愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ベルト・モリゾ 1841年1月14日 - 1895年3月2日 

f:id:pione1:20200907105530p:plain

ベルト・モリゾ

f:id:pione1:20200418195021j:plain

《ダンス衣装の若い女性》(1879年)オルセー美術館

f:id:pione1:20200521095747j:plain

 《蝶取り》(1874年)オルセー美術館

f:id:pione1:20200604094747j:plain

《化粧をする後向きの若い娘》(1880年シカゴ美術研究所

f:id:pione1:20200617090959j:plain

《バルコニーにて》(1873年

f:id:pione1:20200704164907j:plain

《夏の日》(1879年)ロンドン・ナショナル・ギャラリー

f:id:pione1:20200710194048j:plain

《食堂》(1875年)ワシントン・ナショナル・ギャラリー

f:id:pione1:20200722073241j:plain

《窓辺の画家の妹》(1869年)ワシントン・ナショナル・ギャラリー

f:id:pione1:20200722172040j:plain

《ワイト島のウジェーヌ・マネ》(1875年)マルモッタン美術館

f:id:pione1:20200805193902j:plain

《ゆりかご》(1872年)オルセー美術館

f:id:pione1:20200903093055j:plain

セーヌ川の岸辺》(1883年)オスロ国立美術館

そうだったんですね、貴女がマネのモデルになった人だったんですか。

親密な関係になったようですが、貴女が選んだ結婚相手はマネの弟のユージニ。

然し、1892年に夫を亡くし、貴女自身も1895年亡くなったとありますから、娘さんはまだ16歳だったわけで。

その後、娘さんのジュリーがどうなったか調べてみました。

詩人で評論家で有名なステファヌ・マラルメがジュリーの後見人となり、親戚のもとで暮らし、また、モリゾやマネの知り合いだった印象派の人たちから生活をサポートされ、特にルノワールは彼女をモデルにした絵をいくつか描いており、1900年には画家で甥のエルネスト・ルアールと結婚したらしいですよ。

ジュリーは1878年生まれなんですよね、エルネスト・ルアールは1874年8月24日 です。

良かったじゃないですか、写真を載せておきますね。

f:id:pione1:20200907105350j:plain

作品の方は批評家たちから印象派グループにおける本当の印象派の1人」と評価されていたそうですが、私のは詳しいことは分かりません。

然し、貴女のように描くというのは難しいですね。

そこが印象派たる所以なのかも知れませんが、貴女の絵は生前から売れていたそうですから、それなりの知名度もあったんでしょうか。

金銭的に困らない生活だったにしても、まだ少女の娘さんをひとり残して世を辞していくのは、さぞ不憫に思ったことでしょう。

今日、貴女の名も一定の評価を得て語られることになったのは本当に良かったと思いますよ。