愛に恋

    読んだり・見たり・聴いたり!

グスタフ・クリムト part2 

f:id:pione1:20191225190600p:plain

《乙女たち》

f:id:pione1:20200102105136j:plain

《旧ブルク劇場の講堂》

f:id:pione1:20200103112709j:plain

《法学》

f:id:pione1:20200115185600j:plain

《哲学》

f:id:pione1:20200105183547j:plain

《ユディトII》(1909年)

f:id:pione1:20200107184000j:plain

《雨後(鶏のいるザンクトアガータの庭)》

f:id:pione1:20200110190006j:plain f:id:pione1:20200112235050p:plain

《マリー・ヘンネベルクの肖像》(1901-1902年)

f:id:pione1:20200115180446p:plain

《人生は戦いなり(黄金の騎士)》

f:id:pione1:20200118184647j:plain

 《アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像Ⅱ》(1912年)

《旧ブルク劇場の講堂》という絵は、これもクリムトかと意外な感じがするが良く描けている。