愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

グラント・ウッド Part.2  

f:id:pione1:20201010184629j:plain

《新しい道》(1939年)

f:id:pione1:20201029103717j:plain

《チェックのセーター》(1931年)

f:id:pione1:20210111174851j:plain

《1月》(1941年) クリーヴランド美術館

f:id:pione1:20210209110630j:plain

《家庭医》(1940年) シカゴ美術館

f:id:pione1:20210213111028j:plain

《価格交渉》(1932年)

f:id:pione1:20210213111304j:plain

《ウィームズ牧師の逸話》(1939年)エイモンカーターアメリカ美術館

f:id:pione1:20210228105149j:plain

《シャンスラードの小さな教会》(1926年) フィゲ美術館

f:id:pione1:20210326110300j:plain

《家の崇拝)(1921-1922年) シーダーラピッズ美術館 

f:id:pione1:20210413174644j:plain

《田舎の春》(1941年) シーダーラピッズ美術館

f:id:pione1:20210507094658j:plain

《植樹の日》(1932年) ボストン美術館
ウッドさん、貴男の絵はユニークですよね。
貴男のファンなんです。
こういう絵をなんて言うのですか。
風景画にしても何にしても、なんかメルヘンチックじゃないですか。
どうしてこんな発想を思いついたのか興味があります。
然し、それとは別にこの《家庭医》という作品ね、見事ですね。
新たな分野を開拓したようで驚きました。
これからもまだまだ、違った作品を見せてくださいね。