愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

エドゥアール・マネ Part.6 

f:id:pione1:20200727110145j:plain

《アルジャントゥイユ》(1874年)

f:id:pione1:20200728080302j:plain

シャンパングラスのバラ》(1882年)

f:id:pione1:20200731105544j:plain

《一束のアスパラガス》(1880年

f:id:pione1:20200804185148j:plain

《スペイン舞踊》(1862年

f:id:pione1:20200808100627j:plain

《ブローニュの港》(1868年)

f:id:pione1:20200815184807j:plain

ステファヌ・マラルメ》(1876年)

f:id:pione1:20200817001445j:plain

《化粧室の女性》(1880年頃)

f:id:pione1:20200825093259j:plain

《リサ・カンピネーニュ》(1878年

f:id:pione1:20200909181318j:plain

キング・チャールズ・スパニエル》(1866年頃)

f:id:pione1:20200914183705j:plain

《牡蠣》(1862年

マネさん、貴方の描く絵の瞳ね、クローズアップ現代ですね。

なかなか真似できません。

然し、当ブログでは意外と人気がない。

ところで貴方、普仏戦争ドガと一緒に参戦したそうな、良かったですね捕虜にもならず、ましてや戦死でもしていたらえらいことですよ。

プロイセン軍は強かったでしょ。

何しろ貴方、フランス軍は第一次でも第二次でもドイツに負けてばかりですからね。

芸術家は死んではいけません。

特に貴方のような傑作を残した方は。