居眠り狂志郎の遅読の薦め

喰う寝る読むだけの素浪人です

死刑執行人サンソン 国王ルイ十六世の首を刎ねた男 安達正勝

 
江戸時代、首切り浅右衛門といえば死刑執行人として、その名を現在に留めているが、代々、世襲制として山田家がその職に当たり、さしずめ今で言えば公務員ということになろうか。
では、アジア諸国やヨーロッパではどうなっていたのか、この職種ばかりは誰でも出来るというわけではなく、ある一定の技量と精神力を必要とするので親の仕事ぶりを見ながら徐々に慣れていくという不可思議な鍛錬が求められたようだ。
 
本来、どの国でも処刑人の名前など後世、覚えている人などいないものだが、ここに特異な人物だけは巷間広く伝わり今に語り継がれることになってしまった。
フランスの死刑執行人、シャルル・アンリ・サンソン、1635年から6代続き、不可触賤民といわれた社会の最下層集団で、その中でもフランス全土で働く処刑人を束ねる「ムッシュ・ド・パリ」と言われたサンソン家の4代目当主が、こともあろうに敬愛して已まないルイ16世の首を刎ねるという皮肉な運命を背負わされた物語がこの本。
 
これはどうしたって読まねばなるまい。
そもそも死刑執行人の叙任状は国王陛下から貰うことになっている。
故にシャルル・アンリ・サンソンの叙任状はルイ16世の名によって交付されている。
シャルル・アンリは敬虔なクリスチャンで王家に対する尊敬の念は揺るぎないもので家業自体が先祖伝来国王から委任されたものだった。
しかし、国王処刑に直面して、自分の職業に対する正当性の確信が根底から揺らぎ、更に恐怖政治がサンソンに追い打ちをかける。
死刑制度が存続する限りは誰かが執行を執り行わなければならない。
が、世間からは忌み嫌われる存在であり続けたサンソン家。
 
なぜそこまでサンソン家が嫌われたのか、それは革命前のフランスの刑法に問題がありそうだ。
まず、革命前のフランスは身分制社会で、第一身分が僧侶、第二身分が貴族、そして国民の98%の人民が第三身分ということに分けられていた。
過酷な税金を取り立てる貴族は税金が免除され、既得権益を守ろうとしたところに社会の歪みがあり革命に至った。
 
シャルル・アンリは革命には一定の理解を示していたようだが王政転覆は望まず立憲君主制を熱望していた。
カトリック信者として育った環境から「汝、人を殺すなかれ」という教えに背く仕事に常に悩まされていたが、実際には公開処刑上で拷問まで行う凄惨な儀式を代々、サンソン家を取り仕切って来た。
 
史上有名なところではルイ15世暗殺未遂で捕まったダミアンの処刑は凄惨を極めた。
サンソン家では跡継ぎが、まだ子供の頃から親に付いて拷問、処刑に至る経緯を教え、それでいて自然に感情を麻痺させていくわけだが、しかしどうだろう。
晒し刑、ムチ打ち、焼き鏝(ごて)、火炙りの刑、車裂きの刑、絞首刑、斬首刑に立ち会わせる。
因みに車裂きの刑というのは鉄の棒で各所を打ち砕いた後、水平に据えた馬車の車輪の上に死ぬまで放置するもので死刑囚は長時間にわたって大変な苦しみを味わうことになる。
 
さて、ダミアンはどのような刑に処せられたのか。
気の毒だが歴史の事実としてここに掲載したい。
ダミアンに用いられたのは八つ裂きの刑というもの。
この時、シャルル・アンリ・サンソンは処刑には関わっていないが18歳で立ち会っている。
 
まず、足枷を嵌め楔を八つ足に打ち込まれる。
一つ打ち込まれただけでダミアンは失神し、気を取り戻したところで順次打ち込んでいく。
足の骨が完全に圧し砕かれ、引きずられろようにして処刑台に連行される。
次に焜炉でダミアンの右腕を焼き、鉄製のやっとこで体の数カ所を引きちぎり、それぞれの傷口に順次、沸騰した油、燃える松ヤニ、ドロドロになった硫黄、溶けた鉛を注ぎ込む。
これで終わる訳ではない。
 
