愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

レンブラント・ファン・レイン Part.6 

f:id:pione1:20200711164426j:plain

《テュルプ博士の解剖学講義》(1632年マウリッツハイス美術館

f:id:pione1:20200719084622j:plain

《ダチョウの羽の扇を持つ女性の肖像》(1660年)ワシントン・ナショナル・ギャラリー

f:id:pione1:20200728102704j:plain

《息子ティトゥス肖像画》(1657年)ウォレス・コレクション

f:id:pione1:20200801093111j:plain

《ガラリアの海の嵐》(1633年)

f:id:pione1:20200801180850j:plain

《ヨセフの夢》(1645年)ベルリン絵画館

f:id:pione1:20200803095242j:plain

《ベッドの中の女》(1645年)

f:id:pione1:20200804094841j:plain

《カプチン派修道士の姿をしたティトゥス》(1660年)

f:id:pione1:20200805193047j:plain

《笑うサスキアの肖像》(1633年)

f:id:pione1:20210114173645j:plain

《アルテミシア》(1634年)プラド美術館

f:id:pione1:20210703233736j:plain

《石橋のある風景画》(1638-1640年)アムステルダム国立美術館

暗いねー、おお、もっと光を。兎にも角にもといいますが、兎にも描くにももっと明るく。

まあ、これがアナタの持ち味ですから、ああだこうだと言える筋合いではありませんが、don'tクライ。

然し、《ガラリアの海の嵐》はいいですね、こういうの好きです。