愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

メアリー・カサット Part.2 

f:id:pione1:20200805102235j:plain

《自画像》(1880年頃)スミソニアンアメリカ美術館

f:id:pione1:20200815174214j:plain

《猫と遊ぶ子どもたち》(1908年頃)

f:id:pione1:20200815175354j:plain

《緑色の服を着た女性》(1914年)

f:id:pione1:20200829105158j:plain

グリフォン犬を抱いて座る大きな羽根帽子のシモーヌ》(1903年頃)個人蔵

f:id:pione1:20200909190957j:plain

《真珠のネックレスの女性》(1879年)フィラデルフィア美術館

f:id:pione1:20201007190734j:plain

《バルコニーにて》(1873年

f:id:pione1:20201013171721j:plain

《縞模様のソファに腰掛ける女性と犬》(1875年頃)ハーバード大学美術館

f:id:pione1:20201019111111j:plain

《親指をしゃぶっている眠そうなトーマス》(1893年ビュールレ・コレクション

f:id:pione1:20201112191931j:plain

《犬に餌をあげる窓際の女性》(1880年頃) 個人蔵

f:id:pione1:20201204192306j:plain

《日光浴(浴後)》(1901年) アーティゾン美術館
メアリーさん、貴女、1911年に糖尿病、リウマチ、神経痛、白内障と診断され、1914年以降は目がほとんど見えなくなって絵をやめたそうですが、さぞ辛かったでしょう。
誰もがその立場になれば泣きたくなりますよね。
然し、82歳まで生きたとは長命ですから、ある面、良かったのでしょうか。
更に今もこうして絵が鑑賞されることは、幸いですね。