ダミアンの両手両足が、それぞれ四頭の馬の馬具に結び付けられ、ムチを打たれそれぞれの方向へ突進する。
しかし三度繰り返したが手足はちぎれず結局斧で脇の下と足の付け根に切り込みを入れて四肢は切断された。
この処刑を指揮したのはガブリエル・サンソンという人であまりの残虐さにこれ以後、仕事をすることが出来なくなり辞職したほどだが、しかし一方では公開処刑は市民にとっては娯楽の一部であったというから人間は解らない。
 
ローマ時代から処刑は確かに娯楽的な要素があったことは解るが現代人はこれをどう理解したらいいのだろう。
場合によっては斬首が上手く行かなかった時など、逆上した見物人によって処刑人が殺されるという事態も起きたらしい。
しかし、恐ろしきは人間である。
 
それら残虐行為に歯止めをかけるために考案されたのがギロチンというわけだ。
或る意味人道的で身分を問わず一瞬で首が落ちるという利点から積極的に採用された。
だが、国王処刑から二か月、革命裁判所が設置され、世は闇黒時代に突入。
1794年7月のクーデターで恐怖政治に終止符が打たれるまでシャルル・アンリ・サンソンは何と2700以上の首を落とすことになった。
毎日、40から50の首を斬るのである。
もうこうなったら流れ作業と同じ。
しかし、こんなことが本当に出来るのだろうか!
いや、出来てしまった、それが歴史に事実だとしたら何とフランス革命とはおぞましいものなのか。
 
因みにルイ16世は錠前作りと狩猟が趣味のきわめて真面目で善良な人だったようだ。
愛人を持たず拷問の廃止を許可した君主だったが時代の荒波には逆ら得られず刑場の露と消えた。
シャルル・アンリ・サンソンは国王に3度対面し、その3度目が断頭台の上という、まさに稀有の運命を背負った一生だった。

ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

シルバー川柳

 
私は俳句や短歌は得意ではないが川柳の方はわりかし好きなタイプなのだ。
以前、江戸期に詠まれた『セクシー川柳』なる本も紹介したような気もするが、よく耳にする『サラリーマン川柳』なる男の悲哀を歌ったものを読んでいると、世の男性諸氏には大いに頷くことも多々あるのではないだろうか。
 
しかし、何故か『奥様川柳』というのをあまり聞かないが、これまた如何に。
やはり、男性の方が会社でも家庭でも時の経過と共に窓際に追いやられる率が高いということか?
そこで今回、私が選んだ一冊はずばり『シルバー川柳』
高齢化社会にあっては誰しも将来他人事では済まされない現実感漂う笑うに笑えない歌が載っているが、そこはやはり川柳ゆえについほくそ笑んでしまう。
何作か紹介したい。
 
・三時間 待って病名 「加齢です」
・二世帯を 建てたが息子に 嫁が来ぬ
・起きたけど 寝るまでとくに 用もなし
・目覚ましの ベルはまだかと 起きて待つ
・誕生日 ローソク吹いて 立ちくらみ
 
・お迎えは どこから来るのと 孫が聞く
・「いらっしゃい」 孫を迎えて 去る諭吉
・できました 老人会の 青年部
・なぁお前 はいてるパンツ 俺のだが
老いの恋 惚れるも惚(ぼ)けるも 同じ文字
 
・何回も 話したはずだが 「初耳だ!」
・デジカメは どんな亀かと 祖母が訊く
・いざ出陣 眼鏡補聴器 義歯携帯
・目薬を 差すのになぜか 口を開け
・手をつなぐ 昔はデート 今介護 
 
最後の川柳、これはしみじみ効いた!
 
