愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

モイズ・キスリング Part.3 

f:id:pione1:20200912232935j:plain

ポーランドのショールの女性》(1928年)

f:id:pione1:20200922181454j:plain

《モンパルナスのキキ》(1922-1924年頃)

f:id:pione1:20200925091600j:plain

《赤いセーターと青いスカーフをまとったモンパルナスのキキ》(1925年)プティ・パレ美術館

f:id:pione1:20201005103002j:plain

《セントラルパーク(ニューヨーク)》(1941年)フィラデルフィア美術館

f:id:pione1:20201029100350j:plain

青い花瓶のある静物》(1914年)

f:id:pione1:20201128094651j:plain

《黒いブラウスの若い女性》(1928年頃) ベオグラード国立美術館

f:id:pione1:20201203162539j:plain

《A夫人》(1944年) パリ市立近代美術館

f:id:pione1:20210622055120j:plain

スウェーデンの少女イングリッド》(1932年)プティ・パレ美術館

f:id:pione1:20211120094801j:plain

《Nud'Arletty》(1933)

f:id:pione1:20220122171050j:plain

《フレンチポリッシュ》

モンパルナスの帝王と呼ばれた画家で、破滅型のイメージの強いエコール・ド・パリの画家たちの中では珍しく、生前から高い評価を得て幸福な生涯を送った画家らしいが、この生命感のないメランコリックな画風はどうしたらこんな風に描けるのか。