愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

パウル・クレー Part.3 

f:id:pione1:20211026194922j:plain

《ストロング・ドリーム》(1929年)

f:id:pione1:20211028204856j:plain

魔法の鏡1934

f:id:pione1:20211030232812j:plain

ダイ花瓶、1938年

f:id:pione1:20211119224522j:plain

満月 1919年

f:id:pione1:20211213104242j:plain

セネシオ』1922年 バーゼル美術館

f:id:pione1:20211214230037j:plain

《秋のメッセンジャー

f:id:pione1:20211226094733j:plain

松の木、1932年

f:id:pione1:20220106173337j:plain

庭の幻影』1925年 アーティゾン美術館

f:id:pione1:20220219081403j:plain

道化』1904年 ソロモン・グッゲンハイム美術館

f:id:pione1:20220220093635j:plain

《The Sunken Island》 1923年

パウルさん、アナタの絵は難しいですね。

ジャズにはなぜ題名があるかと言った人がいますが、まさにそれです。

タイトルを見て、うん、そういうものかと首を傾げるようなものですが、私の頭では良く解りません。