居眠り狂志郎の遅読の薦め

喰う寝る読むだけの素浪人です

ジャン・ギャバンと呼ばれた男 鈴木明

 
凡そ30年程前のこと、それまで務めていた会社を辞め、急に無職になってしまった私は取り立ててこれといってやることもなく、さりとて直ぐ職探しに奔走する気にもなれず暫くブラブラしていたが、ある本を買ったことから急にアグレッシブに行動するようになった。
生活状況を一変させた本とは!
 
『大アンケートによる洋画ベスト150』
 
昔から映画鑑賞が趣味だった私は大方の名画は見て来たと自負していたが、どっこい、この本を見て驚いた。
洋画とは、つまり邦画意外全てということで米、英、仏、伊は勿論、スペイン、ギリシャ、ロシア、ポーランドなど世界中の150作品ということなので見たことも聞いたこともない映画名が複数出て来た。
翌日からビデオ屋を駆けずり回ったが当時はまだTSUTAYAもDVDもない時代。
品揃えも悪く店も小さい。
しかし、未見の作品はどうしても探し出したい。
全軍に檄を飛ばし叛乱部隊を率いて首相官邸にではなく一人とぼとぼビデオ屋巡り。
 
更にである、1位にランク付けされたのはハリウッド映画ではなくフランス映画の天井桟敷の人々』で、その予想外たるや!
以下、30年前のベスト30作品を掲載しておく。
 
2位  第三の男
3位  市民ケーン
9位  駅馬車
12位  望郷
15位  黄金狂時代
16位  モダン・タイムス
17位  道
21位  旅芸人の記録 
24位  チャップリンの独裁者
25位  甘い生活
27位  街の灯
29位  ベニスに死す
30位  女だけの都
 
順位表を見て思うのはオーソン・ウェルズチャップリンの才能ではなかろうか。
チャップリンは4作品ランクインさせウェルズは2作品ながら2位と3位に着けている。
ウェルズが恐るべき天才児と言われる所以だろう。
二人の作品だけで言うなら個人的には断然『街の灯』を推したい。
 
逆にさっぱり理解出来なかった映画もある。
ポーランド映画灰とダイヤモンドギリシャ映画の旅芸人の記録で、特に旅芸人の記録は長編で間が長く会話が非常に少ない作品で、どこが名画なのか全く理解できなかった。
実のところ150作品の中にはまだまだ理解できないものも多々ある。
例えば戦前のマルクス兄弟作品やカリガリ博士、またはスペインのミツバチのささやきなど理解に苦しむものもばかり。
 
話しがかなり逸れているがベスト30の中にジャン・ギャバン主演作品は2つ。
映画史上に名高い名作として知られている大いなる幻影『望郷』が私の記憶には何ら留めていない。
大いなる幻影』の監督は巨匠ジャン・ルノアール、画家ルノアールの二男として有名だが、その良さを知るには30年経った現在、もう一度も見直さないと分からないと思う。
何しろ、今日からみると80年前の作品になるわけで。
本書の初版は91年10月。
著者の本を読むのは3冊目で、古い話しだが18歳の時だったか、叔母の家にあった『「南京大虐殺」のまぼろし』という本を貰った記憶があり、それ以来、数十年の時を経て今年『リリーマルレーンを聴いたことがありますか』という作品を通じて本書を知りAmazonで取り寄せたが著者は既に亡くなっている。
 
本書に拠るとパリ・モンマルトルの一角に100年前の面影そのままにジャン・ギャバンの生家は存在しているらしい。
ギャバンは1904年5月17日、役者稼業の父と歌手だった母の第七子として生まれているが夫婦にとっては最後の子供で、既に上4人は他界していた。
母エレーヌが死んだのは1918年の秋、激戦地ヴェルダンでペタン将軍率いるフランス軍がドイツ軍を打ち破った日とあるから終戦間近のことだろう。
 
ところで大杉栄が偽パスポートでマルセイユに現れたのは1923年2月13日。
ギャバン19歳の時で二人はかなり近距離に居たことになる。
大杉によると「女」はすぐに手に入ったとある。
その理由として大杉は「フランスの結婚件数」という統計を残している。
 
