愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ピエール=オーギュスト・ルノワール Part.18 

f:id:pione1:20210209191018j:plain

《薔薇の入ったボウルと皿》(1885年) クラーク美術館

f:id:pione1:20210211190055j:plain

静物 果物》(1882年頃) 個人蔵

f:id:pione1:20210213110009j:plain

《水辺》(1880年

f:id:pione1:20210217204704j:plain

《ひとかかえの薔薇》(1918年) 個人蔵

f:id:pione1:20210223011400j:plain

《ピンクとブルー(カーン・ダンヴェールの娘たち)》(1881年
エリザベスとアリス

f:id:pione1:20210324080210j:plain

《エソイエの春》(1900年頃) インディアナポリス美術館 

f:id:pione1:20210326205154j:plain

 《ロメーヌ・ラコー嬢の肖像》(1864年) クリーヴランド美術館

f:id:pione1:20210327235125j:plain

 《薔薇と中国製の花瓶》(1876年頃) 個人蔵

f:id:pione1:20210328192657j:plain

《 薔薇をつけた少女》(1915年)

f:id:pione1:20210329215750j:plain

《プラムの皿》(1884年頃)個人蔵

ルノワールとも長い付き合いになりそうですね。

180枚も載せているんですからね。

然し貴男の作品には静物画が多いですね。

つまり、花、果物、野菜です。

私もね、小学生の時にスイカを描いたことがあったんですよ。

確か四分の一に切ったものだったと思います。

なかなかの出来だったんですが、あれを見て欲しかったな。

二科展だか参加店だけ知りませんが出品すればよかった。

ところでねルノワールさん、実はね、私は静物画にはまったく興味が持てません。

もっと言えば、貴男の描く少女や女性ヌードにも興味がありません。

不思議ですね感性というものは。

私は興味はありませんが、多くの人が貴男を支持していることでしょうからご安心下さい。
 

 
画像