愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック Part.4 

f:id:pione1:20200817191331j:plain

《ベッドの中で》(1892年)

f:id:pione1:20200825092233j:plain

 《赤毛の女(身づくろい)》(1889年) オルセー美術館

f:id:pione1:20200907183836j:plain

《母》(1886-1887年)

f:id:pione1:20200921183022j:plain

《白馬》(1881年 アルベルティーナ素描版画館

f:id:pione1:20201017235022j:plain

ムーランルージュのカドリール》(1892年) ワシントン・ナショナル・ギャラリー

f:id:pione1:20201102082544j:plain

《座る女道化師 シャ・ユ・カオ》(1896年)

f:id:pione1:20201102094707j:plain

《ジャンヌ・アヴリル》(1892年)

f:id:pione1:20201111105753j:plain

《オペラ舞踏会のマキシム・デトーマス》(1896年) ワシントン・ナショナル・ギャラリー

f:id:pione1:20201117185544j:plain

カルメン》(1884年頃) クラーク美術館

f:id:pione1:20201215173956j:plain

ムーラン・ルージュの踊り》(1890年) フィラデルフィア美術館
ロートレックさん、久しぶりですね。
貴方、テオの家でゴッホに会いましたよね。
そうです、自殺前に弟テオの所に遣って来たゴッホと、階段の所で何やら冗談を言って笑ってたそうじゃないですか。
あの時、本当は重大な話があってゴッホは弟夫婦の所に来てたんですよ。
貴方にとっても彼の死はショックだったっでしょ。
ところで貴方の絵は、どれも消え入りそうな感じで描いてますね。
これが特徴なんだと思いますが、ゴッホのゴテゴテした作品とは真逆な感じですが、個人的には気が合ったんですか。
何か書き物を残してくれれば良かったのにな。