愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

アルフレッド・シスレー Part.2 

f:id:pione1:20200324093417j:plain

《海岸の岩》(1897年)

f:id:pione1:20200330184750j:plain

《アルジャントゥイユ大通り》(1872年)

f:id:pione1:20200331084810j:plain

《マルリーの水飼い場》(1875年)

f:id:pione1:20200402091705j:plain

《アルジャントゥイユの道路》(1872年)

f:id:pione1:20200405113356j:plain

 《アルジャントゥイユのエロイーズ大通り》(1872年)

f:id:pione1:20200414085940j:plain

《春のサン・ジェルマンの風景》(1875年)

f:id:pione1:20200414104940j:plain

《ノアジー・ル・ロアの教会》(1874年)

f:id:pione1:20200416080748j:plain

《葡萄と胡桃の静物》(1880年頃)

f:id:pione1:20200418192939p:plain

《モレの橋》(1887年)

f:id:pione1:20200420194502j:plain

《岸辺の家》(1872年)

シスレーさん、典型的な印象派の画家ということですが、風景画を描く場合、この何となく靄がかかっているような感じというのは、どうやって表すのですか?

印象というのは、こんな風に私には見えたということなんでしょうか。

私が若し絵を描く場合には、どうしたって見たままにしか描けません。

偉いもんですね先生たちは。