アイドルの 還暦を見て 老いを知る
 
誰にとっても同年代のスターがいる。
しかし、スターと共にファンの高齢化も進み次第に減少傾向を辿る。
自分の老いと向かい合いながら、嘗ての面影が凍結された写真や映像を見て「メモリアル」な世界に生き続けることが老いというものなのか。
 
想い出は閉鎖社会の心の奥で生き続けている。
想い出の数が増えることが老いならば、その老いも大切にしたい。
生きている限り愉しみたいものだ。
最後に昔から私の好きの歌をひとつ。
 
歯は落ちて 耳に蝉鳴り 目はかすみ 頭に積もるは 老いの白雪
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     
 
 
 
 
 

こちらあみ子 今村夏子

 
文学作品、特に感動小説などと言われるものは読む年齢によって受け止め方も違ってくるのだろうか。
昔、『二十四の瞳』を読んで感動のあまり小豆島まで行ってしまったことがあるが、
60を超えた今、初めて『二十四の瞳』を読んだとしたら果たしてあれほどの感動を得ることが出来るかどうか判断しかねる。
 
今回の本、『こちらあみ子』とは一風変わったタイトルだが生まれてくるはずだった赤ちゃんと将来、会話するつもりで買って貰ったトランシーバーでの応答を意味している。
家庭構成は父と継母、そして兄とあみ子なのだが生まれて来た子は死産だった。
継母は書道教室の先生、一緒に登下校をしてくれ兄、憧れの同級生のり君。
しかし、一家の異変は突然やって来る。
 
死産を切っ掛けに継母は鬱病になり兄は暴走族となって家には寄り付かなくなる。
変わり行く家庭環境と学校生活をあみ子の無垢な視線で鮮やかに描き出している作品として第26回太宰治賞と第24回三島由紀夫賞受賞を同時受賞している。
読み手は若い人が多いのか評価もかなり高い。
 
何がそれほどまでにこの作品を持ち上げているのか?
家庭崩壊やいじめがテーマではなく、ひとり、あみ子が捉えている視点が読者を惹き付けているのだろう。
憧れののり君に「好きじゃ」と言った瞬間に顔面を殴られ前歯3本を折られる。
しかし、差し歯をするわけでもなく成長していくあみ子。
 
ストーリーの卓越さではなく子供の視点に立つ純な繊細さが批評家の採点を集めた結果の受賞ではなかったかと思うのだが。
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     
 
 

暗殺―明治の暗黒

 
本題を前に、どうしてこう昔の本は読み辛い製本になっているのか。
奥付を見るに昭和40年11月10日発行となっている。
単行本、二段組みでまた文字が小さい。
故に一向に捗らない。
つまり、当時にあってはまだ活字離れと言われる時代ではなかったためか。
数か月前に古書市で買ったのだが、あまりの読み辛さに暫くほっといた。
しかし、いつまでも読まないわけにもいかず、やっと今回、重たい腰を上げた次第だ。
 
『暗殺―明治の暗黒』というタイトルを見て、「暗殺」とは誰を指しているものなのか興味があり函入りのこの本を手に取って中身を見るに事件は広沢参議暗殺と知って購入を決めた。
この忘れ去られた大事件に関しては今日、書店で関連本を探してもまず存在しない。
テレビでもこの事件を採り上げることはない。
では、何故この事件の存在を私が知ったかといえば昭和50年代、NHK鈴木健二アナが全盛の頃、『歴史への招待』という番組で事件の詳細を知って興味をもったが、如何せん本が手に入らない。
当時はまだパソコンのない時代ゆえ如何ともし難い現状のまま月日が流れてしまった。
 
少し概要を説明する。
明治4年1月9日未明、参議広沢実臣は何者かによって13カ所を刺され即死した。
当夜、広沢と同衾していたのはお妾の福井かね。
妾と言っても太政官制の参議は大変な高官で一般的には「権妻」「お部屋様」と呼ばれ広い屋敷内に妻妾同居も可能。
明治4年当時、太政大臣三条実美を筆頭に左大臣、右大臣、大納言、その下に4人の参議、更にその下が民部、大蔵、兵部、刑部、宮内、外務の各大臣が居るが当時は大臣とは呼ばず大蔵卿というような呼び名だったはず。
 