20年 62万
21年 45万
22年 38万
 
つまりフランスは大戦で決定的な打撃を受け女ばかりが余り男が激減、若きギャバンも遊びまくっていた。
ギャバンが俳優としてデビューするのは戦前の三大シャンソン歌手ミスタンゲットのオーディションを受けたことに始まるらしい。
因みに他の二人はモーリス・シュバリエとジョセフィン・ベーカー。
以来、ギャバンは生涯95本の映画と8本の芝居に出ているが、多くの作品が日本未公開となっている。
『望郷』『大いなる幻影』を除く主演映画で日本人にとって有名なものと言えば以下のようなものか。
 
・地の果てを行く
・ヘッドライト
・地下室のメロディ
 
往年の映画ファンでフランス人俳優の大スターと言えば、シャルル・ボワイエ、ジャン・ギャバンイヴ・モンタン、その下にアラン・ドロンジャン・ポール・ベルモンドということになると思うがギャバンは自分の後継者にベルモンドを指名している。
ベルモンドと言えば『勝手にしやがれ』『ダンケルク』『気狂いピエロ』『パリは燃えているかが有名だが、私個人はカトマンズの男』を挙げたい。
中学の時に見たのだが、これが大爆笑の作品で記憶から離れない。
そのベルモンドとギャバンの唯一の共演作冬の猿という作品は日本未公開。
 
話しは戻るが『大いなる幻影』は37年作品、本書には世界映画史上燦然と輝く名作とあるが、あまり記憶に残らなかった私は鑑賞力が足りなかったのだろうか。
私を強く惹き付けたギャバンの映画はこちらだったんですが。
 
 『ヘッドライト』
特別ストーリーは書かないが、この時の哀愁に満ちた演技が忘れられない。
さて、話しが長くなっているがまだ続けたい。
ギャバンが共演した女性を二人ばかり検索してみた。
 
ミレーユ・バランと
 
 
ミシェル・モルガンだが、何か見たことがあるような女性。
強い眼差しですね。
 
そして大戦勃発!
1939年9月1日、ドイツ軍はポーランドに侵攻、ダラディエ内閣は積極策を取らずギャバンを含めフランス人はヒトラーと全面対決するなどあり得ないと思っていた。
ポーランドとフランスは攻守同盟を結んでいたがダラディエ内閣は即宣戦布告しなかった。
だが、動員令だけは即日発令し人口5000万に対して600万という桁違いの数字。
翌2日、ギャバンの下にもシェルブール海軍基地に入隊すべし」という命令書が届く。
 
時にギャバン35歳、老兵の二等兵曹だった。
フランスがドイツに宣戦布告したのは3日午後5時。
仏軍は専守防衛マジノ線さえあればドイツ軍の進撃を防げると信じていた。
しかしドイツ軍は中立国のオランダ、ベルギーを抜け一気にフランス領土に侵入。
所謂、電撃作戦で、その間、フランスは600万の兵士を前線く釘付け、ただ飯を喰わせていた。
ギャバンは40年4月、一発の弾丸も発射することなく帰還。
そして6月17日、フランスは無条件降伏。
 
大戦中、嫌いだったハリウッドに渡りディートリヒが生涯を賭けて愛する男になったギャバンは戦後も活躍し、76年11月15日、72年の生涯を閉じる。
生前、大統領が招待したエリゼ宮のパーティを断ったギャバンだったが、ジスカールデスタン大統領は特例を持って司令官だけに許される海軍葬で遺骨を遺言通り大西洋上にばら撒いた。
大統領は苦笑いしながら言ったという。
 
「フランス大統領に、二度も恥をかかせるような二等兵曹は、もう二度と現れないだろうね」
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

エディット・ピアフという生き方 山口路子

 
何の問題も起こさず真面目に生き抜くということはいい事だと思うが、反面、ゴシップとスキャンダルに彩られたこのような人たちをどう見ればよい。
ビリー・ホリディ、ジュディー・ガーランドエラ・フィッツジェラルドマリリン・モンロービビアン・リージャニス・ジョプリンなど枚挙に暇がない。
 
ジェームス・ディーンは車のCMで「運転には気を付けろよ」といいながらスピードの出し過ぎで激突死。
ビビアン・リーは殆どストーカーに近く、結婚離婚を繰り返し複数の子供を持ったエリザベス・テーラー
複数回結婚して子供を残さなかったモンロー。
 
だが、奔放な男女関係を送ろうが、酒、ドラッグ、セックスに溺れようが彼等の名声に変わりはない。
ピアフが路上で生まれたかどうかは別にして、あの小さな体で世界を魅了、しかし薬物依存から抜け切れず47歳で死去した頃は老婆のようだった。
彼女が遺した偉業、それは歌ばかりではない。
アズナブール、モンタン、ジョルジュ・ムスタキやフランシス・レイなど才能ある無名の新人を発掘するのが上手かった。
 
