愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ピーテル・ブリューゲル  1525年-1530年頃 - 1569年9月9日 

f:id:pione1:20200525085936j:plain

《謝肉祭と四旬節の喧嘩》(1559年)

f:id:pione1:20200601082936j:plain

《農夫と鳥の巣取り》(1568年) ウィーン美術史美術館

f:id:pione1:20200601083058j:plain

ゴルゴタの丘への行進》(1564年)

f:id:pione1:20200616093104j:plain

《婚宴の踊り》(1566年頃)デトロイト美術館

f:id:pione1:20200711092036j:plain

《悪女フリート》(1562年)マイヤー・ファン・デン・ベルグ美術館

f:id:pione1:20200718182340j:plain

《怠け者の天国》(1567年)アルテ・ピナコテーク

f:id:pione1:20200903094836j:plain

《子供の遊戯》(1560年頃)

f:id:pione1:20201003190941j:plain

《絞首台の上のかささぎ》(1568年)

f:id:pione1:20201010183440j:plain

《叛逆天使の墜落》(1562年)ベルギー王立美術館

f:id:pione1:20201021182644j:plain

《死の勝利》(1562年)プラド美術館


ブリューゲルさん、はじめまして。

ひとつ訊きたいのですが、貴方の息子さんも同じ名前で画家なんですよね。

作品に父、息子と書いてあればいいですが、生没年だけの場合は非常に紛らわしいです。

せめてジュニアと付けるように言ってくれませんかね、

まあそれはともかく、貴方の絵はいっつも沢山の人が出なければ気が済まないのですか。

肖像画や裸体には興味ない。

 《婚宴の踊り》なんかいいと思いますが、全体に写実的とも言えないですが、これが貴方の特徴なんですね。

もう一見してブリューゲルと分かってしまう。

なるほどね、そういう意味では貴方は成功したんじゃないでしょうか。