愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

アルフォンス・ミュシャ Part.2 

f:id:pione1:20201218104344j:plain

《スラヴ叙事詩 ロシアの農奴解放の日》(1914年) プラハ国立美術館

f:id:pione1:20201231111541j:plain

《グリュンワルトの戦闘の後 — 北スラヴ人の団結》(1924年

f:id:pione1:20210103111649j:plain

《百合の聖母》(1905年)ミュシャ財団

f:id:pione1:20210108105716j:plain

《故郷のスラヴ人 — トゥラン人の鞭とゴート族の剣の間で》(1912年)

f:id:pione1:20210113180526j:plain

《燃えるろうそくと婦人》(1911年)

f:id:pione1:20210121113427j:plain

ジャンヌ・ダルク(モード・アダムス)》(1909年)

f:id:pione1:20210219193613j:plain

《ベトレーム礼拝堂で説教するヤン・フス — 真実は勝利する》(1916年) 

f:id:pione1:20210220233137j:plain

《スラヴ叙事詩 クロムェジーシュのヤン・ミリーチ》1916年 プラハ国立美術館

f:id:pione1:20210224153712j:plain

クロアチアの司令官ズリンスキーによるシゲットの防衛 — キリスト教世界の盾》(1914年)

f:id:pione1:20210226194921j:plain

《ルヤナ島のスヴァントヴィト祭 — 神々が戦う時、救いは芸術にある》(1912年)
ミュシャさん、アナタいい名前してますよね。
アルフォンス・ミュシャなんて凄くいい名前ですよ。
ただね、アナタが付けるタイトルね、ちょっと長いんじゃないの。
他には居ませんよ、こんな長い名前を付ける人。
誰が覚えるのこんなの!
《ルヤナ島のスヴァントヴィト祭 — 神々が戦う時、救いは芸術にある》
覚えられないよ、今風に言えばね「ルヤン・神・芸術」なんだよ。
解っても分からなくても「ルヤン・神・芸術」でいいんだよ。
クロアチアの司令官ズリンスキーによるシゲットの防衛 — キリスト教世界の盾》
これだって、「クロ・シゲ・キリ」、どう、纏まったでしょ。
「あっ、これ知ってる。クロ・シゲ・キリでしょ!」
これで話が通じるじゃ。
ねぇ、これからそうしよう。