だが理解出来ないこともある。
あれほどまでに引っ切り無しに恋愛が出来るものだろうか。
身長147㎝で決して美人ではないが男を絶やしたことがない。
中でもマルセル・セルダンの死をどう見たらいい。
世界チャンピオン後の突然の飛行機事故。
ピアフは発狂寸前だった。
自殺しなかったのが嘘のようだ。
あれほど孤独を嫌い淋しがり屋の女が。
 
激動の人生を歩んだ女は数多く居るが、とてもじゃないが、あのようには生きられない。
彼女は言っている。
 
「もし生まれ変わったら、また同じ人生を歩みたい」
 
著者は書く。
 
「恋愛激情期を超えたところに真実の愛があり、それは激情とは無縁の安定した心穏やかな世界なのだという人もいる。ピアフはそういう愛には適応しなかった。彼女がそれを軽蔑していたのでも、避けていたのでもない。むしろそれを得たいと思っていた。けれど結果的に適応しなかった」
 
私自身は、今まで型に嵌り切れない破天荒な女性をあまり見たことがない。
大の男好きという女性なら何人か知っているが破滅型に生きる人は知らない。
果たしてこういうタイプの女性と巡り合ってしまったら男はどうしたらよいのだろうか。
一度、経験するのも一興か!
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

対馬丸 大城立裕

 
学童疎開船は非軍事の観点から戦闘行為には参加せず『戦時国際法』からいっても攻撃対象にはならないはずだった。
にも関わらず昭和19年8月22日22時23分、悪石島近海で敵潜水艦から3発の魚雷攻撃を受け海の藻屑となったが、この事件は国際法違反に問われなかった。
敵の艦長が学童疎開の徴用船とは知らなかったばかりか、運の悪いことに対馬丸には僅かではあるが軍人と軍需物資を載せていた。
 
乗船者1661名中、学童は800余名で生き残った児童はたった50名余りだった。
米軍の沖縄上陸は必ずあると踏んだ軍部は老人子供など非戦闘員を強制的に本土疎開させようと親を説得したが、沖縄戦といっても漠然として実感がわかず、我が子と離れ離れになるのには抵抗感があった。
更に沖縄近海には敵潜水艦が頻繁に現れることも周知の事実だった。
 
果たして安全に本土に渡れるのかどうか誰でも迷う。
しかし軍の意向もあり市長は校長に対し半強制的疎開を迫る。
海軍の護衛もあるということで親御さんたちも渋々同意。
しかし悲劇は起こった。
 
魚雷命中という衝撃は私たちには解らないが沈み行く船上から大人たちは無理やり子供を海に投げ込んだ。
 
「筏でも何でも掴まってとにかく船から離れろ」
 
それからというもの飲まず食わずで何昼夜も海中に浮いて救助を待つ。
多くの者が鱶に襲われ夜は寒く昼は直射日光に悩まされ、疲れて眠る者は打ん殴られて叩き起こされる。
睡魔は即ち死を意味する。
対馬丸撃沈の報が伝わるや親たちは大混乱。
敢えて疎開せず、翌年の沖縄戦まで残った人も数知れず。
行くも地獄、残るも地獄とはこのことか。
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

黄昏のビギンの物語 佐藤剛

 
今でこそ全くカラオケに行かなくなったが以前は『君こそわが命』と『宗右衛門町ブルースを十八番にしていた時期があった。
本来はサザンを歌いたいのだが声質が合わず、どうも演歌調の歌が得意で、何かと言えばよく歌い、またよくリクエストされたものだ。
水原弘の『黒い花びら』を知ったのはいつのことか記憶にないが、知っての通り第1回レコード大賞受賞曲で作曲:中村八大、作詞:永六輔
 
と言っても当時はレコード大賞そのものが世間に認知されておらず、当の水原さえレコード大賞、何それ?」ってなものだった。
作曲家協会の古賀政男服部良一は、今までになかった日本のポップスを是非受賞させるため、まだ協会員でなかった中村八大を会員に引っ張り込み、どうしてもこの曲を受賞させたかったらしい。
大賞を獲るためには協会員であることが必要条件。
 
余談だが個人的には中村八大が国民栄誉賞を受賞出来なかったのが未だに疑問。
昭和30年代八・六コンビでどれだけの名曲を世に送ったことか。
更に坂本九を入れると六・八・九と言われる時代だった。
 