さて4人の参議だが副島種臣(佐賀)、前原一誠(長州)、大久保利通(薩摩)
広沢実臣(長州)となっている。
つまり、この時点では木戸より広沢の方が上位ということになる。
故にこの事件は政府を揺るがす大事件になった。
3月25日、明治天皇は次のような詔勅を出した。
 
「故参議広沢実臣の変に遭うや、朕すでに大臣を保庇すること能わず、又、その賊を
 逃逸す。そもそも、維新以来、大臣の害に罹るもの三人に及べり。これ朕が不逮に
 して、朝憲立たず、綱紀の粛ならざるの致すところ、朕甚だこれを憾む。天下に令
 し、厳に探索せしめ、賊の必獲を期せよ」
 
と、厳しいお言葉。
つまり、既に3人の高官を失ったと怒っているのである。
明治2年1月5日、太政官参与の横井小楠が暗殺され斬首された。
同じ年の9月4日、兵部大輔の大村益次郎も凶変に遭う。
何れも下手人は捕縛され、後に起きた大久保暗殺の下手人も自首したが、一人、広沢参議の暗殺犯だけは、その取り調べに混迷を極めた。
 
主に捜査に当たったのは弾正台の千馬武、それとは別に東京府庁、市中取締隊長、
中警視の安藤則命(そくめい)、薩摩閥である。
その後、太政大臣三条実美の名で府庁に不達が届いた。
 
 
「去る一月九日未明、賊徒、広沢参議を惨殺、、逃走いたし今だに下手人捕縛これ無
 く憂慮に堪えず候。就いては、捜査の任にあたる諸官、それぞれの職分を全うし
 厳重捜査を遂げ、速やかに凶賊を捕縛いたすべき旨御沙汰候事」
 
太政官東京府庁と弾正台の微妙な関係を知って、はっきりと東京府庁に捜査を任せることになった。
早速、中警視の安藤則命は容疑者22名を逮捕。
中でも、福井かね、家令の起田正一、かねと昔馴染みの青木鉄五郎には凄まじい拷問が加えられた。
余談だが我が家には『死刑物語』『日本残酷写真史』『死刑全集』なる本があるが彼等3人が受けた拷問の凄まじさは言語に絶し、それに耐えきれず福井かねと起田正一は嘘の自白をしてしまう。
 
苔打、石抱、海老責、釣責、箱責と容赦なく責め立てたのは安藤則命。
安藤の捜査では下手人は起田正一で、それを手引きしたのが福井かね。
参議を殺害して二人は夫婦になる約束をしていたというのである。
それに対し弾正台側では、これは情痴問題ではなく裏で政治的な対立が絡んだ陰謀だと推測していたらしい。
 
つまり同じ長州人でありながら政敵だった木戸と井上薫が企んだ暗殺だと。
しかし、この時代、国内の政令は整わず朝令暮改が相次ぐ。
三権分立はまだなく、行政官が司法権を監視するというような事態が起きる。
起田正一の後ろ盾だった司法卿の江藤新平佐賀の乱を起こし斬首され、同じく長州の前原一誠萩の乱を起こし斬首。
 
俄然有利になったのは木戸の立場。
江藤に替わって司法卿に就いたのは佐賀閥の大木喬任(たかとう)、彼は謂わば
木戸、大久保、安藤側に立つ人物で広沢事件は情事問題をめぐる故殺として処理しようとしていた。
いくら拷問の末とは言え、嘘の自白をするものではないというのが大木、安藤の考え。
 
