愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

アンドリュー・ワイエス  1917年7月12日-2009年1月16日 (91歳) 

f:id:pione1:20190419172117j:plainf:id:pione1:20190419170544j:plain

f:id:pione1:20190419170652j:plain

f:id:pione1:20190419170850j:plain

f:id:pione1:20190928175212j:plain

f:id:pione1:20191224195252j:plain

《マスターベッドルーム》(1965年)

f:id:pione1:20200304181714j:plain

《ファラウェイ》(1956年)

f:id:pione1:20201127185922j:plain

《海からの風》

f:id:pione1:20210531080347j:plain

《ドリーマンの夕べを見る》(1933年)

f:id:pione1:20210724093346j:plain

クリスティーナの世界》(1948)

ワイエスは自宅のある生地チャッズ・フォードと、別荘があるメイン州クッシング以外にはほとんど旅行もせず、作品の多くは、その2つの場所の風景と、そこで暮らす人々がテーマになっている。

とあるが、旅行に行きたいという気持ちがないということか。

なるほど、絵になる題材など出かけなくても、いくらでもその辺にあると言ってしまえばそれまでだが、しかし人間、偶には知らない場所に行ってみたいというのも、これまた人情。

その辺を本人に訊いてみたいものだ。

全米芸術勲章(2007年)受賞時のブッシュ大統領ワイエスは自宅のある生地チャッズ・フォードと、別荘があるメイン州クッシング以外にはほとんど旅行もせず、作品の多くは、その2つの場所の風景と、そこで暮らす人々がテーマになっている。彼は弱者に対する優しい気持ちを常に持ち、人種差別が激しい少年時代でも、差別をせず黒人少年とも遊んでいた。2007年には全米芸術勲章をブッシュ大統領から授与されている。