まあ、それはともかく本来なら名曲『黒い花びら』を歌いたいところだが何と言っても水原の歌唱力は絶品で真似できない。
彼の歌唱法は音符に言葉を乗せるというよりは、少し後から、テンポをキープしながら歌う、いわゆる“ため”を効かせたアフター・ビートで歌うため、どのように練習してもあのようには歌えない。
簡単に言えば僅かだがメロディより歌唱の方が遅れて出てくるような感じに聴こえる。
 
それをじっくり聴くため水原弘のベスト盤を購入したことがあった。
『君こそわが命』『黒い花びら』以外にも気に入った曲が2曲、『五月のバラ』と『黄昏のビギン』で、どこかで聴いたことがある曲だとは思ったが水原弘の曲だとは知らなかった。
 
その忘れ去られていた名曲を、ちあきなおみが91年にスタンダード・ナンバーとしてレコーディング。
それまでにも細々ではあるが他の歌手も歌ってはいたが、ちあきなおみが歌ったことで俄然注目度が増し名曲度も輝いた。
 
彼女はジャズ、シャンソン、ファドと何でも歌いこなし、今や根強いファンから復帰待望論まで出ているがおそらく二度と戻ってくることはあるまい。
子供の頃から進駐軍キャンプで歌っていた人に江利チエミ雪村いづみ弘田三枝子ちあきなおみがいるが偶然にも私とちあきなおみは出身地が同じで馴染みがある。
ともあれ、本書は中村八大の天才的な作曲家ぶりを紹介した本だった。
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

圓太郎馬車―正岡容寄席小説集

 
山本有三原作で昭和13年制作の『路傍の石』を観ると珍しく鉄道馬車の動画が見れるが圓太郎馬車とは何ぞや・・・?
鉄道馬車はレール上の客車を馬が引っ張るのだが圓太郎馬車は道路上の客車を馬に引かせるものらしい。
明治から大正にかけて圓太郎馬車、つまり乗合馬車が存在していたことは知っていたが写真でしか見たことがない。
 
本書は三遊亭圓朝の弟子、橘屋圓太郎が真打ちとなるまでの出世譚だが、特段、落語に詳しいわけでもない私が何ゆえ、このような本を読むのか。
ただ何となく古書店で見かけ状態が良かったからという、まったくもって短絡的な理由でしかない。
しかし、帰ってよくよく見ると最近の本ではなく、何と初版は昭和16年、当然、作者も知らない人。
正岡容の容は、いるると読むらしいが、一体、どんな経歴の人かと調べてみると明治37年12月20日生まれで昭和33年12月7日死去。
六代目尾上菊五郎の座付作者と書かれている。
 
仕方ない、つらつらと読み進めてみるに、当たり前だがどうも会話が落語調。
舞台は日露戦争前後の東京。
しかし、いくら読んでも圓太郎馬車なるものが出て来ない。
ただ一カ所、こんなくだりがある。
高座でのこと。
 
途端に圓太郎は右手で鞭を打ち鳴らすかっこうをし、左手を喇叭のつもりで口へ当てた。一見、馭者になっていた。やがて喇叭の圓太郎と謳われて一世を風靡し、昭和の今日まで圓太郎馬車の名を遺すにいたったも宜(むべ)なるかな。
 
ただ、これだけのことで他に圓太郎馬車が出て来る場面はない。
なら、タイトルはこれでいいのかと訝ってしまうが。
故に感想文と言っても特別に書くほどのこともない。
しかしながら何も書かないという訳にもいかず、少し、戦前の言葉、現在は死語となっている聞き慣れない言葉が出てきたので並べてみたいと思う。
 