ところが、先にも述べたようにこの当時の絶え間ない政令変更などで何度も事件の管轄権が変わり、そいの度に人事も移動する。
しかし、元弾正台の千馬武と元中警視の安藤則命だけは最後まで役職を替えながら残り、断然有罪とする安藤と無罪と信じる千馬の信念の争いで裁判は決着する。
福井かね、起田正一、青木鉄五郎は無罪。
以来、この事件の犯人は杳として行方知れずになった。
おそらく、このあたりが、今日、この本に付いて書かれない要因だと思うのだが。
木戸の陰謀説か、かねの情痴説か今となっては迷宮入りで真相究明は困難。
 
追伸。
う~ん、今回の感想文は読んでいる方も何だか難しいですよね。
どうか悪しからず願います。
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     

信子 獅子文六

獅子文六ブームはいつまで続くのだろうか。
もっか、ちくま文庫で10冊、それに追従して朝日文庫が2冊刊行したが、その2冊目がこの『信子』という本になる。
かなり古いもので戦前の昭和13年10月から15年2月かけて雑誌『主婦之友』に発表した長編小説とあるが文六先生の本にしては短い方の部類になる。
ざっと、あらましを書くと。
 
新米教師の信子は郷里の大分から東京の大都女学校に赴任する。
学校を二分する校長と教頭の勢力争いや、一筋縄ではいかない寮の女生徒たちに、
持ち前の度胸と真っすぐさで向き合い、奮闘する信子を軽快に描いた、おんな版「坊ちゃん」。
 
文六は漱石を痛く敬愛していたようで『猫』などは10辺ぐらいよんだと言っている。
経歴を調べてみると文六は明治26年生まれとあるから漱石が亡くなった大正5年には23歳になっていたはずだが、までデビュー前だったので、おそらく漱石に会ったことはないであろう。
 
さて、感想だが、はっきり言ってこの作品は文学としては中の下。
学内での問題に巻き込まれた信子だが最終的に辞表を出し国元へ帰るつもりだったが大団円の結果、学内での教師間の問題や生徒との軋轢など総て解決して一件落着。
確かにお手軽小説としては読み易く面白いのだが、あまりにも良心的作品に過ぎる嫌いがあり、現代に於いてはこの手もストーリーは通用しないと思うが。
 
まあ、戦前戦後を通じて人気があった作家の復刻ブームとあって読んできたが、文六作品にはたまにこのような安直なものがあり、当時の文壇からはどのように思われていたのか興味がある。
そんな否定的なことを言っているが、残された2冊。
ちくま文庫の『バナナ』と『箱根山』も読むつもりでいるので結局は復刻版全巻制覇を目指しているわけで。
こうなったら乗り掛かった船ですね!
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     
 

古民家 練

「降る雪や 明治は遠くなりにけり」と詠まれたのは昭和6年のこと。
今や「昭和も遠くなりにけり」になった感が強い。
ましてや昭和前期の戦前となれば尚更。
 
私の住む地区は昭和20年の空襲で焼け野原。
さして軍需工場が在った地区ではないのだが絨毯爆撃で壊滅したのか戦前の建物は皆無。
だから私は古き良き戦前を求めて“ブラ歩き。
 
 
 この建物、何だと思います。
 大正末期の建築だとか。
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
左の2階建
今から行こうと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 御屋敷再生複合ショップ。
 「練」
 これがこの建物の呼び名らしい。
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
ブティック、食堂、かばん屋。
2階には着付け教室も。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 何か昔の剣術道場みたいな感じ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2階です。
ここでカフェオレを注文しました。
そうなんです!
喫茶店です。
ちょっと遠いいけどお気に入りの店。
 
 
 
 
 
 
 
  
 
 ただぼんやりした不安!
 芥川のような気持ちです(笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ここ、写真撮ったらまずいですよね」
「いえ、いくらでもどうぞ」
 
近年、雑誌で採りあげられたこともあり遠くから来る人もあるとか。
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ村・参加しています。
ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟
                                                     
 

