愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

エリザベス・テーラーPart.5 

f:id:pione1:20200501094432j:plain 

f:id:pione1:20200501095538j:plain 

f:id:pione1:20200503075613j:plain 

f:id:pione1:20200506190553j:plain

モンゴメリー・クリフト 1950年

f:id:pione1:20200506190822j:plain

ロディ・マクダウェルと。

f:id:pione1:20200506190959j:plain

ママと。

f:id:pione1:20200506192413j:plain

ポール・ニューマンと。

f:id:pione1:20200506192648j:plain

1947年

f:id:pione1:20200506192934j:plain

1963年

f:id:pione1:20200506193632j:plain

1947年

幾つか質問があります。

先ず、モンゴメリー・クリフトとはどういう関係なんですか。

おかしいでしょ、こんなふざけて。

怪しい!

貴女、意外の絵の心得がありますよね、今回初めて見ました。

それと下段の写真、これお母さんですよね、似てますかね?

この中の写真ではポール・ニューマンと写っているものが一番好きです。

ジム・キャリーもこの映画での貴女にメロメロでした。

エドゥアール・マネ Part.6 

f:id:pione1:20200727110145j:plain

《アルジャントゥイユ》(1874年)

f:id:pione1:20200728080302j:plain

シャンパングラスのバラ》(1882年)

f:id:pione1:20200731105544j:plain

《一束のアスパラガス》(1880年

f:id:pione1:20200804185148j:plain

《スペイン舞踊》(1862年

f:id:pione1:20200808100627j:plain

《ブローニュの港》(1868年)

f:id:pione1:20200815184807j:plain

ステファヌ・マラルメ》(1876年)

f:id:pione1:20200817001445j:plain

《化粧室の女性》(1880年頃)

f:id:pione1:20200825093259j:plain

《リサ・カンピネーニュ》(1878年

f:id:pione1:20200909181318j:plain

キング・チャールズ・スパニエル》(1866年頃)

f:id:pione1:20200914183705j:plain

《牡蠣》(1862年

マネさん、貴方の描く絵の瞳ね、クローズアップ現代ですね。

なかなか真似できません。

然し、当ブログでは意外と人気がない。

ところで貴方、普仏戦争ドガと一緒に参戦したそうな、良かったですね捕虜にもならず、ましてや戦死でもしていたらえらいことですよ。

プロイセン軍は強かったでしょ。

何しろ貴方、フランス軍は第一次でも第二次でもドイツに負けてばかりですからね。

芸術家は死んではいけません。

特に貴方のような傑作を残した方は。

咥えタバコの女 Part.9 

f:id:pione1:20200518162045j:plain

Corinne Calvet

f:id:pione1:20200519083528j:plain

Street look

f:id:pione1:20200526181411j:plain

Raphael Daviet

f:id:pione1:20200529111218j:plain

Kyle Thompson

f:id:pione1:20200603081115j:plain 

f:id:pione1:20200611093234j:plain

f:id:pione1:20200616093422j:plain 

f:id:pione1:20200621080949j:plain

Samantha Robinson

f:id:pione1:20200622092707j:plain

f:id:pione1:20200622191607j:plain

タバコの吸い方も人さまざまだが、それはタバコに火を点ける段階で既に勝負あったというぐらい見栄えが問われる。

ベティ・デイビスなんかを私は、その基準と考え様になる女性の喫煙はずばりカッコいい。

女優はそれなりに画面写りがいいように練習しているのかも知れないが、そうあってほしいもの。
 

ポール・セザンヌ Part.9 

f:id:pione1:20200725165937j:plain

《水差しとなすの静物》(1893-1894年)

f:id:pione1:20200726164305j:plain

《ベルビューからの望むサント=ヴィクトワール山》(1885年)

f:id:pione1:20200729094956j:plain

《ルイ・ギヨーム》(1879-1880年

f:id:pione1:20200801183009j:plain

《マルヌの郊外》(1888年頃)

f:id:pione1:20200805192751j:plain

《フェルト帽の自画像》(1890-1895年)

f:id:pione1:20200805195212j:plain

《果物籠とスープ鉢のある静物》(1877年)

f:id:pione1:20200810104754j:plain

《ピンクの背景の自画像》(1875年)

f:id:pione1:20200810182354j:plain

プロヴァンスの風景》(1879-1882年)

f:id:pione1:20200815105630j:plain

《ペパーミント・ボトル》(1893-1895年)

f:id:pione1:20200826190749j:plain

《ピアノを弾く少女》(1866年)

