愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ポール・セザンヌ part2

f:id:pione1:20200126102221p:plain

アヌシー湖》(1896年)コートールド・ギャラリー

f:id:pione1:20200130190249j:plain

《カード遊びをする人々》(1892-1896年頃)オルセー美術館

f:id:pione1:20200205194012p:plain

《カーテンのある静物》(1890年)

f:id:pione1:20200210194144j:plain

《たまねぎのある静物》(1895年)

f:id:pione1:20200215102700j:plain

《ジャ・ド・ブッファン》(1885-1887年)

f:id:pione1:20200228102803j:plain

さくらんぼと桃》(1885-1887年)

f:id:pione1:20200301194248j:plain

《倒れた果物かご》

f:id:pione1:20200304231923p:plain

《頭蓋骨のある静物》(1895-1900年)

f:id:pione1:20200305113555j:plain

《オリーヴ色の壁紙の自画像》(1880-1881年

f:id:pione1:20200306091030j:plain

《ポントワーズの水車場》(1881年)ベルリン旧国立美術館

セザンヌの絵を理解するには私はまだ素人すぎる。

静物を見て、絵が素晴らしいのかセザンヌだから知名度が上がっているのか、よく分からない。