太平洋航海記 キャプテン・クック

 
10年程前までは大規模な古本市へ行っても、さほど疲れを感じなかったものだが最近はどうも腰の具合が良くない所為もあってかじっくり陳列棚を見れなくなった。
それでも何故か、これという本はしっかり目に留まっているからおかしい。
『太平洋航海記』とあるだけなのに思わす手に取ってしまった。
クック船長の航海記が翻訳出版されていたのだ。
解説を見ると刊行は昭和18年とある。
尚、仔細に読むと戦後河出書房から3分の一に圧縮されたものが発売されたらしい。
それが、この本になるのか現代教養文庫から昭和46年8月に出版されている。
 
この手の本は以前『ペリー提督日本遠征日記』を読んだ程度だが、まあ、決して読み易いものとも言えないが、見つけてしまったものは仕方がない。
頑張って読むこにした。
さて、キャプテン・クックの業績だが、はっきり言って何もしらない。
ただ、遠征中に何処かの島で原住民によって殺害されたということは知っていたが。
 
クック船長は合計3回の遠洋航海に出ている。
第1回航海(1768年7月30日 - 1771年7月12日)
第2回航海(1772年7月12日 - 1775年7月30日)
第2回航海(1776年 - 1780年


    赤は第1回航海、緑は第2回航海、青は第3回航海をあらわす。
    青の点線は、クック死後の航海ルート。
 
このように広範囲に渡って調査探検に赴いているが最も有名なところではハワイ諸島ニューカレドニアを発見したことだろうか。
解説にはこようの書かれている。
 
キャプテン・クックの航海で南方大陸もさることながら、当時、最も分からなかった太平洋北部も判明し、これで地球上から空白の地域はほぼなくなってしまったのである。
 
なるほど、上の地図でも分かるようにまさに大航海と言っていい。
しかし考えてみるがいい。
一回の航海が約3年。
途中、どうしたって食料、飲料水、薪などの補充ため現地人との交渉も必要になり上陸も已む無しに至る。
翻訳では土民、インディアンとの表記が使われているが、彼らとの接触は常に危険を伴い衛生面、住環境、食事、風土病とこれはかなり危険な旅でもある。
特に南洋諸島ニュージーランド近辺の島々に付いて書かれていることが多いが会話の問題などはどのようにしていたのか良く解らないが意外と交渉が纏まっている。
 
だが、船長以下船員を常に悩ませたものは現地人の盗癖で、頻繁に物が盗まれ諍いが絶えなかったようだ。
時に双方に死傷者が出ることも稀ではない。
更に驚くのはニュージーランド全島を含む南洋諸島で多く見られる食人種の習慣。
部族同士の戦争は頻繁に起き、捉えた捕虜を食べるという。
かなり野蛮で残忍な種族というようにイギリス人は観察している。
 
他にも割礼、小指の切断、刺青、人身御供とおぞましい光景を見聞きしているが、命の危険をも顧みず、船乗りとなり、そこまでしてまだ見る土地を探検するというのは文字通り命知らずの男たちなのだろうか。
私には絶対出来ない仕事だ。
実際に乗組員数人が喰われたという記述も出て来る。
 
ところでクック船長の最期だが1779年2月14日、ハワイ島のケアラケクア湾というところでカッターボートが盗まれたことから諍いが起り発砲、騒動は大きくなり退却を余儀なくされ小舟に乗り込もうと背中を向けたところを頭を一撃、波打ち際に転倒し刺し殺された。
死体は先住民に持ち去られ直ぐさま解体されバラバラにされるという悲惨さだった。
乗組員らの懇願によって、遺体の一部だけは返還されたが肉が骨から削ぎ取られ焼かれた痕が残っていた。
 
その後も航海は続き、船長はキャプテン・ゴアなる人物が引き継ぎ日本近海を探検した結果発見された島を硫黄島と名付けたとあるから、硫黄島は日本人が命名した島ではなかったことが初めて分かった。
しかし、思わぬことで命を落としたキャプテン・クックはさぞ無念だったことだろうが彼の成し遂げた功績は偉大で後の世まで語り継がれることだろう。
そのためには必読の書とも言える一冊だ!
 

ブログ村・参加しています。

ポチッ!していただければ嬉しいです♡ ☟