セザンヌさん、はっきり言って私は絵画に関しては全くのド素人です。

故に失礼なことを言わしてもらいますが、一体に貴方の絵がどうしてそんなに有名なんでしょうか。

私には解らないのです。

これらの絵を見て天才的画法などと思えるでしょうか。

感嘆の声とよく言いますが、貴方の絵からは私はそのような声を上げることが出来ません。

本当に失礼な話ですよね。

これもド素人故の論法でして、お許しください。

追悼 守屋浩

総務省が16日の敬老の日にあわせてまとめた15日時点の人口推計によると、65歳以上の高齢者人口は前年比32万人増の3588万人だった。過去最多を更新し、総人口の28.4%を占めた。後期高齢者医療制度の対象となる75歳以上は53万人増え1848万人となった。総人口の14.7%とおよそ7人に1人に上り、超高齢化社会を支える制度づくりが急務だ。

 

高齢者社会ですね。

この世代なら知っているだろう「僕は泣いちっち」などのヒット曲で知られる歌手の守屋浩(もりや・ひろし、本名・守屋邦彦=くにひこ)さんが19日午後7時ごろ、静岡県内の施設で前立腺がんのため死去した。81歳。千葉県出身。大手芸能事務所ホリプロの第1号タレントで、1960年からNHK紅白歌合戦に4年連続で出場。76年の引退後はホリプロの社員となり「ホリプロタレントスカウトキャラバン」を発案。榊原郁恵(61)ら多くのアイドルを輩出した。

この歌はブログなどをやる人たちには馴染みがないかな。

ご冥福をいのりつつ聴きたいと思う。

昭和34年のヒット曲で、作詞・作曲は浜口庫之助さん。


🎵僕は泣いちっち【守屋浩】御本人

f:id:pione1:20200923175451j:plain

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー Part.3 

f:id:pione1:20200724185025j:plain

《自画像》(1830年頃)

f:id:pione1:20200721165059j:plain

《シビル》(1870年頃)

f:id:pione1:20200802192155j:plain

《野原の 4本の木》(1868-1870年頃)

f:id:pione1:20200806094143j:plain

《農場の風景》(1865-1868年)

f:id:pione1:20200809101509j:plain

《青い服の婦人》(1874年)

f:id:pione1:20200825193027j:plain

モルトフォンテーヌの思い出》(1864年

f:id:pione1:20200901100725j:plain

《ローマのファルネーゼ庭園》(1826年)

f:id:pione1:20200907184035j:plain

《ソドムの炎上》(1850年頃)

f:id:pione1:20200910180604j:plain

《ティヴォリのヴィラ・デステ庭園》(1843年)

f:id:pione1:20200912100729j:plain

《フォンテーヌブローの農家》(1865-1873年頃)

19世紀の4分の3を生き、バルビゾン派の七星の一人。次世代の印象派との橋渡しをした画家である。詩情あふれる森や湖の風景画で知られるが、『真珠の女』のような人物画にも傑作がある。1825年から計3度イタリアへ旅行し、イタリア絵画の明るい光と色彩にも影響を受けている。理想化された風景でなく、イタリアやフランス各地のありふれた風景を詩情ゆたかに描き出す手法はのちの印象派の画家たちにも影響を与えた。

晩年にはドーミエなどの貧しい画家に援助を与えていた事でも知られ、多くの画家から慕われていた。

然し、時代劇スター七剣聖、七人の侍、七人の刑事、竹下派七奉行、そしてバルビゾン派の七星と、七という人数は都合がいいのでしょうかね。

まあ、それはともかく貴方、優しいお人柄だったんですね。

絵も風景画から人物像まで描いておられる。

いい感じですね。

ラナ・ターナー Part2 

f:id:pione1:20200301194909j:plain

1945年

f:id:pione1:20200302192257j:plain 

f:id:pione1:20200302194749j:plain

(1937年)

f:id:pione1:20200308193806j:plain

1941年

f:id:pione1:20200309002630j:plain 

f:id:pione1:20200424114816j:plain 

f:id:pione1:20200502081855j:plain

f:id:pione1:20200526172716j:plain

1938年

f:id:pione1:20200527181552j:plain

1941年

f:id:pione1:20200612192644j:plain

 ターナーさん、貴女って本当に武人ですね。

男は総じて美人の肩を持つってね、ある人が言っていました。

勿論、私にも異論はありません。

だからもっと、お近づきになりたいんです。

つまり接近、アプローチですね。

如何でしょう、今度お茶でも。

えっ、その後、それは成り行き次第でどうにでも、そこは男女の仲ですからね。