愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

ヨハネス・フェルメール Part.2 

f:id:pione1:20200416181507p:plain

《ヴァージナルの前に座る若い女》(1670年頃)

f:id:pione1:20200521170228j:plain

《少女》

f:id:pione1:20200514110510j:plain

 《合奏》(1665-66年)

f:id:pione1:20200527182512j:plain

《絵画芸術》

f:id:pione1:20200529232757j:plain

《ヴァージナルの前に立つ女》(1672-1673年頃)

f:id:pione1:20200531113657j:plain

《窓辺で手紙を読む女》

f:id:pione1:20200531203927j:plain

《地理学者》(1669年)

f:id:pione1:20200702185949j:plain

《恋文》(1669年-1670年頃)

f:id:pione1:20200709094352j:plain

《ディアナとニンフたち》(1655年-1656年頃)

f:id:pione1:20200712170612j:plain

《中断された音楽の稽古》(1660年-1661年頃)

現存する作品点数は、研究者によって異同はあるものの、33 - 36点と少ない。

とありますが、これで当ブログには20点載せたことになりますが、去年だったか、アナタの展覧会に行った時は、入場客こそ多いものの出店はかなり少なかったですよね。

その分、他のオランダ絵画で胡麻化していたような。

まあともかく、コロナ前だったので人の多い事、ある面、劣悪な環境で絵画鑑賞と相成り、まあどうなんでしょうか、有名画家の絵画展というものは、向こうも商売ですから詰め込むだけ詰め込むというやりかたで、少し嫌気が差しました。