愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

カスパー・ダーヴィト・フリードリヒ Part4 

f:id:pione1:20210410083846j:plain

《一日の時間《朝》》(1821-1822年) ニーダーザクセン博物館

f:id:pione1:20210504183618j:plain

《帆船で》(1818-1819年) エルミタージュ美術館

f:id:pione1:20210518231628j:plain

《エルベサンドスタイン山の風景》(1822-1823年) ウィーン・オーストリア絵画館

f:id:pione1:20210520110532j:plain

《夜の港》(1818年) エルミタージュ美術館

f:id:pione1:20210530002519j:plain

グライフスヴァルトの港》(1818-1820年) ベルリン旧国立美術館

f:id:pione1:20210604161351j:plain

《アグリジェントのユノ神殿》(1828-1830年) オストバル美術館

f:id:pione1:20210621205942j:plain《オストラゲヘーゲ》(1832年) ノイエ・マイスター絵画館

f:id:pione1:20210804094803j:plain

《朝のボート》(1815年) ニーダーザクセン博物館

f:id:pione1:20211102104107j:plain

山上の十字架』1808年頃 ノイエ・マイスター絵画館

f:id:pione1:20211228182342j:plain

氷海の難破船』1798年 ハンブルグ美術館
カスパーさん、アナタは海洋画家、風景画家で肖像画というのは描かないのですか。
中には少女ばかり描いている人も居ますが、感性の赴くままとはいうものの、個性がでますよね。
併しどうも私みたいなボンクラには、アナタの良さがイマイチ分かりません。
今度、傑作というのを一度見せてください。