 
 
墓石には一文字「無」とあるが、何故、無なのか?
本にはこのようなことが書かれている。
 
中国戦線で『暗夜行路』を読み、激しい感動に襲われる。
時任謙作の虚無的な性格は、中国で地獄を見た小津にとっては、以前にもまして、身近なものになっていた。
5月20日、小津は南京に着いた。翌日の夕方、古刹鶏鳴寺を訪れ、そこで、寺の僧に揮毫してもらった。その字は、「無」の一字であった。
 
なるほど、そういう謂れだったんですね。
時に思うのだが、私は人の死が残された者にとって何を齎すかということを知りたくて、このように繰り返し評伝を読んでいるのかも知れない。
小津監督の通夜に現れて以来、50年余、一切、公の場所に姿を見せず、郵便局以外は殆ど外出もせず、義兄の敷地内に自分の家を建て、半世紀以上も隠遁生活を送って来た原節子とは一体どのような女性だったのか。
せめて、自叙伝でも残して欲しかったものだ。
結局、小津さんへの思いは封印されたまま棺の蓋は閉ざされてしまった。
 
原節子こと会田昌江は大正九年、二男五女の末っ子として生まれている。
映画界入りは監督だった義兄の熊谷久虎の進めによるもの。
その原節子の永遠の美は小津監督によって惹き出されたものなのだろう。
個人的なことながら、私は洋画ファンだが、世界最高峰の映画は何かと訊かれれば、迷わず『七人の侍』と答える。
しかし、今日的な評価では、その位置づけは『東京物語』になるらしい。
フランス映画の『天井桟敷の人々』を押さえて堂々の栄冠。
 
では何故、私には小津映画の良さがイマイチ理解出来ないのか。
著者はこのように書く。
 
年齢を重ね、小津映画を見てほっとするのは、日本人として後に続く者に教えておきたい、こうした日本人の規範を、きちんと描いてくれているからだろう。
 
うむ・・・!
黒澤映画の動に対して小津映画は静のイメージが強い。
成瀬巳喜男溝口健二以上に小津作品というのは間が長いように思えてしまい、どうしても黒澤作品と対比してしまう。
小津監督が生涯を通じて描いてきたものは「家の崩壊」、即ち、結婚、離婚などによる家族の離散ということかと思う。
 
かくして、昭和38年12月12日、原節子司葉子岩下志麻岡田茉莉子などの見舞いも空しく、小津さんと永遠に旅立った。
その日は奇しくも小津安二郎の満60歳の誕生日。
号泣する佐田啓二杉村春子
翌日の通夜に顔を出した原節子は。
 
「玄関での原の号泣は外まで聞こえてきた」
 
という証言がある。
人とのお別れは本当に悲しい。
日本映画史に残る、小津安二郎原節子の出会いと別れは配剤の妙ということなんだろう。
最後に、こんな場面を思い出した。
昭和47年3月26日、同じく60歳で逝った森川信
臨終の床で三﨑千恵子と倍賞千恵子「死なないで!」と号泣していた。
 
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