愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

フィンセント・ファン・ゴッホ  Part.22 

f:id:pione1:20200612192251j:plain

ヒナゲシのある野原》(1889年)

f:id:pione1:20200615173040j:plain

《タラスコンの駅馬車》(1888年

f:id:pione1:20200620232756j:plain

《植木鉢のシネラリア》(1886年

f:id:pione1:20200621170901j:plain

《ピアノを弾くマルグリット・ガシェ》(1890年)

f:id:pione1:20200622073416j:plain

《アルルの跳ね橋》(1888年

f:id:pione1:20200624090557j:plain

《アニエールのボワイエ・ダルジョンソン公園のカップルたち》(1887年)

f:id:pione1:20200627170257j:plain

《石炭はしけ》(1888年

f:id:pione1:20200628100742j:plain

セーヌ川クリシー橋》(1887年)

f:id:pione1:20200630103239j:plain

《アニエールのレストラン・ド・ラ・シレーヌ》(1887年)

f:id:pione1:20200701191257j:plain

《サン=レミの山々と暗色の家》(1889年)

最近ね、貴方がひまわりや麦畑ばかり描いているとは、思っていませんからね。

貴方、実は何でも描ける画家だということがよく分かりましたよ。

もうね、ピカソの絵なんかはちっとも人気がなく貴方の絵ばっかり断トツです。

存命なら左団扇で召使の10人ぐらい雇って執事まで必要な立場、その時はね、私を採用してくださいよ。

カズオ・イシグロの『日の名残り」じゃないですけどね、有能な執事になってみせますから。

その代わり、モーニング、タキシード、スーツなど一式揃えて下さいね。

後、お屋敷内のことは全てお任せ下さい。