愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

クロード・ロラン 1600年代 - 1682年11月23日 

f:id:pione1:20210601064129j:plain

クロード・ロラン

f:id:pione1:20200213110311j:plain

海港 シバの女王の上陸》(1648年

f:id:pione1:20200526194217j:plain

メディチ家の別荘のある港の風景》(1637年)

f:id:pione1:20201029111157j:plain

《アドメートスの牛を守っているアポロとそれを盗んでいるメルクリウス》(1645年)

f:id:pione1:20201221085631j:plain

《フォロ・ロマーナの遺跡とカプリス》(1634年頃)

f:id:pione1:20210108110013j:plain

クリュセイスを父親のもとへ送り届けるオデュッセウス"》(1644年)

f:id:pione1:20210130101654j:plain

《パリスとオイノネのいる風景》(1644年)

f:id:pione1:20210405165942j:plain

《聖ウルスラの船出》(1641年)

f:id:pione1:20210509180818j:plain

《イサクとリベカの結婚》

f:id:pione1:20210511171442j:plain

アイネイアスのいるデロス島の海辺》(1672年) ロンドン・ナショナル・ギャラリー

f:id:pione1:20210531175312j:plain

《ニンフとサテュロス》(1641年) トリード美術館
フランス古典主義絵画の画家。
ロランさん、初めましてですね。
貴男の絵は日本の4つの美術館で収蔵されているんですってね。
そんなに有名だとは知りませんでした。
風景画、海景画は壮大なもので、ちょっと実物を見たくなりました。
「全てが美しく-全てが愛らしく-全てが心地よく安らかで心が温まる」と絶賛されていますよ。
私に言わせれば「圧倒されるような画面」ですね。