愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

夜よ、さようなら―パリ娼婦の自伝 ジャンヌ・コルドリエ

f:id:pione1:20200129103404j:plain

本書は1979年の発売らしいが、まあなんとも文字の小さい事。

さらに上下二段組みで今月は殆どこの本で苦労したと言ってもいい。

毎年、年初に当たって敢えて手古摺るような本で、今年もやるぞと意気込むのだが、今回はほとほと参った。

故に最近、読書感想文が途絶えてる所為なのだ、じつは去年読んだ本も、まだ4冊感想を書いてない。

ともあれ完読できてホッとしている。

なんでも1976年夏、売春婦として生計を立てていたジャンヌ・コルドリエという女性の異色の自叙伝の発売とあってフランスでは爆発的な売り上げを得たらしい。

1966年に23歳とあるので、かなり若い女性だが、日記ではないので目次がなく、2~3行開けたら突然、登場人物、場所などが変わって、やや読みづらい。

だが内容は壮絶で売春のセンターパリで日々、約60人の客を相手にして稼ぐというから、かなりな重労働になる。

多い時には104人と書いてあるので、強制連行でもないのに、そんなことが出来るものだろうか。

客筋も必ずしもまともな人ばかりではなく、集団で暴行された挙句、仕返しに仲間の男たちにに頼み、暴行した連中にリンチを加えるなど、まあ殆どヤクザの世界だ。

それもその筈、彼女らに例外なくヒモが付いている。

これが不思議でならない。

稼ぎが悪いと殴る蹴るの暴行を受けるのになぜか逃げることが出来ない。

殆どのヒモが前科持ちでロクな奴がいないのに、逃げても捕まってしまうからか、万が一のためにもこのようなヒモと、つるんでいた方が身の安全を保てるからなのか、いずれにしても稼ぎの殆どはヒモに渡さなけれなならい、まったくやってられない家業だ。

当時はビートルズの全盛期だが、彼らのデビュー前、よくドイツのハンブルグへ出張していたが、ハンブルグも似たような歓楽街だったと物の本には書いてあった。

売春は必要悪なもので、なければ無いで困るのは男性ばかりとは限らない。

驚くのは、この世にはあまりに多いサディストとマゾヒスト、そして性的倒錯者、これらはこの世界に働くからこそ、人間の本性を見ることが出来るのであって、昼間、普通の会社員が意外な性的趣味を持っている証拠だろう。

下半身は別人格と言われるように、何となく納得できる。

が、この世界は危険極まりない。

一歩、売春窟に入ると、客とてあぶない。

交渉の段階で舐めた口を叩くと、売春婦から袋叩きにあってしまう。

一般人が知らない世界を興味本位に覗き込むという面では興味深い本だが、彼女らに幸せな将来があるのか考えてしまう。

著者も書いているように、生まれながらにして売春婦だったという人はいないはずだが、何が彼女らをそうさせたのか?

最後にジャンヌ・コルドリエは自らを売春婦と呼ばず淫売婦と呼んでいるが、売春婦より淫売婦の方が下位に置かれているような書き方で、自然言葉使いも荒く、人種的差別なども出て来る。

ある面、やむを得ない社会なのかも知れない。

 

絵画ヌード part6 

f:id:pione1:20191218185034p:plain

ブグロー《After the Bath》

f:id:pione1:20191218190040j:plain

エルンスト・ルートヴィッヒ・キルヒナー《半分の露出)(1911年)

f:id:pione1:20191225085543j:plain

 ジョージ・ベローズ《Nude with Fan》

f:id:pione1:20191228190201j:plain

ジョアン・ユリウス・エクサー

f:id:pione1:20200104124531p:plain 

f:id:pione1:20200106105506j:plain

ジャン・ガブリエル・ドメルグ

f:id:pione1:20200109090311j:plain

f:id:pione1:20200109092358j:plain

 カミーユ・ボンボワ

f:id:pione1:20200111185056j:plain 

f:id:pione1:20200113193854j:plain

アンリ・マティス

私にとっては裸婦という題材は、むしろリアリズムに描かない方が難しく感じるが。

然し、この中ではだらしなく足を組んで新聞を読む女の絵が一番いい!

 

知られざる絵画 part3

f:id:pione1:20200102170236j:plain

エドワード・R・テイラー (14 June 1838 – 11 January 1911)

f:id:pione1:20200103182149j:plain

アンドレ・ドラン  (10 June 1880 – 8 September 1954)

f:id:pione1:20200111182713j:plain

ボルディーニ《マルト・ビベスコ公爵夫人》

f:id:pione1:20200112191133j:plain

ルフレッド・ステヴァンス《マリア・マグダレネ》(1887年)

f:id:pione1:20200126194747j:plain

 フランク・ディックシー《バイキングの葬儀》(1893年

f:id:pione1:20200126200134j:plain

クロード・ジョセフ・ヴェルネ《パレルモ港の入り口、月夜》(1769年)

f:id:pione1:20200126200406j:plain

ヴェレシチャーギン《敗北。パニヒダ。》

f:id:pione1:20200126200659j:plain

トマス・エイキンズ《踊りのレッスン》(1878年

f:id:pione1:20200126201057j:plain

ピエール・ピュヴィス・ド・シャヴァンヌ《放蕩息子》(1879年)

f:id:pione1:20200127184851j:plain

Ralph Hedley 《反対の前提の議論》(1913)

