愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

エドゥアール・マネ Part.8 

f:id:pione1:20201029091130j:plain

《プラム》(1877年頃)

f:id:pione1:20201029100618j:plain

《フォークストンからの汽船の出航》(1869年)

f:id:pione1:20201113183150j:plain

《画家(マルスラン・デブータンの肖像)》(1875年) サンパウロ美術館

f:id:pione1:20201127093747j:plain

《驚くニンフ》(1860-1861年ブエノスアイレス国立美術館

f:id:pione1:20201202193226j:plain

《死んだワシミミズク》(1881年) ビュールレ・コレクション

f:id:pione1:20201206100809j:plain

《灰色の羽根帽子の婦人)(1882年)

f:id:pione1:20201207104454j:plain

《イザベル・ルモニエ》(1879年) ダラス美術館

f:id:pione1:20201207211850j:plain

《ナナ》(1877年) ハンブルク美術館 

f:id:pione1:20201218093900j:plain

《テュイルリーの音楽会》(1862年

マネさん、貴方の絵はゴッホのようにこってりタイプじゃなくあっさりタイプなんですね。
それに、そんなに拘った写実的でもなさそうだし。
ちょっとお聞きしたいんですがね、《メキシコ皇帝マクシミリアンの処刑》ですが、あれね、いくら何でも少し近すぎではありませんか。
もう少し遠くから描いた方がよかったように思うのですが。
それにね、何故、この絵を描こうと思ったのか不思議です。
実際に見たわけではありませんよね。
今度、教えてくださいな。