愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

アンリ・ルソー Part.2 

f:id:pione1:20200612080436j:plain

エッフェル塔》(1898年)ヒューストン美術館

f:id:pione1:20200704091912j:plain

《戦争》(1894年)

f:id:pione1:20200709085427j:plain

《うさぎ》(1908年)バーンズ・コレクション

f:id:pione1:20200722105041j:plain

《トラネコ)個人像

f:id:pione1:20200805095536j:plain

《イヴリー河岸》(1907年頃)アーティゾン美術館

f:id:pione1:20200815105857j:plain

《ピンクのキャンドル》(1909-1910年)

f:id:pione1:20200826185453j:plain

《ピエール・ロティの肖像》(1910年) チューリッヒ美術館

f:id:pione1:20200826191101j:plain

《ムーラン・ダルフォール》(1895年)ポーラ美術館

f:id:pione1:20200906195231j:plain

《花束》(1919年)テート・ブリテン

f:id:pione1:20200919184220j:plain

《猿と蛇のいる熱帯の森》(1910年)

貴方の絵を見ていつも思うのは、色遣いの鮮やかさです。

丹念に細かく、とにかくぼかすということのない作業ですよね。

税管理士ルソーなんて揶揄する人もいますが、素晴らしい画伯だと思っていますからね。

どれか一枚ください。