まったく知らない画家の絵を鑑賞するのも面白い。

確かに言われるとおり、こうして見ていると有名無名を問わず、画家はごまんと居るわけだ。

 

ミュージシャン ギタリスト 

f:id:pione1:20191011182407j:plain

BB King 1969.

f:id:pione1:20191011182444j:plain

マディ・ウォーターズ

f:id:pione1:20191206191012j:plain

ジミ・ ヘンドリックス

f:id:pione1:20191206191153j:plain

デヴィッド・ギルモア

f:id:pione1:20191206191330j:plain

ウェス・モンゴメリー1965

f:id:pione1:20191206191454j:plain

ドン・フェルダー

f:id:pione1:20200119210902j:plain

エリック・クラプトン

f:id:pione1:20191217181035j:plain

プリンス

f:id:pione1:20191218183733j:plain

ジミー・ペイジ

f:id:pione1:20200104110923j:plain

Kurt Cobain tunes up, 1992

成りたかった職業のひとつですね。

目に浮かぶようです。

マジソンスクウェア・ガーデンで天才ギタリスト、マルデ・ダメオの姿が。

世界を唸らせ史上かつなない超絶な演奏を、観衆は水を打ったように静かに聴いている。

いや、聞き惚れている。

そんな夢は描いたこともありませんが。

何しろ彼らはカッコよかった!

ストレスで白髪

私が漫画を最後に手にしたのは『明日のジョー』の最終回で、テレビでは放映しなかったバンタム級チャンピオンのホセ・メンドーサとの激闘を描いた名作を読んで終わった。

試合は判定に持ち込まれ、チャンピオン、メンドーサの勝ちと決まった瞬間、丹下段平が言う。

 

「惜しかったなジョー、おいジョー、どうしたんだジョー~~~」

f:id:pione1:20200127111708j:plain

これがラストの場面だが、ジョーの髪の毛は真っ白になっている。

負けても満足だったという笑みを浮かべて。

人間、大病後に白髪が急に増えるなんていうこともあるが、今回、こんなニュースが出た。

 

【ニューヨーク時事】フランス革命で処刑された王妃マリー・アントワネットは、処刑前夜に一晩にして白髪になった―。こんな言い伝えがあるほど、強いストレスと白髪は関係が深いと考えられている。米ハーバード大の研究チームはこのほど、ストレスが白髪をつくるメカニズムを解明し、22日付の英科学誌ネイチャー電子版に論文を掲載した。

 研究チームはマウスにストレスを与え、白い毛が生えてくる過程を観察。ストレスを感じると放出される神経伝達物質ノルアドレナリンが、毛根付近の細胞を過剰に活性化させることが原因だと突き止めた。

 毛根付近にある幹細胞は通常、髪が生える過程で徐々に色素細胞に変化し、髪の色素を生成している。ところが、ノルアドレナリンによって過度に活性化すると、急速に色素細胞へと変わり、枯渇してしまうという。

 研究チームは、今回解明されたメカニズムが「ストレスが体の他の部位に与える影響を理解することにもつながる」と期待している。 

 

フィンセント・ファン・ゴッホ part9 

f:id:pione1:20200113195730j:plain

《オリーブ摘み》(1889年

f:id:pione1:20200113202228j:plain

 《白と赤のカーネーションのある静物

f:id:pione1:20200115180643j:plain

 《小説の読者》(1888年

f:id:pione1:20200116100651j:plain

《古い風車小屋》(1888年

f:id:pione1:20200116122452j:plain

ムーラン・ド・ラ・ギャレット

f:id:pione1:20200117190837j:plain

静物:画板、パイプ、玉ねぎと封蝋》(1888年

f:id:pione1:20200118193801j:plain

《アルルの見える花咲く果樹園》

f:id:pione1:20200119011236j:plain

《レ・アルピーユ、サウス・レメ近くの山の風景》

f:id:pione1:20200119202502j:plain

《黄色い紙の上の燻製ニシン》

f:id:pione1:20200120094552p:plain

《サント=マリーの海の風景》

ゴッホの絵はバリエーションが広い。

キャンパスを持って、さあ今日も出かける。

然し、どんな起点で感性を捉え、よし、今日はこれだと決めていたのだろうか。

「今日は、何でこれなんですか?」

と、訊いてみたい。

Chantal Chamberland  ♬Smoke Gets in Your Eyes


Chantal Chamberland - Smoke Gets in Your Eyes

f:id:pione1:20200126184947j:plain

歌い手はカナダ人のシャンタル・シャンベラン。

曲は聴いたことありますよね、『煙が目にしみる』です。

モデルはボンドガールにもなったレア・セドゥ、美人ですね!

168㎝で34歳のフランス人。

今宵は、彼女とジャズ・バーに行くために、さっきから何度も電話、lineで連絡をとっているんですが、電話に出ない、既読にならない。

困ったもんです。

まあ、それはともかく、こんな落ち着いた曲がかかる静かな店で、カウンターの淵に座り、目立たないように読書がしたいですね。

彼女が吸うタバコの煙が目にしみてもいいから。