まず「東雲」、これで(しののめ)と読み明け方の意。
ふん・・・、読めませんね。
 
「女義太夫で(たれぎだ)。
 
「皮の面千枚張り」は(極めて図々しく厚かましいこと)。
 
「直侍」は天保年間に生まれ寛政五年に小塚原で処刑された片岡直次郎のことで河内山宗俊と共に悪事を働いた人物とある。
 
「片目」は(めつかち)と読み。
 
俊寛僧都(しゅんかいそうず)は平家物語、第三巻に登場する人物らしいが全く知らない。
 
「雪洞」(ぼんぼり)、はいはい、よく花見の時に木から下がっている提灯みたいなものですね。
 
「住みかえた家は気安し郭公」
「至誠の前には、鬼畜といえどもなびき、かしずく」
 
などは意味も分かるが以下は解らない。
 
「検校の妾に顔を棄てに行き」
 
「浪華の葦も、伊勢で浜萩」
 
これは灘波で葦と呼ぶ草を伊勢では浜萩と呼び、物の名や、風俗などは、土地によって違うことの譬え。
 
「棘然」(きょくぜん)は意味分からず。
本文には棘然として顔を見合わせた」とあるが。
 
「接穂」(せつほ)、これは繋ぎ目というような意味だろう。
 
しかし、明治の人は語彙力が高いね。
それなりに古典にも親しまないとこれらの言葉は出て来ない。
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     
 
 

快楽 更年期からの性を生きる 工藤美代子

 
工藤美代子という作家の名前はよく目にするが、主に歴史ノンフィクションや評伝ばかり書いている人だと思っていたら、豈図らんや、こんな主題の本まで書く女性だったとは意外や意外。
快楽と書いて「けらく」と読ませているが要はタイトル通りの内容。
閉経、更年期後に女性特有の避けては通れぬ微妙な問題を専門家への取材や友人知人など通じ、どう思い、どうクリアしているのか綿密な取材を基に書いている。
 
男性にも勃起不全という問題があり50の峠を越えるということは実に悩ましい。
クリニックの先生はこう分析している。
更年期の三つの要素。
 
・女性ホルモンの低下
・人間関係を中心とした環境の問題
・気質因子
 
気質因子とは、その人が持っている性格の問題でこの気質因子がかなり重要になるらしい。
つまり何十年も連れ添った相手と更年期を過ぎても性行為ができるかどうか。
更年期後、女性は性交痛という現象が起こるとあるが。
または何年も性行為がないために膣が硬直化、濡れも悪くなる。
他方、男性はEDに悩み出す。
自然と夫婦は性から遠のく。
 
そこで問題になるのが気質因子。
それらそべてを打開するための方策。
家庭を壊さず最良の浮気相手を見つけて交際する。
伴侶が気が付かなければ誰も傷付かず家庭も円満という図式だが。
 
あるデータによると再婚者は別にして更年期世代で性交渉を継続している夫婦は皆無だという報告があるらしい。
取材の結果、更年期世代の女性が胸を時めかせてセックスをする相手は99%が夫以外の男性。
 
なるほど、長年連れ添った夫婦の義務感や年中行事のような白けたセックスではなく、ときめきあるセックスとはこういう結論になるのか。
 
しかし男性はいつまで経っても男を捨てたいとは思はないが、女性はその点、どう考えているのだろうか。
読み終わって一番印象に残った言葉は!
 
「セックスってね、若い頃は引き算になってもいいけど、年を取ったら足し算になる付き合いにしたいですね」
 
うん、しかし浮気の是非はどう考えたらいい。
夫婦間にも無数のケースがあるわけで、一概に浮気は悪だと決めつけられるものかどうか悩ましいが、不倫で心身のバランスを取っている人も必ずや存在すると思う。
是非はともかくも、不倫、浮気は人類史上の文化なのかも知れない
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

そうか、もう君はいないのか 城山三郎

 
昭和51年、『落日燃ゆ』という終戦ドラマを見た。
文官中、ただひとり絞首刑となった元首相広田弘毅の生涯を描いた物語で、原作は吉川英治文学賞を受賞した名作。
広田役を演じたのは名優滝沢修で素晴らしい作品だった。
 
それが城山作品に触れた初めての出会いで、以来、この人が書く硬派な人物伝が好きで何作か読んでみた。
その城山さんが夫人を癌で亡し、酷い損失感に見舞われる。
 
城山夫妻は相思相愛で、私の叔母が連れ合いを亡くした時、泣いてばかりいたと従姉妹から聞いたが、最良の伴侶を失ったらどうなってしまうのか、それは考えただけでも恐ろしい、残されし者の辛さは計り知れない。
 
何をするにしても、想い出は消え去り難く憔悴は募るばかり、精神のバランスを保ち得るのか心配になる。
作家の江藤 淳も妻を癌で亡くした翌年、自ら命を絶った。
そこまで愛し愛されることは夫婦として最良の関係だが、やはり何かしら怖い。
 
城山さんも晩年にこのような作品を書くとは夢、思わなかったのではあるまいか。
因みに解説は児玉清さんだが、その児玉さんも旅立った。
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